HOME 駅伝

2023.11.12

東京がアンカー・増渕祐香の区間賞で逆転V 2位宮城、3位福島 岩手が初入賞の6位/東日本女子駅伝
東京がアンカー・増渕祐香の区間賞で逆転V 2位宮城、3位福島 岩手が初入賞の6位/東日本女子駅伝

22年富士山女子駅伝に出場した増渕祐香

◇第38回東日本女子駅伝(11月12日/福島市信夫ケ丘競技場発着・9区間42.195km)

北海道から静岡まで18都道県が参加し、中学生からシニアまで各年代のトップ選手が地域を代表してチームを組む今大会。東京が2時間18分35秒で2年連続11回目の優勝を果たした。

東京は1区4位、2区5位で序盤を上位で進めると、3区(3km)で鈴木美海(順天高)が4人を抜いてトップに浮上。のちに五輪代表となる高橋千恵美(宮城)が1995年に樹立した大会記録を28年ぶりに塗り替える9分40秒の好走でチームに勢いをつけた。

しかし、5区(5.0875km)で宮城の細川あおい(仙台育英高)が追い上げて首位を明け渡し、その後も宮城との差をじりじりと広げられる展開に。7区終了時点で32秒差、8区終了時点で28秒差と苦しい状況となった。

その雰囲気を一変させたのが9区(10km)の増渕祐香(名城大)だった。「絶対にトップに立とう」と意気込んでスタートすると、宮城との差を一気に縮め4km付近で逆転。その後もスピードを緩めず、33分01秒の区間賞で優勝に花を添えた。

中盤トップを快走した宮城が2時間19分42秒で2位。2秒差の3位には福島が入り、4位に千葉、5位に栃木。6位の岩手は大会初入賞と東北勢の活躍が目立った。

◇第38回東日本女子駅伝(11月12日/福島市信夫ケ丘競技場発着・9区間42.195km) 北海道から静岡まで18都道県が参加し、中学生からシニアまで各年代のトップ選手が地域を代表してチームを組む今大会。東京が2時間18分35秒で2年連続11回目の優勝を果たした。 東京は1区4位、2区5位で序盤を上位で進めると、3区(3km)で鈴木美海(順天高)が4人を抜いてトップに浮上。のちに五輪代表となる高橋千恵美(宮城)が1995年に樹立した大会記録を28年ぶりに塗り替える9分40秒の好走でチームに勢いをつけた。 しかし、5区(5.0875km)で宮城の細川あおい(仙台育英高)が追い上げて首位を明け渡し、その後も宮城との差をじりじりと広げられる展開に。7区終了時点で32秒差、8区終了時点で28秒差と苦しい状況となった。 その雰囲気を一変させたのが9区(10km)の増渕祐香(名城大)だった。「絶対にトップに立とう」と意気込んでスタートすると、宮城との差を一気に縮め4km付近で逆転。その後もスピードを緩めず、33分01秒の区間賞で優勝に花を添えた。 中盤トップを快走した宮城が2時間19分42秒で2位。2秒差の3位には福島が入り、4位に千葉、5位に栃木。6位の岩手は大会初入賞と東北勢の活躍が目立った。

■第38回東日本女子駅伝成績

1位 東京 2.18.35 2位 宮城 2.19.42 3位 福島 2.19.44 4位 千葉 2.20.05 5位 栃木 2.20.48 6位 岩手 2.21.04 7位 神奈川 2.21.11 8位 新潟 2.21.14 9位 長野 2.21.23 10位 埼玉 2.21.32 11位 静岡 2.22.00 12位 北海道 2.22.50 13位 群馬 2.22.50 14位 青森 2.23.33 15位 茨城 2.25.33 16位 山梨 2.26.36 17位 山形 2.26.38 18位 秋田 2.27.59 ■区間賞 1区(6km)   米澤奈々香(宮城) 19.25 2区(4km)   山田桃愛(埼玉)  12.51 3区(3km)   鈴木美海(東京)  9.40=区間新 4区(3km)   男乕結衣(宮城)  9.24 5区(5.0875km) 細川あおい(宮城) 16.28 6区(4.1075km) 橘山莉乃(宮城)  13.13 7区(4km)   長岡みさき(宮城) 13.13 8区(3km)   遠藤蒼依(静岡)  9.19 9区(10km)   増渕祐香(東京)  33.01 9区(10km)   石井寿美(福島)  33.01

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top