HOME 国内

2022.12.21

来年1月の大阪国際女子マラソンに東京五輪代表・前田穂南、安藤友香らエントリー 3大会ぶり海外選手も招待
来年1月の大阪国際女子マラソンに東京五輪代表・前田穂南、安藤友香らエントリー 3大会ぶり海外選手も招待

2022年の大阪国際女子マラソン

■大阪国際女子マラソン招待選手(◎はMGC獲得)
チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒)
ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒)
メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒)
安藤友香(ワコール/2時間21分36秒)◎
佐藤早也伽(積水化学/2時間22分13秒)◎
上杉真穂(スターツ/2時間22分29秒)◎
前田穂南(天満屋/2時間23分30秒) 棄権
山口 遥(AC・KITA/2時間26分35秒)◎
池田千晴(日立/2時間26分50秒)
アリス・ライト(英国/2時間29分08秒)
筒井咲帆(ヤマダホールディングス/初)
吉川侑美(ユニクロ/初)

来年1月29日に行われる第42回大阪国際女子マラソンの記者発表が開かれ、招待選手が発表された。同大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズのG1で、パリ五輪選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC/23年10月15日:東京)の出場権獲得の対象大会。 国内からは東京五輪代表の前田穂南(天満屋)のほか、安藤友香(ワコール)、佐藤早也伽(積水化学)ら8名が名を連ねる。 前田は東京五輪の後に右踵を疲労骨折。五輪以来、1年5ヵ月ぶりのフルマラソンとなるが、「東京五輪は悔しい思いがありました。パリ五輪で勝負したい」とコメントを寄せ、MGC出場権を狙う。 東京五輪には10000mで出場した安藤は、「本職のマラソンで代表を取りたい」と話し、大阪国際女子では「挑戦者としてどこまでやれるか」と意気込んでいる。 また、3大会ぶりに海外選手も招待。マウリーン・チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒)、ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒)、メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒)、アリス・ライト(英国/2時間29分08秒)の4人がエントリーしている。 ネクストヒロイン枠には大東優奈(天満屋)や矢尾桃子(関西外大)ら4人が登録。また、準招待選手として北京世界選手権代表の前田彩里(ダイハツ)らがエントリー。前田は2年前に出産を経てこれが母となって初のフルマラソンとなる。 今回、12年ぶりにコース変更。20kmすぎの長堀通りで高低差18mのアップダウンがあるものの、折り返しがなくなり、「より記録が出やすく、速いスピードを守れるコース」(大阪陸協・竹内章専務理事)になった。日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは「日本記録(2時間19分12秒)近くまでいってほしい」と期待を寄せている。 従来、発着点だったヤンマースタジアム長居の改修工事に伴い、付設のヤンマーフィールド長居が発着点となっている。今大会から世界陸連(WA)のクラスで最高峰の「プラチナラベル」に認定された同大会。レースは1月29日、12時15分に号砲が鳴る。 次ページ 大阪国際女子マラソン招待選手
■大阪国際女子マラソン招待選手(◎はMGC獲得) チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒) ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒) メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒) 安藤友香(ワコール/2時間21分36秒)◎ 佐藤早也伽(積水化学/2時間22分13秒)◎ 上杉真穂(スターツ/2時間22分29秒)◎ 前田穂南(天満屋/2時間23分30秒) 棄権 山口 遥(AC・KITA/2時間26分35秒)◎ 池田千晴(日立/2時間26分50秒) アリス・ライト(英国/2時間29分08秒) 筒井咲帆(ヤマダホールディングス/初) 吉川侑美(ユニクロ/初)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

U20世界選手権日本代表をチェック! 男子 100m 西岡尚輝(東海大仰星高3大阪)、小室歩久斗(つくば秀英高3茨城) 200m 佐藤克樹(東京学館新潟高2新潟)、若菜敬(佐野高3栃木) 400m 大石亮太(浜松開誠館高 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

【動画】公開練習でハードルドリルを行った村竹 #パリ五輪 代表#村竹ラシッド(JAL)が練習を公開しました! pic.twitter.com/RY1oREfaZv — 月陸Online/月刊陸上競技 (@Ge […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top