HOME 国内

2023.05.06

やり投・﨑山雄太が日本歴代5位の83m54!!3度目大台で「行ったと思った」/木南記念
やり投・﨑山雄太が日本歴代5位の83m54!!3度目大台で「行ったと思った」/木南記念

23年木南記念で日本歴代5位の83m54を出した﨑山雄太

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

日本グランプリシリーズG1の木南記念が行われ、男子やり投は﨑山雄太(愛媛陸協)が83m54の大会新記録で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

会心の一投だった。「やるべきことをやろうと思った」と﨑山。「やりを上下動させないこと」と「クロスステップで左が強くなり過ぎないように」。全体的に「8割くらい」の力感で投げた。

バチッとハマった一投は、これまで80mを2度投げているが初めて「行ったと思った」と振り返る。試合前には「どんなイメージで、どんな軌道で、どこまで飛ばすかイメージした」。

日本歴代5位のビッグスロー。自他共に認めるポテンシャルを秘めていた﨑山は、中学まで野球部ながら姉の影響で高校から陸上に。高校時代は61m06がベストで、同学年の森秀や石山歩の影に隠れる存在だった。しかし、主要大会のタイトルはないものの、日大に進学後は1年目に74m11をスロー。4年時には75m61を投げている。社会人1年目の19年に初めて大台到達となる80m14を投げた。

一方で、そのポテンシャルがあるがゆえに度々、ケガに泣かされた。大学時代には腰椎分離症に苦しみ、東京五輪前には左足首の付け根を痛めた。五輪への挑戦が終わった21年日本選手権後に足首を手術。昨年5月に80m51を投げた時にようやく「ブロックができた」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

同じ環境にいた小椋健司(エイジェックスポーツマネジメント)や北口榛花(JAL)が世界に飛び立つ中で、「自分のほうが行けるのに、という思いがずっとありました。それを発揮できない悔しさのほうが大きかった」。今季はフィジカルよりも技術の安定に注力したのに加えて、精神的にも成長したことが好記録につながっている。

これでようやく本当の意味で「世界」を公言できるところまできた。「年齢的にもいいところに入っているので、世界を狙っていきたい」。まだ2回目以降に記録を伸ばせなかったこともあり、「安定して80mを投げられるように」と課題に挙げる。

誰もが認めるポテンシャルをついに発揮した﨑山。女子に負けじと、日本の伝統とも言える男子やり投を盛り上げる一人に躍り出た。

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 日本グランプリシリーズG1の木南記念が行われ、男子やり投は﨑山雄太(愛媛陸協)が83m54の大会新記録で優勝した。 会心の一投だった。「やるべきことをやろうと思った」と﨑山。「やりを上下動させないこと」と「クロスステップで左が強くなり過ぎないように」。全体的に「8割くらい」の力感で投げた。 バチッとハマった一投は、これまで80mを2度投げているが初めて「行ったと思った」と振り返る。試合前には「どんなイメージで、どんな軌道で、どこまで飛ばすかイメージした」。 日本歴代5位のビッグスロー。自他共に認めるポテンシャルを秘めていた﨑山は、中学まで野球部ながら姉の影響で高校から陸上に。高校時代は61m06がベストで、同学年の森秀や石山歩の影に隠れる存在だった。しかし、主要大会のタイトルはないものの、日大に進学後は1年目に74m11をスロー。4年時には75m61を投げている。社会人1年目の19年に初めて大台到達となる80m14を投げた。 一方で、そのポテンシャルがあるがゆえに度々、ケガに泣かされた。大学時代には腰椎分離症に苦しみ、東京五輪前には左足首の付け根を痛めた。五輪への挑戦が終わった21年日本選手権後に足首を手術。昨年5月に80m51を投げた時にようやく「ブロックができた」と言う。 同じ環境にいた小椋健司(エイジェックスポーツマネジメント)や北口榛花(JAL)が世界に飛び立つ中で、「自分のほうが行けるのに、という思いがずっとありました。それを発揮できない悔しさのほうが大きかった」。今季はフィジカルよりも技術の安定に注力したのに加えて、精神的にも成長したことが好記録につながっている。 これでようやく本当の意味で「世界」を公言できるところまできた。「年齢的にもいいところに入っているので、世界を狙っていきたい」。まだ2回目以降に記録を伸ばせなかったこともあり、「安定して80mを投げられるように」と課題に挙げる。 誰もが認めるポテンシャルをついに発揮した﨑山。女子に負けじと、日本の伝統とも言える男子やり投を盛り上げる一人に躍り出た。

男子やり投日本歴代10傑をチェック!

87.60 溝口 和洋(ゴールドウイン) 1989. 5.27 86.83 新井 涼平(スズキ浜松AC) 2014.10.21 85.96 村上 幸史(スズキ浜松AC) 2013. 4.29 84.28 ディーン元気(早大3)    2012. 4.29 83.54 﨑山 雄太(愛媛陸協)    2023. 5. 6 82.52 小南 拓人(染めQ)     2021. 4.29 81.84 吉田 雅美(大京)      1990. 7.10 81.73 寒川建之介(奈良陸協)    2020. 7.18 81.63 小椋 健司(栃木スポ協)   2021. 6. 6 81.55 長谷川鉱平(福井陸協)    2016. 5.21

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top