HOME 国内、世界陸上、日本代表
田中希実が戦い終え帰国「1ヵ月くらいに長く感じました」5000mで26年ぶり8位入賞/世界陸上
田中希実が戦い終え帰国「1ヵ月くらいに長く感じました」5000mで26年ぶり8位入賞/世界陸上

2023年ブダペスト世界選手権の帰国会見に応じる田中希実

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。女子5000mで8位入賞を果たした田中希実(New Balance)が成田空港で取材に応じた。

広告の下にコンテンツが続きます

1500mと5000mの2種目に出場した田中。「非常に長い世界陸上でした」と開口一番に飛び出した。

「昨年のオレゴン大会は800m、1500m、5000mの3種目に出場したため、気づいたらあっという間に終わっていました。今大会は1500mと5000mで1本1本のレースに気持ちを作って臨んだので、体感としては1ヵ月くらいに感じました」と大会を総括した。

昨年のオレゴン大会では「本当の意味での自信がまだ持てていなかった」という。レース前に繊細な気持ちになり、「何のために走っているのかわからず、でも結果は残さないといけないという繰り返しでしんどくなったこともありました」と明かす。

日本記録(3分59秒19)を持つ最初の1500mは準決勝で1組12着(4分06秒71)と決勝に進めなかったが、この時も「『決勝に残らないといけない』と感じてしんどかった」と振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、準決勝敗退後に関係者との対話を通じて「本当に自分は決勝に残りたかったのか」と自問自答し、「実際は『怖い』という気持ちが大きかった」ことに気づいた。

父の健智コーチをはじめ多くの人から背中を押してもらい、「自分ならできる」と切り替えて臨んだ5000m予選で、従来の日本記録(14分52秒84)を14秒以上も更新する14分37秒98をマーク。3大会連続の決勝進出を果たし、決勝では1997年アテネ大会の弘山晴美以来、日本勢では26年ぶりの8位入賞を果たした。

「自信を持つことや感謝の気持ちを持つ部分で、今後変えていきたいなと考えるきっかけになりました。今回の経験を思い出しながら、ここで乗り越えられたことが、ちょっとずつ変わっていくための拠り所になっていくのだと思います」と田中らしい言い回しで大会を総括した。

田中はブダペストから帰国して束の間、2日後にドイツで開催される1マイルのレースに出場する。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会の5000m予選でパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)も突破済み。「次も2種目で狙いたい」と、すでに来年のパリへ切り替えている。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。女子5000mで8位入賞を果たした田中希実(New Balance)が成田空港で取材に応じた。 1500mと5000mの2種目に出場した田中。「非常に長い世界陸上でした」と開口一番に飛び出した。 「昨年のオレゴン大会は800m、1500m、5000mの3種目に出場したため、気づいたらあっという間に終わっていました。今大会は1500mと5000mで1本1本のレースに気持ちを作って臨んだので、体感としては1ヵ月くらいに感じました」と大会を総括した。 昨年のオレゴン大会では「本当の意味での自信がまだ持てていなかった」という。レース前に繊細な気持ちになり、「何のために走っているのかわからず、でも結果は残さないといけないという繰り返しでしんどくなったこともありました」と明かす。 日本記録(3分59秒19)を持つ最初の1500mは準決勝で1組12着(4分06秒71)と決勝に進めなかったが、この時も「『決勝に残らないといけない』と感じてしんどかった」と振り返る。 しかし、準決勝敗退後に関係者との対話を通じて「本当に自分は決勝に残りたかったのか」と自問自答し、「実際は『怖い』という気持ちが大きかった」ことに気づいた。 父の健智コーチをはじめ多くの人から背中を押してもらい、「自分ならできる」と切り替えて臨んだ5000m予選で、従来の日本記録(14分52秒84)を14秒以上も更新する14分37秒98をマーク。3大会連続の決勝進出を果たし、決勝では1997年アテネ大会の弘山晴美以来、日本勢では26年ぶりの8位入賞を果たした。 「自信を持つことや感謝の気持ちを持つ部分で、今後変えていきたいなと考えるきっかけになりました。今回の経験を思い出しながら、ここで乗り越えられたことが、ちょっとずつ変わっていくための拠り所になっていくのだと思います」と田中らしい言い回しで大会を総括した。 田中はブダペストから帰国して束の間、2日後にドイツで開催される1マイルのレースに出場する。 今大会の5000m予選でパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)も突破済み。「次も2種目で狙いたい」と、すでに来年のパリへ切り替えている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top