HOME 世界陸上、海外

2023.08.28

女子4×400mRはオランダが劇的V 初日に泣いたボルが歓喜のフィニッシュ!男子やり投はチョプラが金/世界陸上Day9
女子4×400mRはオランダが劇的V 初日に泣いたボルが歓喜のフィニッシュ!男子やり投はチョプラが金/世界陸上Day9

女子4×400mRで史上初の優勝を果たしたオランダ。ボル(左)は400mHとの2冠となった

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目

ブダペスト世界陸上9日目が行われ、女子4×400mリレーはフィニッシュ直前の劇的な逆転でオランダが初優勝を果たした。

まさにフェムケ・ボルのためだけに用意されたかのような舞台となった。

初日の男女混合4×400mリレーでも優勝候補に挙がっていたオランダ。アンカーのボルはトップを快走していたが、フィニッシュ手前5mで転倒してバトンを落とすまさかのアクシデントに見舞われ、金メダルを逃していた。

その後、ボルは6日目に行われた本職の女子400mハードルで、悔しさを晴らすかのような素晴らしい走りで金メダルを獲得。「リレーでの失敗はなかなか忘れることはできなかったけど、チームメイトがはげましてくれた」とチームメイトたちに感謝の気持ちを表していた。

そして大会のフィナーレを飾る女子4×400mリレーで、ボルはこれ以上ないドラマを演じる。

レースは優勝候補の米国が予選で失格。決勝でオランダはエースのボルを男女混合リレー同様にアンカーに託すオーダーを組んだが、トップ争いをするジャマイカと英国からはやや遅れを取ってしまう。ボルにバトンが渡った時点では約10mの差で、この時点で3走のカテライン・ピータースは「正直、『銅メダルだろう』と満足していた」という。

しかし、ボルはあきらめなかった。今大会7レース目で疲労も残るなか、残り200mでアクセルをフルスロットルにすると、徐々に先頭との差を詰めていく。残り50mからはジャマイカのアンカーのペースが鈍ったこともあり、ついに残り5mで逆転。優勝タイムの3分20秒72はオランダ新記録でもあった。

劇的な勝利に観客は総立ちとなり、悲劇のヒロインから今大会一番のヒロインへと生まれ変わったボルを祝福。ボルも「3走までが良いポジションでバトンをつないでくれたから、やるしかないと思った」と興奮気味に世界一を喜んだ。

同種目で五輪、世界選手権を通じてオランダがメダルを取ったことはなく、初のメダルが歴史的な金メダルとなった。

最終日は8種目で決勝が行われ、男子やり投では東京五輪金メダリストのニーラージ・チョプラ(インド)が2投目に88m17を投げ、インド勢としても世界選手権初優勝。「今日は90m以上を投げたかったけど、金メダルを取れたことは誇りだ」と話した。

男子5000mはヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)がオレゴン大会に続く連覇を達成。女子3000m障害はウィンフレッド・ミューティル・ヤヴィ(バーレーン)が、世界記録保持者のベアトリス・チェプコエチ(ケニア)を抑えて8分54秒29の好タイムで制した。3強対決となった女子800mはマリー・モラー(ケニア)が1分56秒03の自己新V。女子走高跳ではヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)がただ一人2m01を跳んで初の世界一に輝いている。

一方、男子4×400mリレーは米国が2分57秒31と2位以下に大差をつけて3連覇。午前中の男子マラソンはビクター・キプランガト(ウガンダ)が2時間8分53秒で制した。

ブダペスト世界選手権は全日程を終了。次回は25年に東京で第20回大会が行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目 ブダペスト世界陸上9日目が行われ、女子4×400mリレーはフィニッシュ直前の劇的な逆転でオランダが初優勝を果たした。 まさにフェムケ・ボルのためだけに用意されたかのような舞台となった。 初日の男女混合4×400mリレーでも優勝候補に挙がっていたオランダ。アンカーのボルはトップを快走していたが、フィニッシュ手前5mで転倒してバトンを落とすまさかのアクシデントに見舞われ、金メダルを逃していた。 その後、ボルは6日目に行われた本職の女子400mハードルで、悔しさを晴らすかのような素晴らしい走りで金メダルを獲得。「リレーでの失敗はなかなか忘れることはできなかったけど、チームメイトがはげましてくれた」とチームメイトたちに感謝の気持ちを表していた。 そして大会のフィナーレを飾る女子4×400mリレーで、ボルはこれ以上ないドラマを演じる。 レースは優勝候補の米国が予選で失格。決勝でオランダはエースのボルを男女混合リレー同様にアンカーに託すオーダーを組んだが、トップ争いをするジャマイカと英国からはやや遅れを取ってしまう。ボルにバトンが渡った時点では約10mの差で、この時点で3走のカテライン・ピータースは「正直、『銅メダルだろう』と満足していた」という。 しかし、ボルはあきらめなかった。今大会7レース目で疲労も残るなか、残り200mでアクセルをフルスロットルにすると、徐々に先頭との差を詰めていく。残り50mからはジャマイカのアンカーのペースが鈍ったこともあり、ついに残り5mで逆転。優勝タイムの3分20秒72はオランダ新記録でもあった。 劇的な勝利に観客は総立ちとなり、悲劇のヒロインから今大会一番のヒロインへと生まれ変わったボルを祝福。ボルも「3走までが良いポジションでバトンをつないでくれたから、やるしかないと思った」と興奮気味に世界一を喜んだ。 同種目で五輪、世界選手権を通じてオランダがメダルを取ったことはなく、初のメダルが歴史的な金メダルとなった。 最終日は8種目で決勝が行われ、男子やり投では東京五輪金メダリストのニーラージ・チョプラ(インド)が2投目に88m17を投げ、インド勢としても世界選手権初優勝。「今日は90m以上を投げたかったけど、金メダルを取れたことは誇りだ」と話した。 男子5000mはヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)がオレゴン大会に続く連覇を達成。女子3000m障害はウィンフレッド・ミューティル・ヤヴィ(バーレーン)が、世界記録保持者のベアトリス・チェプコエチ(ケニア)を抑えて8分54秒29の好タイムで制した。3強対決となった女子800mはマリー・モラー(ケニア)が1分56秒03の自己新V。女子走高跳ではヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)がただ一人2m01を跳んで初の世界一に輝いている。 一方、男子4×400mリレーは米国が2分57秒31と2位以下に大差をつけて3連覇。午前中の男子マラソンはビクター・キプランガト(ウガンダ)が2時間8分53秒で制した。 ブダペスト世界選手権は全日程を終了。次回は25年に東京で第20回大会が行われる。

【動画】なんとういう結末!女子4×400mRでオランダ・ボルが劇的な逆転V

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top