HOME 学生長距離

2023.12.23

箱根駅伝Stories/立教大の苦境を支えた4年生世代「後輩たちに何かを残す走りがしたい」
箱根駅伝Stories/立教大の苦境を支えた4年生世代「後輩たちに何かを残す走りがしたい」

立教大を支えてきた主将の宮澤徹(右)とエース格の中山凜斗

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

笑顔を絶やさなかった主将・宮澤徹

雨降って地固まる、とはまさにこのことか。立教大学男子駅伝チームが、強い結束力を見せている。

箱根駅伝予選会の2日前、突如として監督が解任される事態が発生。原田昭夫総監督が急きょチームを率いることになった。

ただ、予選会までは時間がなかったこともあり、「勢いで突破できた」と宮澤徹主将は話す。むしろ、チームをまとめる主将として心配したのは、予選会後の状況だった。

「予選会を突破したら、本戦まで約2ヵ月あります。時間ができると、やっぱり冷静になって考えてしまうことはわかっていました」

そんなチームを支えるには、主将である自分が練習面でも生活面でも、そしてチームの精神的主柱として、今まで以上に頑張らなければならない。そう決意した宮澤は、予選会後から一層練習に気持ちを入れて取り組むようになった。それに伴い、自分の調子も上げていく。

エントリーメンバー(16人)の当落線上にいた宮澤が、くじけることなく、前を向き、ひたむきに頑張る姿は、チームを鼓舞するのに十分だった。

加えて、宮澤が気をつけてきたことがあった。チームメイトたちに声をかけるときには、常に明るく、笑顔で接するように心がけたのである。キャプテンが落ち込んでいたら、チーム全員の雰囲気まで落ち込んでしまうからだ。

苦しくても、明るく。しんどくても、楽しく。宮澤がそうやって笑っていられるのは、ブラジルで育ったことも影響していると笑う。

「ブラジルでは、みんな明るいですからね。常に明るくいられるのは、小学1年から4年までサンパウロにいたことが影響していると思います」

大学創立150年の節目に向けて組まれた強化プロジェクトの1期生。振り返れば、うまくいかなかったことのほうが多かったが、いよいよ4年間の集大成を迎える。

「まずはキャプテンとして、自分たちの代が最後の箱根を後悔がないような結果で終えられるように準備を進めます。チームの目標としてはシード獲得。厳しい状況ではありますが、もっと苦境に立たされた予選会を突破した経験があるわけですから、それを自信に変えてみんなで箱根を迎えたいと思います」

結果的に、宮澤自身はエントリーメンバーから外れてしまったものの、指揮官不在の憂き目にあっていた選手たちを支えたのは、間違いなくこの宮澤であった。

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

笑顔を絶やさなかった主将・宮澤徹

雨降って地固まる、とはまさにこのことか。立教大学男子駅伝チームが、強い結束力を見せている。 箱根駅伝予選会の2日前、突如として監督が解任される事態が発生。原田昭夫総監督が急きょチームを率いることになった。 ただ、予選会までは時間がなかったこともあり、「勢いで突破できた」と宮澤徹主将は話す。むしろ、チームをまとめる主将として心配したのは、予選会後の状況だった。 「予選会を突破したら、本戦まで約2ヵ月あります。時間ができると、やっぱり冷静になって考えてしまうことはわかっていました」 そんなチームを支えるには、主将である自分が練習面でも生活面でも、そしてチームの精神的主柱として、今まで以上に頑張らなければならない。そう決意した宮澤は、予選会後から一層練習に気持ちを入れて取り組むようになった。それに伴い、自分の調子も上げていく。 エントリーメンバー(16人)の当落線上にいた宮澤が、くじけることなく、前を向き、ひたむきに頑張る姿は、チームを鼓舞するのに十分だった。 加えて、宮澤が気をつけてきたことがあった。チームメイトたちに声をかけるときには、常に明るく、笑顔で接するように心がけたのである。キャプテンが落ち込んでいたら、チーム全員の雰囲気まで落ち込んでしまうからだ。 苦しくても、明るく。しんどくても、楽しく。宮澤がそうやって笑っていられるのは、ブラジルで育ったことも影響していると笑う。 「ブラジルでは、みんな明るいですからね。常に明るくいられるのは、小学1年から4年までサンパウロにいたことが影響していると思います」 大学創立150年の節目に向けて組まれた強化プロジェクトの1期生。振り返れば、うまくいかなかったことのほうが多かったが、いよいよ4年間の集大成を迎える。 「まずはキャプテンとして、自分たちの代が最後の箱根を後悔がないような結果で終えられるように準備を進めます。チームの目標としてはシード獲得。厳しい状況ではありますが、もっと苦境に立たされた予選会を突破した経験があるわけですから、それを自信に変えてみんなで箱根を迎えたいと思います」 結果的に、宮澤自身はエントリーメンバーから外れてしまったものの、指揮官不在の憂き目にあっていた選手たちを支えたのは、間違いなくこの宮澤であった。

「最後の箱根で爪痕を残したい」

もうひとり、チームを影から支え続けた強化プロジェクト1期生がいる。それが寮長を務めた市川大輝だ。 チームの足並みが悪くなっていくとき、最初に乱れるのが私生活である。人は楽なほうにすぐに流されていく。寮で集団生活をしていると、一歩踏み外すとなかなか戻ってくることはできない。そこを、常に目を光らせ、チーム全員を陸上競技に集中させるようなサポートを続けてきた。 「彼の存在は本当に大きいです。このチームが大変なときに、練習面で支えたのは主将の宮澤ですし、生活面でサポートしてくれたのは市川でした。この2人は、どちらが欠けてもチームはダメになっていたと思います。本当に良く支えてくれました」(原田総監督) また、主力として背中でチームを牽引してきたのも、今回エントリーされた中山凜斗に関口絢太、岸本健太郎、忠内侑士、服部凱杏らを中心とした4年生たちだった。 「僕たち4年生はすごく個性が強いので、もしかするとバラバラになっていた可能性があると思います。でも、自分たちで何をしなければならないのかをきちんと考えて、一人ひとりが間違ったことはせず、チーム目標のために真剣に取り組んでくれる。そう信じていたので、不思議と不安はありませんでした」(宮澤主将) チーム一丸となる。だが、なれ合いはしない。やるべきことを、やる。 今季の4年生たちは、言葉は少なくても、その背中が雄弁に語っている。後輩たちに、箱根を目指すチームとしての矜持を伝え続けていた。 [caption id="attachment_124198" align="alignnone" width="800"] 23年箱根駅伝でタスキをつないだ2区の國安広人(左)と3区の関口絢太[/caption] それに牽引されるようにして、3年生の稲塚大祐や安藤圭佑、林虎大朗らはもちろん、國安広人、馬場賢人といった次世代を担う2年生も元気いっぱいだ。 「この子たちは、自分たちで考えて、取り組んで、たくさんのことを乗り越えてきました。一所懸命な姿を見ていると、私も老体にムチ打って頑張らないと、と思っています。最高の走りをしてくれると思います」と今年67歳を迎えた原田監督は言う。 中山は、「後輩たちに何かを残す走りをしたい」と言う。 「4年間、一緒に生活をしてきて飽きないというか、本当に楽しいチームでした。箱根本戦で僕たち4年生が結果を残せば、楽しいだけじゃなくて、自分たちがやってきた練習だったり、取り組む姿勢だったり、そういうことが間違っていなかったことが証明できると思うんです。だからこそ、最後の箱根で爪痕を残せるような走りがしたいです」 昨年、55年ぶりに復活した江戸紫のタスキ。今回は大学創立150周年の節目に62年ぶりのシード権獲得を狙う。 文/田坂友暁

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top