【トピックス】ミズノが高反発素材を使ったシューズ「WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)」を発表

【トピックス】
ミズノが高反発素材を使ったシューズ
「WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)」を発表

ミズノは7月1日にオンラインでのメディア向け発表会を開催し、長距離ランナーに向けたランニングシューズ「WAVE DUEL」シリーズのトップモデルとして「WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)」を7月中旬から販売することを発表した。

ミズノが7月中旬に発売する「WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)」

これはミズノが独自に開発した高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY LITE(ミズノエナジーライト)』を採用したもので、「走り方(フォーム)を変えずに、今まで以上に地面からの反発力が得られるシューズ」がコンセプト。今年1月の箱根駅伝ではこのシューズのプロトタイプを履いた創価大の嶋津雄大が10区で区間新記録を樹立し、話題となっていた。

『MIZUNO ENERZY』は、柔らかさによって溜めた接地時のエネルギーを、ロスを少なく反発させるミズノ独自の新素材。約2年をかけた開発では用具開発を通して培った反発性に関する知見が活用されている。
『MIZUNO ENERZY CORE(コア)』……ラバー
『MIZUNO ENERZY LITE(ライト)』……ナイロン系エラストマー
『MIZUNO ENERZY』……EVAベース
の3タイプで構成され、最上位タイプの『MIZUNO ENERZY CORE』は、従来のソール素材であるU4ic(ユーフォリック)と比較して反発性が約56%、柔らかさが約293%向上している(※)。
※鉛直方向に圧縮したときの反発性の比較(自社比)。材料性能のみを比較した自社比較数値

「WAVE DUEL NEO」は、U4icよりも反発性が約35%、柔らかさが約22%向上した『MIZUNO ENERZY LITE』と、踵から前足部まで延びて安定性と反発力をもらたすウエーブプレートを組み合わせた構造となっている。重さは26.0cmで約185g。価格は25,300円(税込)。

「WAVE DUEL NEO」

アッパーがローカットの「WAVE DUEL NEO Low」も同時に発売され、こちらは26.0cmで約195g、20,900円(税込)。ソールの厚さはどちらも踵が23mm、前足部が14mm。

アッパーがローカットの「WAVE DUEL NEO Low」

また、新素材『MIZUNO ENERZY』を搭載したコンセプトモデル「THE MIZUNO ENERZY(ザミズノエナジー)」が7月1日にミズノ直営店や公式オンラインショップなどでグローバル2000足限定で発売された。重さは27.0cmで約365g、価格は27,500円(税込)。

コンセプトモデルである「THE MIZUNO ENERZY(ザミズノエナジー)」

<関連リンク> ※ミズノのプレスリリース
新素材『MIZUNO ENERZY』搭載のランニングシューズ「WAVE DUEL NEO」発売
ミズノ史上最高の反発性 シューズ用 高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY』新開発(素材の詳細)

タグ: