HOME 国内

2023.06.11

七種競技・大玉華鈴が涙の2位「悔しい気持ちで一杯」/日本選手権混成
七種競技・大玉華鈴が涙の2位「悔しい気持ちで一杯」/日本選手権混成

2位となり涙を浮かべた大玉華鈴

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場)

第107回日本選手権・混成競技が行われ、女子七種競技は大玉華鈴(日体大SMG横浜)が5720点の自己新で2位に入った。この記録は日本歴代5位にランクインする好記録だった。

広告の下にコンテンツが続きます

これまでのベスト(5633点)を大幅に更新する自己新。それでも、「悔しい気持ちで一杯です」。800mの後は涙があふれて止まらなかった。

初日を3435点のトップで折り返していた大玉。「カギになる」と語っていた走幅跳で5m75(+2.2)をマークした。やり投でも種目別トップの44m27。ここで再び首位に立った。

800mを得意とする日本記録保持者・山﨑有紀(スズキ)を追いかけ、約4秒差以内で抑えれば勝利が見えるところ。それでも、これまで4度優勝を誇る貫禄で突き放された。「残り1周を切って、バックストレートあたりで身体が固まってしまった」。

『日本一』にずっと焦がれてきた。中学時代は四種競技で2位。山口・西京高3年時のインターハイ七種競技でも2位。いずれも良き友でライバルだった大野優衣を前にタイトルを逃している。

広告の下にコンテンツが続きます

日体大1年目にアジア・ジュニア選手権を優勝し、日本インカレは3連覇。それでも「学生ではなく本当の日本一を取りたい」。学生の域だけで満足せずに上を目指してきたのは、中学の頃からあこがれてきたヘンプヒル恵(アトレ)、そして日本選手権を18年から4連覇している山﨑の存在があったから。

日本選手権では19年に4位になって以降、2位、2位、3位。2人の強さの前に「やっぱり勝てないのか」と、どこか一線を引いてしまっている様子が見られた時期もあった。しかし、昨年からこんな言葉が出るようになった。「あこがれているからこそ、2人に勝ちたい」。

日本一はお預けとなったが、「全体のアベレージが上がってきました。大幅自己新で優勝争いができたのは大きな成長だと思います。取りこぼしもあったので、5800、5900点が見えてきました」と、これから先を見据えるにあたり、大きな収穫を得た。

「優勝したい気持ちは今まで以上に強くなっています。簡単ではないですが、これからも日本一を目指していきたい」

広告の下にコンテンツが続きます

いつも笑顔の大玉が見せた大粒の涙。この悔しさが、さらなる成長を後押しする。

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場) 第107回日本選手権・混成競技が行われ、女子七種競技は大玉華鈴(日体大SMG横浜)が5720点の自己新で2位に入った。この記録は日本歴代5位にランクインする好記録だった。 これまでのベスト(5633点)を大幅に更新する自己新。それでも、「悔しい気持ちで一杯です」。800mの後は涙があふれて止まらなかった。 初日を3435点のトップで折り返していた大玉。「カギになる」と語っていた走幅跳で5m75(+2.2)をマークした。やり投でも種目別トップの44m27。ここで再び首位に立った。 800mを得意とする日本記録保持者・山﨑有紀(スズキ)を追いかけ、約4秒差以内で抑えれば勝利が見えるところ。それでも、これまで4度優勝を誇る貫禄で突き放された。「残り1周を切って、バックストレートあたりで身体が固まってしまった」。 『日本一』にずっと焦がれてきた。中学時代は四種競技で2位。山口・西京高3年時のインターハイ七種競技でも2位。いずれも良き友でライバルだった大野優衣を前にタイトルを逃している。 日体大1年目にアジア・ジュニア選手権を優勝し、日本インカレは3連覇。それでも「学生ではなく本当の日本一を取りたい」。学生の域だけで満足せずに上を目指してきたのは、中学の頃からあこがれてきたヘンプヒル恵(アトレ)、そして日本選手権を18年から4連覇している山﨑の存在があったから。 日本選手権では19年に4位になって以降、2位、2位、3位。2人の強さの前に「やっぱり勝てないのか」と、どこか一線を引いてしまっている様子が見られた時期もあった。しかし、昨年からこんな言葉が出るようになった。「あこがれているからこそ、2人に勝ちたい」。 日本一はお預けとなったが、「全体のアベレージが上がってきました。大幅自己新で優勝争いができたのは大きな成長だと思います。取りこぼしもあったので、5800、5900点が見えてきました」と、これから先を見据えるにあたり、大きな収穫を得た。 「優勝したい気持ちは今まで以上に強くなっています。簡単ではないですが、これからも日本一を目指していきたい」 いつも笑顔の大玉が見せた大粒の涙。この悔しさが、さらなる成長を後押しする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top