HOME 駅伝

2023.11.12

トヨタ自動車が2年連続25回目のV 服部勇馬が復調示す区間新!北陸はYKKが接戦制す/中部・北陸実業団対抗駅伝
トヨタ自動車が2年連続25回目のV 服部勇馬が復調示す区間新!北陸はYKKが接戦制す/中部・北陸実業団対抗駅伝

23年大阪マラソンで34位の服部勇馬(トヨタ自動車)

◇第63回中部・第53回北陸実業団対抗駅伝(愛知県田原市・7区間80.5km)

11月12日、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝、24年1月1日)の予選会となる、第63回中部・第53回北陸実業団対抗駅伝が愛知県田原市のはなとき通り発着のコースで行われ、トヨタ自動車が3時間53分55秒で2年連続25回目の優勝を飾った。

トヨタ自動車は1区(12km)の内田隼太がトップと9秒差の2位で滑り出すと、2区で順位を1つ落としたものの、3区から反撃を開始。3区(12.2km)の田中秀幸が区間賞の走りで2位の中央発條をかわすと、4区(15.5km)で太田智樹も44分18秒の区間1位と好走。2区から首位に立っていたトヨタ紡織を抜いた。6区(8.5km)でも東京五輪マラソン代表の服部勇馬が復調を示す区間賞があり、2位に2分近い大差をつける快勝となった。

2区でマル・イマニエルが区間賞を獲得したトヨタ紡織が2位。愛三工業が3位と続き、以下、愛知製鋼、中央発條、NTN、トーエネックと上位7チームまでがニューイヤー駅伝の出場権を獲得した。

同時開催の北陸はYKKが3時間59秒55秒で優勝。1区・綱島辰弥の区間賞などで3区終了時点で2位のセキノ興産に対して1分50秒の差をつけた。その後、4区から6区まで区間賞を獲得したセキノ興産に追い上げられ6区で逆転を許したものの、アンカーの小島優作が再逆転し、32年連続34回目の全日本大会出場を決めている。一方、2位のセキノ興産は15秒差で全日本出場を逃した。

◇第63回中部・第53回北陸実業団対抗駅伝(愛知県田原市・7区間80.5km) 11月12日、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝、24年1月1日)の予選会となる、第63回中部・第53回北陸実業団対抗駅伝が愛知県田原市のはなとき通り発着のコースで行われ、トヨタ自動車が3時間53分55秒で2年連続25回目の優勝を飾った。 トヨタ自動車は1区(12km)の内田隼太がトップと9秒差の2位で滑り出すと、2区で順位を1つ落としたものの、3区から反撃を開始。3区(12.2km)の田中秀幸が区間賞の走りで2位の中央発條をかわすと、4区(15.5km)で太田智樹も44分18秒の区間1位と好走。2区から首位に立っていたトヨタ紡織を抜いた。6区(8.5km)でも東京五輪マラソン代表の服部勇馬が復調を示す区間賞があり、2位に2分近い大差をつける快勝となった。 2区でマル・イマニエルが区間賞を獲得したトヨタ紡織が2位。愛三工業が3位と続き、以下、愛知製鋼、中央発條、NTN、トーエネックと上位7チームまでがニューイヤー駅伝の出場権を獲得した。 同時開催の北陸はYKKが3時間59秒55秒で優勝。1区・綱島辰弥の区間賞などで3区終了時点で2位のセキノ興産に対して1分50秒の差をつけた。その後、4区から6区まで区間賞を獲得したセキノ興産に追い上げられ6区で逆転を許したものの、アンカーの小島優作が再逆転し、32年連続34回目の全日本大会出場を決めている。一方、2位のセキノ興産は15秒差で全日本出場を逃した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top