HOME 海外

2023.06.11

棒高跳オビエナがアジア人初の6m到達!屋外で史上24人目、昨年の世界陸上銅メダル
棒高跳オビエナがアジア人初の6m到達!屋外で史上24人目、昨年の世界陸上銅メダル

棒高跳のオビエナ(フィリピン)

6月10日ノルウェーで行われたベルゲン・ジャンプ・チャレンジ2023の男子棒高跳で大記録が誕生した。

フィリピンのE.J.オビエナが6m00をクリア。アジア人初の大台到達で優勝を果たした。最初の高さだった5m53は2回目での成功だったが、その後は5m76、82を1回で跳ぶ。5m88は1回目失敗のあとパスを選択。5m94を1回で成功させた。

広告の下にコンテンツが続きます

そして挑んだ6m00を1回でクリア。6m06は失敗に終わったが、K.C.ライトフット(米国)、S.ケンドリックス(米国)、P.リセク(ポーランド)といった並み居る強豪を抑えた。

オビエナは27歳で、父も元棒高跳のフィリピン代表。21年9月に29年ぶりのアジア新となる5m93に成功。昨年はオレゴン世界選手権で5m94の自己新で銅メダルを獲得すると、9月のダイヤモンドリーグ・ブリュッセル大会で優勝している。

6mオーバーはオビエナが史上24人目(屋外)で、アジアでは初の快挙となる。

6月10日ノルウェーで行われたベルゲン・ジャンプ・チャレンジ2023の男子棒高跳で大記録が誕生した。 フィリピンのE.J.オビエナが6m00をクリア。アジア人初の大台到達で優勝を果たした。最初の高さだった5m53は2回目での成功だったが、その後は5m76、82を1回で跳ぶ。5m88は1回目失敗のあとパスを選択。5m94を1回で成功させた。 そして挑んだ6m00を1回でクリア。6m06は失敗に終わったが、K.C.ライトフット(米国)、S.ケンドリックス(米国)、P.リセク(ポーランド)といった並み居る強豪を抑えた。 オビエナは27歳で、父も元棒高跳のフィリピン代表。21年9月に29年ぶりのアジア新となる5m93に成功。昨年はオレゴン世界選手権で5m94の自己新で銅メダルを獲得すると、9月のダイヤモンドリーグ・ブリュッセル大会で優勝している。 6mオーバーはオビエナが史上24人目(屋外)で、アジアでは初の快挙となる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top