HOME 海外

2023.10.23

世界選手権5000m金のヤコブ・インゲブリグトセンが兄とともに父・ジェルト氏の暴力を告発 「しつけの一環で暴力を振るわれた」指導者としても決別
世界選手権5000m金のヤコブ・インゲブリグトセンが兄とともに父・ジェルト氏の暴力を告発 「しつけの一環で暴力を振るわれた」指導者としても決別

中距離、長距離で活躍するインゲブリグトセン兄弟

東京五輪男子1500m金メダリストで、5000mでは世界選手権2連覇中のヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が、父であり元コーチのジェルト・インゲブリグトセン氏との確執について初めてメディアで告発した。

インゲブリグトセン一家はジェルト氏の下に7人の子どもたちがおり、その多くが中長距離で活躍。五男のヤコブが世界チャンピオンとして君臨するほか、次男のヘンリクは12年ロンドン五輪1500m5位、三男のフィリップは17年ロンドン世界選手権1500m銅メダルと世界トップの実績を誇る。

広告の下にコンテンツが続きます

ジェルト氏は陸上競技未経験にもかかわらず、独自の練習方法で3人のスターを育成したことで注目を集め、数年前までは家族に密着したドキュメンタリー番組も制作されるなど、ノルウェー国内でもよく知られた一家だった。

しかし、21年の東京五輪後から父と兄弟との不仲が噂されるようになり、22年シーズンから3人は父の指導から離れていた。今年8月のブダペスト世界選手権男子1500mではヤコブが銀メダル、ジェルト氏が指導するナーヴェ・ギリエ・ノルダス(ノルウェー)が銅メダルを獲得し、ともに表彰台に上がったが、ジェルト氏は息子には祝福の言葉も掛けずに会場を後にしている。また、9月に行われたヤコブの結婚式にも参列せず、不仲説は確実なものとして見られていた。

今回、ヤコブはヘンリクやフィリップと共同でノルウェーの新聞「VG」に声明を発表。「父からしつけと称して身体的暴力や攻撃、威圧的な支配が続けられてきた」と明らかにした。また、ノルウェー陸連にもジェルト氏との関わりを断つように要請し、来年のパリ五輪などのコーチスタッフには参加しないことが決まったと報じられている。

一方、今回の報道を受けたジェルト氏は「父親として、コーチとして完璧ではなかったかもしれないが、暴力を振るったことはない」と否定した。

広告の下にコンテンツが続きます
東京五輪男子1500m金メダリストで、5000mでは世界選手権2連覇中のヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が、父であり元コーチのジェルト・インゲブリグトセン氏との確執について初めてメディアで告発した。 インゲブリグトセン一家はジェルト氏の下に7人の子どもたちがおり、その多くが中長距離で活躍。五男のヤコブが世界チャンピオンとして君臨するほか、次男のヘンリクは12年ロンドン五輪1500m5位、三男のフィリップは17年ロンドン世界選手権1500m銅メダルと世界トップの実績を誇る。 ジェルト氏は陸上競技未経験にもかかわらず、独自の練習方法で3人のスターを育成したことで注目を集め、数年前までは家族に密着したドキュメンタリー番組も制作されるなど、ノルウェー国内でもよく知られた一家だった。 しかし、21年の東京五輪後から父と兄弟との不仲が噂されるようになり、22年シーズンから3人は父の指導から離れていた。今年8月のブダペスト世界選手権男子1500mではヤコブが銀メダル、ジェルト氏が指導するナーヴェ・ギリエ・ノルダス(ノルウェー)が銅メダルを獲得し、ともに表彰台に上がったが、ジェルト氏は息子には祝福の言葉も掛けずに会場を後にしている。また、9月に行われたヤコブの結婚式にも参列せず、不仲説は確実なものとして見られていた。 今回、ヤコブはヘンリクやフィリップと共同でノルウェーの新聞「VG」に声明を発表。「父からしつけと称して身体的暴力や攻撃、威圧的な支配が続けられてきた」と明らかにした。また、ノルウェー陸連にもジェルト氏との関わりを断つように要請し、来年のパリ五輪などのコーチスタッフには参加しないことが決まったと報じられている。 一方、今回の報道を受けたジェルト氏は「父親として、コーチとして完璧ではなかったかもしれないが、暴力を振るったことはない」と否定した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top