HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.11.25

箱根駅伝エントリー候補選手は!?12月10日に16人登録…本番までの流れをおさらい!
箱根駅伝エントリー候補選手は!?12月10日に16人登録…本番までの流れをおさらい!

来年1月2、3日に行われる第99回箱根駅伝。出場するのは前回大会でシード権を獲得した上位10校と、10月15日に立川で行われた予選会で出場権を勝ち取った10校、そして関東学生連合の21チームが出場する。

全チームが出そろい、ここから来年の正月に向けて合宿などを積み、チーム内でのメンバー争いは激化。残り1ヵ月と少し。ここから正月に向けて仕上げに入っていく。

例年のスケジュールを元に本大会まで流れをおさらいする。まず12月10日(土)にチームエントリー16名以内が決定。順当にメンバー入りする選手もいれば、予想外にメンバー外となる主力など、チームの現状によって変わるだろう。各校の監督たちはランナーたちの調子や5、6区の山要員など適性を見極めてメンバー入りさせてくる。

12月29日(木)に区間エントリーが発表。例年通りであれば1月2日の朝6時50分にメンバー変更最終受付となる。なお、前々回大会から正選手と補員選手の入れ替えが6人まで可能となり、1日最大4名までとなっている。

箱根駅伝2023エントリー候補選手名鑑はこちらでチェックできる。

●箱根駅伝までのスケジュールは以下の通り。
12月10日(土) チームエントリー(16名以内)

12月29日(木) 区間エントリー(正競技者10名、補欠競技者6名以内)

1月2日(月祝)6:50 メンバー変更最終受付
8:00 往路スタート(大手町)

1月3日(火)6:50 メンバー変更最終受付
8:00 復路スタート(芦ノ湖)

12月10日に発表されるチームエントリーに大きな注目が集まる。

前回、圧巻の大会記録で2年ぶりに王座を奪還した青学大。近藤幸太郎や岸本大紀、中村唯翔、中倉啓敦ら「最強世代」の呼び声高い4年生から何人がエントリーするか。昨年の5区を務めた若林宏樹(2年)らの動向も気になるところ。

出雲駅伝、全日本大学駅伝を制して学生駅伝3冠が懸かる駒大は、大エース・田澤廉(4年)や主将の山野力のほか、復活した鈴木芽吹や花尾恭輔、安原太陽ら3年生、スーパールーキーの佐藤圭汰など、充実の選手層を誇る。16人に入るのも大変なほどだ。

前回2位の順大は伊豫田達弥や四釜峻佑ら強力4年生に、3000m障害日本記録保持者の三浦龍司(3年)も往路の主要区間を担いそうだ。出雲・全日本で2位の國學院大も、平林清澄や山本歩夢という2年生コンビなどで初優勝を目指す史上最強布陣になりそう。

東洋大は松山和希(3年)や石田洸介、梅崎蓮(以上2年)など力のあるランナーが万全なら前回4位以上の結果もあり得る。中大の吉居大和(3年)、東海大の石原翔太郎(3年)ら各校のエースも順当にメンバー入りしそう。

エントリー候補選手を見ながらベストオーダーを考えるのも楽しみの一つ。各校のエースが何区に入るか。トラックやタイム面で目立たなかった選手や1年生がエントリーすると「山候補?」などなど、想像は膨らむ。

99回目を迎える箱根路はどんなドラマが待っているか。まずは16人のエントリーを待つ。

第99回(2023年)箱根駅伝 出場チーム選手名鑑

来年1月2、3日に行われる第99回箱根駅伝。出場するのは前回大会でシード権を獲得した上位10校と、10月15日に立川で行われた予選会で出場権を勝ち取った10校、そして関東学生連合の21チームが出場する。 全チームが出そろい、ここから来年の正月に向けて合宿などを積み、チーム内でのメンバー争いは激化。残り1ヵ月と少し。ここから正月に向けて仕上げに入っていく。 例年のスケジュールを元に本大会まで流れをおさらいする。まず12月10日(土)にチームエントリー16名以内が決定。順当にメンバー入りする選手もいれば、予想外にメンバー外となる主力など、チームの現状によって変わるだろう。各校の監督たちはランナーたちの調子や5、6区の山要員など適性を見極めてメンバー入りさせてくる。 12月29日(木)に区間エントリーが発表。例年通りであれば1月2日の朝6時50分にメンバー変更最終受付となる。なお、前々回大会から正選手と補員選手の入れ替えが6人まで可能となり、1日最大4名までとなっている。 箱根駅伝2023エントリー候補選手名鑑はこちらでチェックできる。 ●箱根駅伝までのスケジュールは以下の通り。 12月10日(土) チームエントリー(16名以内) ↓ 12月29日(木) 区間エントリー(正競技者10名、補欠競技者6名以内) ↓ 1月2日(月祝)6:50 メンバー変更最終受付 8:00 往路スタート(大手町) ↓ 1月3日(火)6:50 メンバー変更最終受付 8:00 復路スタート(芦ノ湖) 12月10日に発表されるチームエントリーに大きな注目が集まる。 前回、圧巻の大会記録で2年ぶりに王座を奪還した青学大。近藤幸太郎や岸本大紀、中村唯翔、中倉啓敦ら「最強世代」の呼び声高い4年生から何人がエントリーするか。昨年の5区を務めた若林宏樹(2年)らの動向も気になるところ。 出雲駅伝、全日本大学駅伝を制して学生駅伝3冠が懸かる駒大は、大エース・田澤廉(4年)や主将の山野力のほか、復活した鈴木芽吹や花尾恭輔、安原太陽ら3年生、スーパールーキーの佐藤圭汰など、充実の選手層を誇る。16人に入るのも大変なほどだ。 前回2位の順大は伊豫田達弥や四釜峻佑ら強力4年生に、3000m障害日本記録保持者の三浦龍司(3年)も往路の主要区間を担いそうだ。出雲・全日本で2位の國學院大も、平林清澄や山本歩夢という2年生コンビなどで初優勝を目指す史上最強布陣になりそう。 東洋大は松山和希(3年)や石田洸介、梅崎蓮(以上2年)など力のあるランナーが万全なら前回4位以上の結果もあり得る。中大の吉居大和(3年)、東海大の石原翔太郎(3年)ら各校のエースも順当にメンバー入りしそう。 エントリー候補選手を見ながらベストオーダーを考えるのも楽しみの一つ。各校のエースが何区に入るか。トラックやタイム面で目立たなかった選手や1年生がエントリーすると「山候補?」などなど、想像は膨らむ。 99回目を迎える箱根路はどんなドラマが待っているか。まずは16人のエントリーを待つ。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/2022-23ekiden/99hakone_ekiden

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top