HOME 学生長距離

2023.12.23

【Playback箱根駅伝】第68回/山梨学大が出場6回目で初優勝!史上初の留学生リレーも
【Playback箱根駅伝】第68回/山梨学大が出場6回目で初優勝!史上初の留学生リレーも

第68回箱根駅伝/初優勝のフィニッシュテープを切った山梨学大のアンカー・野溝幸弘

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第68回(1992年/平成4年)
山梨学大が独走V、大東大・奈良が2度目の5区区間賞

出雲駅伝を制した山梨学大、全日本大学駅伝を大会新で圧勝した日大、両駅伝で2位、3位を占めた前回王者の大東大による3強の争いと見られた1992年大会。予選会を通過した神奈川大が18年ぶりの出場を果たした一方、前年まで44回連続出場中だった東洋大が姿を消した。

1区では早大の武井隆次(2年)が中盤に抜け出し、2年連続区間新でトップ中継。中大が47秒差の2位につけ、優勝候補の日大、山梨学大、大東大が4~6位で続いた。

2区では同区間で3年連続区間賞獲得中のジョセフ・オツオリ(山梨学大4年)がまたも3人抜きの好走で2位まで押し上げたが、それを上回ったのが順大の本川一美(2年)だった。9位で発進すると、15秒先にスタートしたオツオリを11km付近で抜き去り、そのまま後続に49秒差をつけてトップ中継。区間2位のオツオリに1分04秒、同3位の松井紀仁(日体大2年)に2分18秒差をつける圧倒的な区間賞だった。

このリードを少しでもキープしたい順大だったが、3区に起用された山梨学大の“もう一人の留学生”ケネディ・イセナ(4年)が区間新の快走で逆転。出場した過去2大会は8区区間15位、7区区間3位と同期のオツオリの陰に隠れがちだったが、最後の箱根路で大仕事を果たした。

史上初の“留学生リレー”で1分23秒の貯金を作った山梨学大は、そのまま初の往路優勝を達成。復路でも6区・廣瀬諭史(3年)、8区・下山保之(4年)の区間賞などでリードを拡大し、創部7年目、出場6回目にして歓喜の総合初優勝を飾った。

4区、7区、10区で区間賞を獲得した日大が2位。1区区間9位、5区区間15位と苦しみながら、2年連続の復路優勝を達成した順大が3位に食い込んだ。3連覇を狙った大東大は5区・奈良修(3年)の区間新で9位から4位まで押し上げたものの、復路で順位を落として5位に終わった。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第68回(1992年/平成4年) 山梨学大が独走V、大東大・奈良が2度目の5区区間賞

出雲駅伝を制した山梨学大、全日本大学駅伝を大会新で圧勝した日大、両駅伝で2位、3位を占めた前回王者の大東大による3強の争いと見られた1992年大会。予選会を通過した神奈川大が18年ぶりの出場を果たした一方、前年まで44回連続出場中だった東洋大が姿を消した。 1区では早大の武井隆次(2年)が中盤に抜け出し、2年連続区間新でトップ中継。中大が47秒差の2位につけ、優勝候補の日大、山梨学大、大東大が4~6位で続いた。 2区では同区間で3年連続区間賞獲得中のジョセフ・オツオリ(山梨学大4年)がまたも3人抜きの好走で2位まで押し上げたが、それを上回ったのが順大の本川一美(2年)だった。9位で発進すると、15秒先にスタートしたオツオリを11km付近で抜き去り、そのまま後続に49秒差をつけてトップ中継。区間2位のオツオリに1分04秒、同3位の松井紀仁(日体大2年)に2分18秒差をつける圧倒的な区間賞だった。 このリードを少しでもキープしたい順大だったが、3区に起用された山梨学大の“もう一人の留学生”ケネディ・イセナ(4年)が区間新の快走で逆転。出場した過去2大会は8区区間15位、7区区間3位と同期のオツオリの陰に隠れがちだったが、最後の箱根路で大仕事を果たした。 史上初の“留学生リレー”で1分23秒の貯金を作った山梨学大は、そのまま初の往路優勝を達成。復路でも6区・廣瀬諭史(3年)、8区・下山保之(4年)の区間賞などでリードを拡大し、創部7年目、出場6回目にして歓喜の総合初優勝を飾った。 4区、7区、10区で区間賞を獲得した日大が2位。1区区間9位、5区区間15位と苦しみながら、2年連続の復路優勝を達成した順大が3位に食い込んだ。3連覇を狙った大東大は5区・奈良修(3年)の区間新で9位から4位まで押し上げたものの、復路で順位を落として5位に終わった。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第68回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 山梨学大 11時間14分07秒 2位 日大   11時間17分54秒 3位 順大   11時間18分38秒 4位 中大   11時間21分24秒 5位 大東大  11時間23分01秒 6位 早大   11時間23分08秒 7位 専大   11時間23分43秒 8位 駒大   11時間27分03秒 9位 東農大  11時間27分09秒 10位 東海大  11時間29分48秒 11位 日体大  11時間30分41秒 12位 法大   11時間36分58秒 13位 国士大  11時間38分31秒 14位 神奈川大 11時間40分56秒 15位 亜細亜大 11時間45分23秒 ●区間賞 1区 武井隆次(早大)  1時間03分22秒 2区 本川一美(順大)  1時間08分07秒 3区 K.イセナ(山梨学大)1時間03分45秒 4区 堀尾貴幸(日大)  1時間03分49秒 5区 奈良修(大東大)  1時間11分13秒 6区 廣瀬諭史(山梨学大)   59分51秒 7区 川崎光年(日大)  1時間06分16秒 8区 下山保之(山梨学大)1時間07分44秒 9区 豊福知徳(早大)  1時間11分31秒 10区 尾座本崇(日大)  1時間06分12秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top