HOME 国内

2023.09.24

田中希実が800m2分03秒98で制す!DL時インフルエンザ明かす 世界を見据えて棄権せず/全日本実業団
田中希実が800m2分03秒98で制す!DL時インフルエンザ明かす 世界を見据えて棄権せず/全日本実業団

田中希実(New Balance)

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の3日目に女子800mが行われ、田中希実(New Balance)が2分03秒98のシーズンベストで制した。

「スピードも全然乗ってこなくて、最初の200mも置いていかれた」と田中。「最近は力を入れずに(1周目)60秒くらいで走れるようになっていた」が、21、22年に見せていたように後方からのレースに。「原点に戻って2周目からどれだけ上げられるか」にシフトしてレースを進め、きっちりと強さを見せた。

ブダペスト世界選手権5000mで8位。ダイヤモンドリーグ(DL)では14分29秒18の日本新を樹立し、急きょ決まったDLファイナル(米国・ユージン)でも14分42秒38で6位に入った。

DLファイナルの前日に発熱。レース当日は37度くらいまで下がったが、その後再び38度、39度に熱が上がった。「帰りの飛行機でも熱が出たのでおかしいぞと思って病院に行ったらインフルエンザでした」とはにかむ。2日ほど休養し、1日だけ合宿予定地の岐阜・御嶽に入ってこの日のレースを迎えた。

棄権も「頭をよぎった」という田中。それでも、この後に控える世界ロードランニング選手権では「スピードが戻った状態でないとキピエゴン選手たちとは走れない。一度800mを入れておくのが大事だと思っていました。地力は確認できたので良いかたちになったと思います」。

DLファイナルを経験し、「また違った雰囲気で、選手も観客もオールスターみたいな感じで雰囲気を楽しんでいる。世界選手権やオリンピックに出ていない選手もDLに出てくる。本当の意味で世界トップというのはすごく難しいと改めて感じました」。世界のトップの仲間入りをしたからこそ感じた境地。

世界ロードランニング選手権(ラトビア・リガ)を走った後は、国体で800mと5000mに出場。800mでも「学生も強いので1分台を狙えれば」。1500m、5000mに続いて日本記録(2分00秒45)更新への意欲も示した。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に女子800mが行われ、田中希実(New Balance)が2分03秒98のシーズンベストで制した。 「スピードも全然乗ってこなくて、最初の200mも置いていかれた」と田中。「最近は力を入れずに(1周目)60秒くらいで走れるようになっていた」が、21、22年に見せていたように後方からのレースに。「原点に戻って2周目からどれだけ上げられるか」にシフトしてレースを進め、きっちりと強さを見せた。 ブダペスト世界選手権5000mで8位。ダイヤモンドリーグ(DL)では14分29秒18の日本新を樹立し、急きょ決まったDLファイナル(米国・ユージン)でも14分42秒38で6位に入った。 DLファイナルの前日に発熱。レース当日は37度くらいまで下がったが、その後再び38度、39度に熱が上がった。「帰りの飛行機でも熱が出たのでおかしいぞと思って病院に行ったらインフルエンザでした」とはにかむ。2日ほど休養し、1日だけ合宿予定地の岐阜・御嶽に入ってこの日のレースを迎えた。 棄権も「頭をよぎった」という田中。それでも、この後に控える世界ロードランニング選手権では「スピードが戻った状態でないとキピエゴン選手たちとは走れない。一度800mを入れておくのが大事だと思っていました。地力は確認できたので良いかたちになったと思います」。 DLファイナルを経験し、「また違った雰囲気で、選手も観客もオールスターみたいな感じで雰囲気を楽しんでいる。世界選手権やオリンピックに出ていない選手もDLに出てくる。本当の意味で世界トップというのはすごく難しいと改めて感じました」。世界のトップの仲間入りをしたからこそ感じた境地。 世界ロードランニング選手権(ラトビア・リガ)を走った後は、国体で800mと5000mに出場。800mでも「学生も強いので1分台を狙えれば」。1500m、5000mに続いて日本記録(2分00秒45)更新への意欲も示した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top