HOME 海外

2023.11.17

WAアスレティクス・アワード加盟国連盟賞はタイやチリ、スペインなどが最終候補に

世界陸連(WA)は11月16日、ワールド・アスレティクス・アワード2023の加盟国連盟賞の最終候補6団体を発表した。この賞は、年間を通してスポーツの成長と知名度に積極的に貢献したメンバーフェデレーションズを表彰するもの。

今年も各大陸から1ヵ国ずつ最終候補が選ばれ、アジアからは7月にアジア選手権を開催したタイが選出されている。このほか、キッズプログラムに取り組み競技人口を増やしている南米のチリなどが選出。最終選考に残った連盟は、6つの地域協会によって推薦された。受賞団体は12月初旬に発表される。

広告の下にコンテンツが続きます

候補団体と主な実績は以下のとおり。

豪州(オセアニア)
2月にバサーストで世界クロスカントリー選手権を開催し、混合リレーでメダルを獲得。数日後には、オセアニア初のWAコンチネンタルツアー・ゴールドの大会が開催された。ブダペスト世界選手権では女子棒高跳のN.ケネディの金メダルを含む6個のメダルを獲得。ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナル男子円盤投優勝のM.デニーの68m43をはじめとするナショナルレコードや、オセアニア記録を数多く樹立した。

ボツワナ(アフリカ)
男子短距離のL.テボゴがブダペスト世界選手権で100m銀メダル、200m銅メダルを獲得。世界選手権のあらゆる種目でメダルを獲得した初のボツワナ人選手となった。また、アフリカ人選手として世界選手権男子100mでメダルを獲得するのは初めて。地元でトレーニングを積み成長したテボゴは、アフリカでアスリートを目指す者にとって、前向きなロールモデルとなる。

チリ(南米)
パンアメリカンゲームスの開催と、WAコンチネンタル・ツアー・チャレンジ大会を開催した。連盟は、各地域の自主性を尊重した将来ビジョンを共有し、陸上界を後押ししてきた。統計によると、競技の発展や新しいコーチの育成もあいまってチリでの陸上参加者は倍増している。また、役員の育成やキッズプログラムの開発にも継続して取り組んでいる。

広告の下にコンテンツが続きます

スペイン(欧州)
ブダペスト世界選手権で5つのメダルを獲得。そのうち4つが金メダルであり、A.マルティンとM.ペレスは、競歩で20kmと35kmの2冠を獲得した。革新的なプロジェクトにより、ビジネスパートナー、ソーシャルメディアやライセンス選手とのパートナーシップが増加した。また、セーフガードやジェンダー・リーダーシップなど、WAプランの主要目標にも取り組んでいる。

タイ(アジア)
アジア選手権の開催地となり、同時にアジア陸連の50周年記念式典も開催された。アジア陸連がバンコクのタマサート大学に本部を設置するのを支援しており、地域全体の育成活動が行われ、将来的には最新鋭の施設に発展する可能性が高い。キッズプログラムにも参加しており、草の根レベルでの陸上の発展にも取り組んでいる。

米国(北米、中米、カリブ)
ブダペスト世界選手権で29個のメダルを獲得し、メダル獲得数でトップで2つの大会記録と1つの世界記録を樹立した。その他、R.クルーザーによる男子砲丸投の世界記録や、12のナショナルレコードなど、2023年を通して活躍を見せた。ユージーンではDLファイナルが開催され、ロサンゼルスとニューヨークではWAコンチネンタルツアー・ゴールドの大会を実施。ボストンとニューヨークでは室内ツアーの大会が開催された。インパクトのある普及プログラムを実施し、コーチや役員のためのロードマップを整え、スポーツの商業収入を増やすための活動を継続した。

世界陸連(WA)は11月16日、ワールド・アスレティクス・アワード2023の加盟国連盟賞の最終候補6団体を発表した。この賞は、年間を通してスポーツの成長と知名度に積極的に貢献したメンバーフェデレーションズを表彰するもの。 今年も各大陸から1ヵ国ずつ最終候補が選ばれ、アジアからは7月にアジア選手権を開催したタイが選出されている。このほか、キッズプログラムに取り組み競技人口を増やしている南米のチリなどが選出。最終選考に残った連盟は、6つの地域協会によって推薦された。受賞団体は12月初旬に発表される。 候補団体と主な実績は以下のとおり。 豪州(オセアニア) 2月にバサーストで世界クロスカントリー選手権を開催し、混合リレーでメダルを獲得。数日後には、オセアニア初のWAコンチネンタルツアー・ゴールドの大会が開催された。ブダペスト世界選手権では女子棒高跳のN.ケネディの金メダルを含む6個のメダルを獲得。ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナル男子円盤投優勝のM.デニーの68m43をはじめとするナショナルレコードや、オセアニア記録を数多く樹立した。 ボツワナ(アフリカ) 男子短距離のL.テボゴがブダペスト世界選手権で100m銀メダル、200m銅メダルを獲得。世界選手権のあらゆる種目でメダルを獲得した初のボツワナ人選手となった。また、アフリカ人選手として世界選手権男子100mでメダルを獲得するのは初めて。地元でトレーニングを積み成長したテボゴは、アフリカでアスリートを目指す者にとって、前向きなロールモデルとなる。 チリ(南米) パンアメリカンゲームスの開催と、WAコンチネンタル・ツアー・チャレンジ大会を開催した。連盟は、各地域の自主性を尊重した将来ビジョンを共有し、陸上界を後押ししてきた。統計によると、競技の発展や新しいコーチの育成もあいまってチリでの陸上参加者は倍増している。また、役員の育成やキッズプログラムの開発にも継続して取り組んでいる。 スペイン(欧州) ブダペスト世界選手権で5つのメダルを獲得。そのうち4つが金メダルであり、A.マルティンとM.ペレスは、競歩で20kmと35kmの2冠を獲得した。革新的なプロジェクトにより、ビジネスパートナー、ソーシャルメディアやライセンス選手とのパートナーシップが増加した。また、セーフガードやジェンダー・リーダーシップなど、WAプランの主要目標にも取り組んでいる。 タイ(アジア) アジア選手権の開催地となり、同時にアジア陸連の50周年記念式典も開催された。アジア陸連がバンコクのタマサート大学に本部を設置するのを支援しており、地域全体の育成活動が行われ、将来的には最新鋭の施設に発展する可能性が高い。キッズプログラムにも参加しており、草の根レベルでの陸上の発展にも取り組んでいる。 米国(北米、中米、カリブ) ブダペスト世界選手権で29個のメダルを獲得し、メダル獲得数でトップで2つの大会記録と1つの世界記録を樹立した。その他、R.クルーザーによる男子砲丸投の世界記録や、12のナショナルレコードなど、2023年を通して活躍を見せた。ユージーンではDLファイナルが開催され、ロサンゼルスとニューヨークではWAコンチネンタルツアー・ゴールドの大会を実施。ボストンとニューヨークでは室内ツアーの大会が開催された。インパクトのある普及プログラムを実施し、コーチや役員のためのロードマップを整え、スポーツの商業収入を増やすための活動を継続した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top