HOME 国内

2023.06.11

七種競技・山﨑有紀が2年ぶり5度目の頂点「勝たなきゃいけないじゃなく、勝ちたい」800m圧巻の力走/日本選手権混成
七種競技・山﨑有紀が2年ぶり5度目の頂点「勝たなきゃいけないじゃなく、勝ちたい」800m圧巻の力走/日本選手権混成

23年日本選手権七種競技で5度目の頂点に立った山﨑有紀

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場)

第107回日本選手権・混成競技が行われ、日本記録(5975点)を持つ山﨑有紀(スズキ)が5810点で優勝。18年から4連覇に続き、2年ぶり5度目の頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

初日を終えて3381点の2位で折り返した山﨑。強い風が吹いた難しいコンディションとなった走幅跳では5m82(+0.8)をマークした。しかし、続く得意のやり投では43m40にとどまる。2番手で最終種目の800mを迎えた。

トップの大玉華鈴(日体大SMG横浜)に差をつけて勝たなければ逆転優勝はない。ここで圧倒的な力を見せたのは日本記録保持者の貫禄か。序盤から突っ込むと、粘る大玉を引き離し、2分14秒41というセカンドベスト。2位の水谷佳歩(中京大院)に約6秒、大玉には約10秒の差をつけてフィニッシュした。

「セカンドベストというのがわかってうれしかったです。2分14秒を出して負けたら仕方がない。その後で優勝を確信して喜びました」

やり投の後には「手が震えた」というほど落ち込んだという。しかし、こうして気持ちを持ち直した。

広告の下にコンテンツが続きます

「勝たなきゃいけないじゃなく、勝ちたい」

800mの前に大学時代から指導を受ける疋田晃久コーチと電話で話し、原点を思い出した。高校時代は全国的に無名だったところから、九州共立大で陸上競技に真摯に向き合うようになって飛躍を遂げた。

「自分より上のレベルの選手に勝ちたいという思いでやってきた。それを忘れていました」。日本選手権を4度勝っても、チャレンジャーであり、守りに入るのではなく、上を目指す。だからこそ800mでも「相手を気にせず自己ベストを目指しました」。

苦しい試合運びだったが、負けたくない理由がもう一つある。あこがれてきた十種競技の中村明彦(スズキ)が今季限りで引退を表明。これが一緒に戦う最後の日本選手権だった。20、21年と男女優勝を果たしてきた2人。初日を終えてその思いを聞くと、思わず目頭を熱くした。

広告の下にコンテンツが続きます

18年から大会4連覇。21年には5975点の日本記録を樹立した。今年2月のアジア室内選手権(五種競技)では銅メダルを獲得している。第一人者として牽引してきたが、「もっともっと、底上げしていかないと。女子の他の種目に負けないように」と、自身の成長とともに、日本の七種競技全体のレベルアップも願っている。

「もし出場できたら、アジア選手権、アジア大会で優勝争いをしたいです」

アジア大会は18年に出場して3位。「海外の試合のほうが楽しめますし、チャレンジャーとして挑めます」。5度目の日本一を引っさげ、再びアジアの頂点に挑戦する。

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場) 第107回日本選手権・混成競技が行われ、日本記録(5975点)を持つ山﨑有紀(スズキ)が5810点で優勝。18年から4連覇に続き、2年ぶり5度目の頂点に立った。 初日を終えて3381点の2位で折り返した山﨑。強い風が吹いた難しいコンディションとなった走幅跳では5m82(+0.8)をマークした。しかし、続く得意のやり投では43m40にとどまる。2番手で最終種目の800mを迎えた。 トップの大玉華鈴(日体大SMG横浜)に差をつけて勝たなければ逆転優勝はない。ここで圧倒的な力を見せたのは日本記録保持者の貫禄か。序盤から突っ込むと、粘る大玉を引き離し、2分14秒41というセカンドベスト。2位の水谷佳歩(中京大院)に約6秒、大玉には約10秒の差をつけてフィニッシュした。 「セカンドベストというのがわかってうれしかったです。2分14秒を出して負けたら仕方がない。その後で優勝を確信して喜びました」 やり投の後には「手が震えた」というほど落ち込んだという。しかし、こうして気持ちを持ち直した。 「勝たなきゃいけないじゃなく、勝ちたい」 800mの前に大学時代から指導を受ける疋田晃久コーチと電話で話し、原点を思い出した。高校時代は全国的に無名だったところから、九州共立大で陸上競技に真摯に向き合うようになって飛躍を遂げた。 「自分より上のレベルの選手に勝ちたいという思いでやってきた。それを忘れていました」。日本選手権を4度勝っても、チャレンジャーであり、守りに入るのではなく、上を目指す。だからこそ800mでも「相手を気にせず自己ベストを目指しました」。 苦しい試合運びだったが、負けたくない理由がもう一つある。あこがれてきた十種競技の中村明彦(スズキ)が今季限りで引退を表明。これが一緒に戦う最後の日本選手権だった。20、21年と男女優勝を果たしてきた2人。初日を終えてその思いを聞くと、思わず目頭を熱くした。 18年から大会4連覇。21年には5975点の日本記録を樹立した。今年2月のアジア室内選手権(五種競技)では銅メダルを獲得している。第一人者として牽引してきたが、「もっともっと、底上げしていかないと。女子の他の種目に負けないように」と、自身の成長とともに、日本の七種競技全体のレベルアップも願っている。 「もし出場できたら、アジア選手権、アジア大会で優勝争いをしたいです」 アジア大会は18年に出場して3位。「海外の試合のほうが楽しめますし、チャレンジャーとして挑めます」。5度目の日本一を引っさげ、再びアジアの頂点に挑戦する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top