HOME 国内

2023.09.24

400m日本記録保持者・佐藤拳太郎が200m自己新の20秒70で制す!「スピードが足りていない」/全日本実業団
400m日本記録保持者・佐藤拳太郎が200m自己新の20秒70で制す!「スピードが足りていない」/全日本実業団

23年全日本実業団選手権200mに自己記録を更新して優勝した佐藤拳太郎

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の3日目に男子200mが行われ、佐藤拳太郎(富士通)が20秒70(-1.0)で優勝した。

ブダペスト世界選手権400mの予選で44秒77の日本記録を樹立した佐藤。アジア大会(杭州)を控えるなか、20秒93の自己記録を2年ぶりに更新して制した。

特に後半からは強さを発揮。それでも「前半が遅すぎる。海外の選手は200m19秒台を持っているので、そこで置いていかれる段階。まだスピードが足りていない。スプリントを見直さないと」と振り返る。

来年のパリ五輪を見据え「まだまだやらなくてはいけない」と高みを目指すからこそ厳しく評価していた。このあとアジア大会では400mに出場する。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に男子200mが行われ、佐藤拳太郎(富士通)が20秒70(-1.0)で優勝した。 ブダペスト世界選手権400mの予選で44秒77の日本記録を樹立した佐藤。アジア大会(杭州)を控えるなか、20秒93の自己記録を2年ぶりに更新して制した。 特に後半からは強さを発揮。それでも「前半が遅すぎる。海外の選手は200m19秒台を持っているので、そこで置いていかれる段階。まだスピードが足りていない。スプリントを見直さないと」と振り返る。 来年のパリ五輪を見据え「まだまだやらなくてはいけない」と高みを目指すからこそ厳しく評価していた。このあとアジア大会では400mに出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top