HOME 学生長距離

2023.12.21

箱根駅伝Stories/中大が誇るスピードスター・吉居駿恭「しっかりと駅伝に向き合っていく」
箱根駅伝Stories/中大が誇るスピードスター・吉居駿恭「しっかりと駅伝に向き合っていく」

23年全日本大学駅伝1区で区間3位と好走した吉居駿恭

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

中学時代から世代トップをひた走る

箱根駅伝で28年ぶりの総合優勝を目指す中大のなかで「駅伝よりもトラックが好き」と言い切る選手がいる。今季5000mで現役日本人学生最高となる13分22秒01(日本人学生歴代6位)を叩き出した吉居駿恭(2年)だ。

広告の下にコンテンツが続きます

実業団選手の両親を持つ吉居弟の才能は幼少期から際立っていた。小さい頃から「運動会やマラソン大会は負けなかった」ようで、走るのは得意だと思っていました。

愛知・田原東部中時代は1年時に3000mで8分50秒52の中1歴代最高記録を樹立。この記録は7年経った現在でも破られていない。3年時には全中1500mを制し、3000mでも2位に入った。

その後は現在もチームメイトである兄・大和と同じ宮城・仙台育英高に進学。1年時の全国高校駅伝はアンカーを務めて優勝のフィニッシュテープに飛び込んでいる。3年時は5000mで13分56秒16、10000mは高校歴代3位の28分11秒96をマーク。全国高校駅伝は1区を区間3位と好走した。華々しい活躍に見えるが、本人はまったく納得していない。

「求めていた結果が出なかったので、もどかしい気持ちで3年間過ごしました。そのなかで3年時の11月に10000mを28分11秒96で走れたことが、唯一良い走りだったのかなと思います」

広告の下にコンテンツが続きます

中大進学後は5000mで自己ベストを伸ばしていく。1年時は5月のゴールデンゲームズinのべおかで13分43秒22、10月の日本グランプリシリーズ新潟大会(Yogibo Athletics Challenge Cup 2023)で13分40秒26と短縮した。吉居はそんな1年目を「試行錯誤の1年でした」と振り返る。「トレーナーさんと動きを作ってきましたが、その感覚をつかめなかったんです」。

しかし、2年目は5月に13分27秒33、日本グランプリシリーズ新潟大会を日本人学生歴代6位の13分22秒01で制するなど、1年時と比べて5000mのアベレージは20秒近くも上昇。これらの要因について、1月下旬から約1カ月半、バウワーマン・トラッククラブ(BTC)の合宿に参加したことがきっかけになったという。

「BTCの合宿に参加して、米国人選手の後ろを走っているうちに、取り組んできた動きがバチッとハマった感覚がありました。特にスパイクでの動きはすごくうまくなって、小さな力でスピードが出せるようになり、疲れにくくなったと思います」

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

中学時代から世代トップをひた走る

箱根駅伝で28年ぶりの総合優勝を目指す中大のなかで「駅伝よりもトラックが好き」と言い切る選手がいる。今季5000mで現役日本人学生最高となる13分22秒01(日本人学生歴代6位)を叩き出した吉居駿恭(2年)だ。 実業団選手の両親を持つ吉居弟の才能は幼少期から際立っていた。小さい頃から「運動会やマラソン大会は負けなかった」ようで、走るのは得意だと思っていました。 愛知・田原東部中時代は1年時に3000mで8分50秒52の中1歴代最高記録を樹立。この記録は7年経った現在でも破られていない。3年時には全中1500mを制し、3000mでも2位に入った。 その後は現在もチームメイトである兄・大和と同じ宮城・仙台育英高に進学。1年時の全国高校駅伝はアンカーを務めて優勝のフィニッシュテープに飛び込んでいる。3年時は5000mで13分56秒16、10000mは高校歴代3位の28分11秒96をマーク。全国高校駅伝は1区を区間3位と好走した。華々しい活躍に見えるが、本人はまったく納得していない。 「求めていた結果が出なかったので、もどかしい気持ちで3年間過ごしました。そのなかで3年時の11月に10000mを28分11秒96で走れたことが、唯一良い走りだったのかなと思います」 中大進学後は5000mで自己ベストを伸ばしていく。1年時は5月のゴールデンゲームズinのべおかで13分43秒22、10月の日本グランプリシリーズ新潟大会(Yogibo Athletics Challenge Cup 2023)で13分40秒26と短縮した。吉居はそんな1年目を「試行錯誤の1年でした」と振り返る。「トレーナーさんと動きを作ってきましたが、その感覚をつかめなかったんです」。 しかし、2年目は5月に13分27秒33、日本グランプリシリーズ新潟大会を日本人学生歴代6位の13分22秒01で制するなど、1年時と比べて5000mのアベレージは20秒近くも上昇。これらの要因について、1月下旬から約1カ月半、バウワーマン・トラッククラブ(BTC)の合宿に参加したことがきっかけになったという。 「BTCの合宿に参加して、米国人選手の後ろを走っているうちに、取り組んできた動きがバチッとハマった感覚がありました。特にスパイクでの動きはすごくうまくなって、小さな力でスピードが出せるようになり、疲れにくくなったと思います」

「区間賞や区間新が目標ではない」

トラック種目でスピード感あふれる走りを見せているが、駅伝ではまだ本領を発揮していない。 1年時は出雲6区で区間4位、全日本3区で同8位、箱根4区で同5位。今季は出雲3区で区間11位、全日本1区で同3位だった。 「前回の箱根4区は長い距離への自信がなかったので、まずまずの走りができたかなと思います。ただ今季の出雲は直前までトラックをやっていたとはいえ、想像以上に走れなくて全然ダメでしたね。全日本はちゃんと走れたので良かったと思います」 来年のパリ五輪を5000mで本気で狙っている吉居はトラックに強いこだわりを持っている。普段のトラック練習では吉居大和、中野翔太ら学生駅伝で大活躍する4年生たちと一緒に練習しているが、「自分が一番強いです」と自信を持つ。 一方でロードは苦手意識があるようだ。「トラックで頑張りたいという思いが強いので、出雲と全日本はまだロードに気持ちが切り替わっていませんでした」という。しかし、全日本が終わってからは、「一度トラックのことは忘れて、しっかりと駅伝に向き合って、応援してくれる方たちに恩返ししたいと思っています」と意気込む。 今冬はトラックレースを封印。箱根駅伝に懸けている。希望区間は1区。「先頭と10秒差以内で渡したい」という目標を掲げる。 1区は兄・大和が区間記録(1時間0分40秒/21.3km)を持つ区間。「駅伝に関しては、区間賞や区間新記録が目標というわけではありません。ただチームが総合優勝を目指して本気でやっているので、監督に与えられた役割をしっかり果たしたい」と冷静だ。 「大学生のうちに世界大会に出たい」という熱い思いを持つ二十歳のスピードスター。トラックのスピードが爆発したとき、中大として28年ぶりの歓喜が現実のものになるかもしれない。 [caption id="attachment_123885" align="alignnone" width="800"] 23年10月の「Yogibo Athletics Challenge Cup 2023」5000mで13分22秒01をマークした吉居駿恭[/caption] よしい・しゅんすけ/2003年4月8日生まれ。愛知県田原市出身。愛知・田原東部中→宮城・仙台育英高。5000m13分22秒01、10000m28分06秒27、ハーフ1時間6分59秒 文/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top