HOME 高校

2023.06.17

3000m障害は留学生・ケネスが道高校国際新で制す!2位・関雄也、3位・黒川遙斗も9分20秒切りの大会新/IH北海道
3000m障害は留学生・ケネスが道高校国際新で制す!2位・関雄也、3位・黒川遙斗も9分20秒切りの大会新/IH北海道

北海道大会男子3000m障害優勝のケネス(左)と、日本人トップの関雄也

◇インターハイ北海道地区大会(6月13日~16日/札幌市・厚別公園競技場)4日目

夏の地元・北海道インターハイを懸けた北海道地区大会の4日目が行われ、男子3000m障害は留学生のキプゲノ・ケネス(札幌山の手3)が8分56秒74で優勝。この記録は北海道高校国際記録だった。

広告の下にコンテンツが続きます

ケネスは5000mで14分11秒89を持つ。今年から3000m障害に参戦し、「今日は優勝を狙って良いレースができました」と笑顔を浮かべる。梶山一樹先生は「食事もしっかり気を遣うようになって身体が絞れました。覚醒しましたね」と目を細める。

2位に入ったのが前回優勝の関雄也(白樺学園3)。「連覇を狙っていてプレッシャーもあり、心臓がバクバクでした」。最初はケネスにつこうとしたものの、「あまりに速すぎて、このまま行ったら後半でタレてしまう」と自重。その後は「自分のペースで」しっかり進め、「ラストは負けない」と持ち味のスパートを見せた。9分10秒16も大会記録(9分13秒49)を上回る自己新だった。

「今日が一番調子を合わせられました」と言う関。持ち味はスピードとハードリングの技術だが、「予選ではハードルで足が合わなかった」と苦戦した。決勝も「最初は和なかったのですが、前を追う形になってからはうまくいきました」と、スムーズなジャンプ。前を行く黒川遙斗(札幌山の手3)を逆転した。

「スピードには自信があります。まだ8分台は見えないですが、泥臭い練習をコツコツやって全国に挑みたいです」と決勝進出を狙う。

広告の下にコンテンツが続きます

3位の黒川も9分13秒33の大会新。「目標は優勝と大会記録の更新でした。大会新はうれしいですが、日本人2位になったのは悔しい」と唇を噛む。

2000m以降、「1人になってから失速してしまった」と反省。それでも「スピード強化してきて前半から押していけるようになりました」と成長を感じている。地元インターハイでは「決勝進出して、入賞が目標です」と力強い。

会場を沸かせた3000m障害勢が、夏の大舞台、同じ場所で再び盛り上げる走りを見せそうだ。

全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

広告の下にコンテンツが続きます

撮影/上野公人

◇インターハイ北海道地区大会(6月13日~16日/札幌市・厚別公園競技場)4日目 夏の地元・北海道インターハイを懸けた北海道地区大会の4日目が行われ、男子3000m障害は留学生のキプゲノ・ケネス(札幌山の手3)が8分56秒74で優勝。この記録は北海道高校国際記録だった。 ケネスは5000mで14分11秒89を持つ。今年から3000m障害に参戦し、「今日は優勝を狙って良いレースができました」と笑顔を浮かべる。梶山一樹先生は「食事もしっかり気を遣うようになって身体が絞れました。覚醒しましたね」と目を細める。 2位に入ったのが前回優勝の関雄也(白樺学園3)。「連覇を狙っていてプレッシャーもあり、心臓がバクバクでした」。最初はケネスにつこうとしたものの、「あまりに速すぎて、このまま行ったら後半でタレてしまう」と自重。その後は「自分のペースで」しっかり進め、「ラストは負けない」と持ち味のスパートを見せた。9分10秒16も大会記録(9分13秒49)を上回る自己新だった。 「今日が一番調子を合わせられました」と言う関。持ち味はスピードとハードリングの技術だが、「予選ではハードルで足が合わなかった」と苦戦した。決勝も「最初は和なかったのですが、前を追う形になってからはうまくいきました」と、スムーズなジャンプ。前を行く黒川遙斗(札幌山の手3)を逆転した。 「スピードには自信があります。まだ8分台は見えないですが、泥臭い練習をコツコツやって全国に挑みたいです」と決勝進出を狙う。 3位の黒川も9分13秒33の大会新。「目標は優勝と大会記録の更新でした。大会新はうれしいですが、日本人2位になったのは悔しい」と唇を噛む。 2000m以降、「1人になってから失速してしまった」と反省。それでも「スピード強化してきて前半から押していけるようになりました」と成長を感じている。地元インターハイでは「決勝進出して、入賞が目標です」と力強い。 会場を沸かせた3000m障害勢が、夏の大舞台、同じ場所で再び盛り上げる走りを見せそうだ。 全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 撮影/上野公人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top