HOME 学生長距離

2023.12.04

【Playback箱根駅伝】第8回/4月開催で出場は5校のみ 早大がスケート部・窪田の快走で4年ぶりV
【Playback箱根駅伝】第8回/4月開催で出場は5校のみ 早大がスケート部・窪田の快走で4年ぶりV

第8回箱根駅伝・優勝した早大は復路で独走。9区藤木勲から10区縄田尚門へのリレー

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第8回(1927年/昭和2年)
5区間で区間賞の早大がライバルを圧倒 明大・八島健三は5年連続区間賞

年号が大正から昭和に変わって初めての大会。大正15年12月25日に大正天皇が崩御され、国を挙げて喪に服したためレースは延期に。4月9日、10日にようやく開催の運びとなった。だが、この時期はすでにトラックシーズンに入っていたこともあり、出場したのは早大、明大、中大、法大、日大の5校にとどまっている。

東京高師OBの金栗四三審判長の合図でレースがスタート。1区では2年ぶりの優勝を目指す明大が窪田武夫の区間新記録の快走で2位の早大に1分54秒の差をつける。

2区では早大の窪田正克が区間新記録の走りでトップに立つと、2位の明大に5分19秒の大差をつけた。窪田はスピードスケート部員ではあったが、長距離選手顔負けの走りだった。

早大は3区の玉川政吉、4区の小山勝太も区間賞を獲得してリードを大きく広げると、独走態勢を築く。午後3時過ぎ、花火の上がる中、5区の岡井豊が箱根小学校にゴール。早大が6年ぶりの往路優勝を飾った。

2位の明大は5区の八島健三が5年連続、5区では3年連続となる区間賞で追い上げたが、4区までのビハインドは大きく、11分31秒差をつけられた。

復路でも早大は9区の藤木勳が区間新記録を打ち立てると、残りの4区間も区間2位と安定した走りを見せて4年ぶり3回目の総合優勝。2位は中大と明大の争いとなり、10区で田代菊之助の区間新記録の快走があった中大が明大を抜いて2位となる。優勝した早大とは25分24秒4の大差があった。

報知新聞社で行われた優勝旗授与式では、アンカーを務めた早稲田の縄田尚門主将に優勝旗が手渡された。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第8回(1927年/昭和2年) 5区間で区間賞の早大がライバルを圧倒 明大・八島健三は5年連続区間賞

年号が大正から昭和に変わって初めての大会。大正15年12月25日に大正天皇が崩御され、国を挙げて喪に服したためレースは延期に。4月9日、10日にようやく開催の運びとなった。だが、この時期はすでにトラックシーズンに入っていたこともあり、出場したのは早大、明大、中大、法大、日大の5校にとどまっている。 東京高師OBの金栗四三審判長の合図でレースがスタート。1区では2年ぶりの優勝を目指す明大が窪田武夫の区間新記録の快走で2位の早大に1分54秒の差をつける。 2区では早大の窪田正克が区間新記録の走りでトップに立つと、2位の明大に5分19秒の大差をつけた。窪田はスピードスケート部員ではあったが、長距離選手顔負けの走りだった。 早大は3区の玉川政吉、4区の小山勝太も区間賞を獲得してリードを大きく広げると、独走態勢を築く。午後3時過ぎ、花火の上がる中、5区の岡井豊が箱根小学校にゴール。早大が6年ぶりの往路優勝を飾った。 2位の明大は5区の八島健三が5年連続、5区では3年連続となる区間賞で追い上げたが、4区までのビハインドは大きく、11分31秒差をつけられた。 復路でも早大は9区の藤木勳が区間新記録を打ち立てると、残りの4区間も区間2位と安定した走りを見せて4年ぶり3回目の総合優勝。2位は中大と明大の争いとなり、10区で田代菊之助の区間新記録の快走があった中大が明大を抜いて2位となる。優勝した早大とは25分24秒4の大差があった。 報知新聞社で行われた優勝旗授与式では、アンカーを務めた早稲田の縄田尚門主将に優勝旗が手渡された。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第8回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 早大 14時間25分37秒4 2位 中大 14時間50分51秒8 3位 明大 14時間55分35秒2 4位 法大 15時間13分42秒2 5位 日大 16時間30分59秒0 ●区間賞 1区 窪田武夫(明大)  1時間22分39秒 2区 窪田正克(早大)  1時間13分12秒 3区 玉川政吉(早大)  1時間21分37秒 4区 小山勝太(早大)  1時間23分11秒 5区 八島健三(明大)  1時間50分38秒 6区 宮本源太郎(中大) 1時間34分32秒 7区 湯本幸一(中大)  1時間23分02秒 8区 伊藤祐之(日大)  1時間24分41秒 9区 藤木勲(早大)   1時間13分28秒 10区 田代菊之助(中大) 1時間17分28秒8

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top