HOME 国内

2022.12.14

「チームみんなでブダペスト世界選手権へ!!」 阿見ACシャークスのトリオが来季への意気込み語る
「チームみんなでブダペスト世界選手権へ!!」 阿見ACシャークスのトリオが来季への意気込み語る

東京都内で行なわれた「ブルックス」の新作シューズ発表イベントで来季への抱負などを語った阿見ACシャークスのトリオ。左から楠康成、飯島陸斗、グエン・アブラハム(南スーダン)

日本初にして唯一の陸上中距離プロチーム「阿見ACシャークス」のメンバーが12月14日、スポンサー契約をしている米国No.1ランニングシューズブランド「ブルックス」の新作発表イベントに出席し、今季の反省や来季への抱負などを語った。

今季はキャプテンの楠康成が3000m障害で日本選手権4位(8分25秒70=日本歴代9位)に入り、秋の国体で優勝。飯島陸斗は日本選手権1500mで2位を占め、翌月には自己ベストを一気に3秒も更新する3分38秒35をマーク。7月に新加入した1500m南スーダン代表のグエン・アブラハム(自己ベスト3分39秒70)がオレゴン世界選手権にも出場するなどの活躍をした。

楠は「やれることはやってのこの結果。自分としてはやり切った気持ちはある」と話したものの、日本選手権で上位に入った三浦龍司(順大)、青木涼真(Honda)、山口浩勢(愛三工業)の3名は世界の舞台に進出。それにあと一歩及ばなかった悔しさはあり、「自分の見たい〝景色〟を見られなかったですし、シャークスとして(自身と飯島は)世界に飛び出すことができなかった。新戦力のアブラハムが勢いをつけてくれた流れを来シーズンにつなげ、チームみんなでブダペスト(世界選手権)に進めるようにがんばっていきたい」と決意を新たにした。

飯島は「日本選手権2位という結果は良かったのですが、世界選手権を目指していたので、やはり『自分の取り組みが足りなかったかな』という思いはある。この冬は有酸素系のベースを地道に上げ、動きの課題も克服していきたい。日本の男子中距離もレベルが上がってきているので、その流れに乗りつつ、その中で勝ち抜くための自信をつけていきたい」と秘めたる闘志を覗かせた。

ブダペスト世界選手権の参加標準記録は3000m障害(出場枠36名)が8分15秒00、1500m(出場枠56名)は3分34秒20。ワールドランキングで進出できる目安もそれぞれ8分22秒00と3分35秒00とハイレベルではあるが、楠と飯島はその高みを目指していく。

3選手は12月22日から日本で初めて発売されるブルックスの中長距離用スパイクシューズの良さをアピールした

この日のランニングイベントでは、1月1日から発売される新作ランニングシューズ「HYPERION MAX」のほか、12月22日より日本で初めて発売されるブルックスの中長距離用スパイクシューズ、「ELMN8 7(エリミネト7)」(800m~3000m用/カーボンプレート入り)と「Wire8(ワイヤー8)」(3000m~10000m用)の2品番も紹介されたが、今年の日本選手権からひと足先に「ELMN8 7」を履いていた飯島は「このスパイクで自己ベストを3秒も短縮できました」ときっぱり。楠も「Wire8」で自己記録を塗り替えており、日本初の中距離プロチームの2人が、日本初上陸のブルックス製スパイクの良さをアピールしていた。

日本初にして唯一の陸上中距離プロチーム「阿見ACシャークス」のメンバーが12月14日、スポンサー契約をしている米国No.1ランニングシューズブランド「ブルックス」の新作発表イベントに出席し、今季の反省や来季への抱負などを語った。 今季はキャプテンの楠康成が3000m障害で日本選手権4位(8分25秒70=日本歴代9位)に入り、秋の国体で優勝。飯島陸斗は日本選手権1500mで2位を占め、翌月には自己ベストを一気に3秒も更新する3分38秒35をマーク。7月に新加入した1500m南スーダン代表のグエン・アブラハム(自己ベスト3分39秒70)がオレゴン世界選手権にも出場するなどの活躍をした。 楠は「やれることはやってのこの結果。自分としてはやり切った気持ちはある」と話したものの、日本選手権で上位に入った三浦龍司(順大)、青木涼真(Honda)、山口浩勢(愛三工業)の3名は世界の舞台に進出。それにあと一歩及ばなかった悔しさはあり、「自分の見たい〝景色〟を見られなかったですし、シャークスとして(自身と飯島は)世界に飛び出すことができなかった。新戦力のアブラハムが勢いをつけてくれた流れを来シーズンにつなげ、チームみんなでブダペスト(世界選手権)に進めるようにがんばっていきたい」と決意を新たにした。 飯島は「日本選手権2位という結果は良かったのですが、世界選手権を目指していたので、やはり『自分の取り組みが足りなかったかな』という思いはある。この冬は有酸素系のベースを地道に上げ、動きの課題も克服していきたい。日本の男子中距離もレベルが上がってきているので、その流れに乗りつつ、その中で勝ち抜くための自信をつけていきたい」と秘めたる闘志を覗かせた。 ブダペスト世界選手権の参加標準記録は3000m障害(出場枠36名)が8分15秒00、1500m(出場枠56名)は3分34秒20。ワールドランキングで進出できる目安もそれぞれ8分22秒00と3分35秒00とハイレベルではあるが、楠と飯島はその高みを目指していく。 [caption id="attachment_88800" align="alignnone" width="800"] 3選手は12月22日から日本で初めて発売されるブルックスの中長距離用スパイクシューズの良さをアピールした[/caption] この日のランニングイベントでは、1月1日から発売される新作ランニングシューズ「HYPERION MAX」のほか、12月22日より日本で初めて発売されるブルックスの中長距離用スパイクシューズ、「ELMN8 7(エリミネト7)」(800m~3000m用/カーボンプレート入り)と「Wire8(ワイヤー8)」(3000m~10000m用)の2品番も紹介されたが、今年の日本選手権からひと足先に「ELMN8 7」を履いていた飯島は「このスパイクで自己ベストを3秒も短縮できました」ときっぱり。楠も「Wire8」で自己記録を塗り替えており、日本初の中距離プロチームの2人が、日本初上陸のブルックス製スパイクの良さをアピールしていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top