HOME 世界陸上、海外

2023.08.28

女子走高跳・マフチフがウクライナに捧ぐ金メダル「母国で大会が開催される日が来ることを祈っている」/世界陸上
女子走高跳・マフチフがウクライナに捧ぐ金メダル「母国で大会が開催される日が来ることを祈っている」/世界陸上

金メダルを手にインタビューに答えたマフチフ

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目

ブダペスト世界陸上9日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子走高跳では2大会連続で銀メダルを獲得していたヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)が、ただ一人2m01に成功して、悲願の金メダルに輝いた。

有力者が顔をそろえた決勝だったが、マフチフの跳躍は際だって安定していた。

1m94こそ1度のミスがあったものの、その後は1m97、1m99とともに難なく1回で成功。1m99は前回優勝のエレノール・パターソンと、今季2m02を跳んでリストトップに立っていたニコラ・オリスラガースの豪州コンビもクリアしていたが、互いにミスがあり、この時点でトップに踊り出た。

圧巻だったのが2m01の跳躍だ。2回目に長い手足を大きく振る助走から、内傾姿勢、踏み切り、クリアランスと流れるようなフォームで、バーに身体が触れることなくクリア。成功後も大きく喜ぶことはなかったが、世界一を確信するかのような表情を見せた。

その後、自己記録(2m06)を上回る2m07にもチャレンジ。惜しい跳躍もあった。

マフチフは2001年生まれの21歳。17歳だった19年ドーハ大会においてU20世界新を樹立して銀メダルと華々しい国際大会デビューを果たし、21年東京五輪では3位。昨年はダイヤモンドリーグ(DL)で優勝を重ね、DLファイナルも制したものの、オレゴンでは1位だったパターソンと同記録の2位に泣いていた。

昨年2月にロシアの軍事侵攻が始まった際には、車で6日間掛けて国外に避難。ウクライナ中部にある生まれ故郷のドニプロは激戦地となり、祖国には今年1月に2週間だけ戻ったきりだという。

インタビューでは「母国のためにこの金メダルを獲得できたことをとても誇りに思います。ウクライナに戻って、コーチにこのメダルを見せるのが待ちきれません」と語ったマフチフ。「ウクライナの平和と独立のために、今も戦っているすべてのウクライナ国民のためにこの金メダルを獲得する必要がありました」と壮絶な覚悟を持ってこの試合に挑んでいた。

いまだ戦禍が続く祖国に希望となる金メダルをもたらした新女王は「ウクライナで大会が開催されたり、トレーニングができるようになる日が来ることを祈ってます」と一刻も早い平和を願った。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目 ブダペスト世界陸上9日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子走高跳では2大会連続で銀メダルを獲得していたヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)が、ただ一人2m01に成功して、悲願の金メダルに輝いた。 有力者が顔をそろえた決勝だったが、マフチフの跳躍は際だって安定していた。 1m94こそ1度のミスがあったものの、その後は1m97、1m99とともに難なく1回で成功。1m99は前回優勝のエレノール・パターソンと、今季2m02を跳んでリストトップに立っていたニコラ・オリスラガースの豪州コンビもクリアしていたが、互いにミスがあり、この時点でトップに踊り出た。 圧巻だったのが2m01の跳躍だ。2回目に長い手足を大きく振る助走から、内傾姿勢、踏み切り、クリアランスと流れるようなフォームで、バーに身体が触れることなくクリア。成功後も大きく喜ぶことはなかったが、世界一を確信するかのような表情を見せた。 その後、自己記録(2m06)を上回る2m07にもチャレンジ。惜しい跳躍もあった。 マフチフは2001年生まれの21歳。17歳だった19年ドーハ大会においてU20世界新を樹立して銀メダルと華々しい国際大会デビューを果たし、21年東京五輪では3位。昨年はダイヤモンドリーグ(DL)で優勝を重ね、DLファイナルも制したものの、オレゴンでは1位だったパターソンと同記録の2位に泣いていた。 昨年2月にロシアの軍事侵攻が始まった際には、車で6日間掛けて国外に避難。ウクライナ中部にある生まれ故郷のドニプロは激戦地となり、祖国には今年1月に2週間だけ戻ったきりだという。 インタビューでは「母国のためにこの金メダルを獲得できたことをとても誇りに思います。ウクライナに戻って、コーチにこのメダルを見せるのが待ちきれません」と語ったマフチフ。「ウクライナの平和と独立のために、今も戦っているすべてのウクライナ国民のためにこの金メダルを獲得する必要がありました」と壮絶な覚悟を持ってこの試合に挑んでいた。 いまだ戦禍が続く祖国に希望となる金メダルをもたらした新女王は「ウクライナで大会が開催されたり、トレーニングができるようになる日が来ることを祈ってます」と一刻も早い平和を願った。

【動画】2m01を鮮やかにクリア!女子走高跳で金メダルを獲得したマフチフ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top