HOME 国内、日本代表

2023.09.29

男子20km競歩 村山裕太郎が銅メダル「まだまだここがゴールじゃない」/アジア大会
男子20km競歩 村山裕太郎が銅メダル「まだまだここがゴールじゃない」/アジア大会

23年杭州アジア大会20km競歩で銅メダルを獲得した村山裕太郎

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で行われている第19回アジア大会の陸上競技の1日目が行われ、男子20km競歩で村山裕太郎(富士通)が銅メダルを獲得した。村山はこの日が25歳の誕生日。自ら祝福するメダル獲得となった。

7月のアジア選手権(タイ・バンコク)で金メダルを手にしていた村山。今大会は「日本のトップ選手とは経験の差がある。受け身だと得られるものも少ない」と、中国勢相手に積極的に食らいついつく。15km前に少しずつ差が広がるも、ラストまで力強い歩きで3位を死守。1時間24分41秒で、陸上競技最初のメダルとなる銅メダルを手にした。

「優勝を目指していたので悔しいですが、今の力ではどうやっても優勝はできなかったと思います。そこは受け止めたい」

アジア選手権から2ヵ月は「(1km)4分05秒切るところを想定して目指していたが準備できなかった」と村山。ある程度の集団の絞り込みには対応できたが、上2人との差を痛感し、「フォームの作り方、調整の仕方は課題」と振り返る。

ただ、順大4年時に両膝を疲労骨折してから長く戦線離脱していたところから、今季はアジア選手権とアジア大会代表として結果を残した。その秘めた能力が少しずつ花開き始めている。

「まだまだここがゴールじゃない。地力の面や、フォームなど、突き詰められるところがたくさんある。年齢的に若手だと思いますし、自分自身、成長が楽しみなところもあります」

来年のパリ五輪に向けて『アジア』での経験を生かしていく。

ブダペスト世界選手権35km競歩6位の野田明宏(自衛隊体育学校)は1時間27分08秒で4位。3度の歩型違反でピットレーンに2分入るペナルティもあり苦しんだ。

ブダペストから帰国後、新型コロナウイルス陽性で体調を崩したことを明かしたが「いいわけにしたくない。調整不足です。情けない」と涙をこらえた。来年に向けて、「こんなレベルでは(20kmで)勝てない。一度気持ちも身体も休んで、谷井(孝之)コーチと話し合っていきたい」とした。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で行われている第19回アジア大会の陸上競技の1日目が行われ、男子20km競歩で村山裕太郎(富士通)が銅メダルを獲得した。村山はこの日が25歳の誕生日。自ら祝福するメダル獲得となった。 7月のアジア選手権(タイ・バンコク)で金メダルを手にしていた村山。今大会は「日本のトップ選手とは経験の差がある。受け身だと得られるものも少ない」と、中国勢相手に積極的に食らいついつく。15km前に少しずつ差が広がるも、ラストまで力強い歩きで3位を死守。1時間24分41秒で、陸上競技最初のメダルとなる銅メダルを手にした。 「優勝を目指していたので悔しいですが、今の力ではどうやっても優勝はできなかったと思います。そこは受け止めたい」 アジア選手権から2ヵ月は「(1km)4分05秒切るところを想定して目指していたが準備できなかった」と村山。ある程度の集団の絞り込みには対応できたが、上2人との差を痛感し、「フォームの作り方、調整の仕方は課題」と振り返る。 ただ、順大4年時に両膝を疲労骨折してから長く戦線離脱していたところから、今季はアジア選手権とアジア大会代表として結果を残した。その秘めた能力が少しずつ花開き始めている。 「まだまだここがゴールじゃない。地力の面や、フォームなど、突き詰められるところがたくさんある。年齢的に若手だと思いますし、自分自身、成長が楽しみなところもあります」 来年のパリ五輪に向けて『アジア』での経験を生かしていく。 ブダペスト世界選手権35km競歩6位の野田明宏(自衛隊体育学校)は1時間27分08秒で4位。3度の歩型違反でピットレーンに2分入るペナルティもあり苦しんだ。 ブダペストから帰国後、新型コロナウイルス陽性で体調を崩したことを明かしたが「いいわけにしたくない。調整不足です。情けない」と涙をこらえた。来年に向けて、「こんなレベルでは(20kmで)勝てない。一度気持ちも身体も休んで、谷井(孝之)コーチと話し合っていきたい」とした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top