HOME 国内

2023.06.07

日本が男子4×100mR制す! 女子3000m水本佳菜も金 400mH紺野稜真は自己新/U20アジア選手権
日本が男子4×100mR制す! 女子3000m水本佳菜も金 400mH紺野稜真は自己新/U20アジア選手権

U20アジア選手権男子400mHで自己新の49秒91をマークした紺野稜真

【動画】日本がアクシデント乗り越えV!男子4×100mRのレースをチェック!

◇第20回U20アジア選手権(6月4日~7日/韓国・醴泉)3日目 U20アジア選手権の3日目が行われ、男子4×100mリレーでは日本が39秒76で優勝を飾った。 日本は200mに出場を予定していた木村峻也(日大)と高須楓翔(早大)が大会前直前に故障のため欠場したこともあり、当初予定していたオーダーを大幅に変更。100mでメダルを獲得した成島陽紀(東洋大)と黒木海翔(東福岡高)を1、2走に置き、前半から逃げ切る作戦で挑んだ。 成島はスタートから勢いよく飛び出すと、トップで黒木にバトンパス。黒木はさらにリードを広げ、3走の関口裕太(早大)も華麗なコーナーワークで4走へとつなぐ。急きょアンカーの大役を任された渡邉瑛斗(筑波大)は棒高跳が専門とあって、他チームに詰め寄られたものの、見事に逃げ切り。18年岐阜大会に続き2大会連続での金メダルとなった。 4人が出場した女子3000mは水本佳菜(エディオン)が中盤で抜け出し、9分16秒93で圧勝。男子400mハードルの紺野稜真(筑波大)は、49秒91と自身初の49秒台で銀メダルを獲得したほか、女子七種競技の林美希(中京大中京高)も5095点で2位。男子10000m競歩の下池将多郎(順大)は44分05秒50で3位に入った。 日本勢はここまで、10の金メダルを獲得。最終日には男子3000mで金メダルを獲得している長嶋幸宝(旭化成)が5000mとの2冠に挑戦するほか、男女1500mなどでも決勝が行われる。 ※一部記事を修正しました

【動画】日本がアクシデント乗り越えV!男子4×100mRのレースをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

NEWS 編集部コラム「音楽と運動」

2024.05.24

編集部コラム「音楽と運動」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 【選手名鑑】髙橋 和生

2024.05.24

【選手名鑑】髙橋 和生

髙橋 和生 TAKAHASHI KAZUKI ADワークスグループ 1996年6月17日 水沢中(岩手)→花巻北高(岩手)→早大 20kmW:1.19.01(24年) ■代表歴 オリンピック(24パリ) 【年度別ベスト】 […]

NEWS 【選手名鑑】鈴木 優花

2024.05.24

【選手名鑑】鈴木 優花

鈴木 優花 SUZUKI YUKA SNS: 第一生命グループ 1999年9月14日 中仙中(秋田)→大曲高(秋田)→大東大 自己ベスト 5000m:15.30.14(22年) 10000m:31.37.88(19年) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top