HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.15

大東大がトップで復活!上野監督率いる立教大が55年ぶり箱根路!/箱根駅伝予選会
大東大がトップで復活!上野監督率いる立教大が55年ぶり箱根路!/箱根駅伝予選会

城西大が3位通過した箱根駅伝予選会の様子

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。

全体トップ通過を果たしたのは大東大で、真名子圭・新監督のもと4年ぶりに本戦復帰を果たした。大きなサプライズは立教大で、6位に入って55年ぶりの出場。上野裕一郎監督が指揮官として箱根路に戻ってくる。

上野監督は「胴上げされる日がくるとは思わなかった。選手たちがつらい練習、日々の生活を大学生らしくやってくれたからこそ本戦出場。全部員のお陰」と涙し、「シード権を取れるように明日からやっていきたい」と感慨に浸った。

明大が2位通過。3位に入った城西大が2年ぶりに本戦復帰、4位に早大、5位に日体大が続く。東海大は9位通過。10位が国士大で次点の神奈川大とは34秒差だった。

■第99回箱根駅伝 予選会上位成績
1位 大東大    10時間40分39秒
2位 明大     10時間41分41秒
3位 城西大    10時間42分09秒
4位 早大     10時間42分29秒
5位 日体大    10時間43分34秒
6位 立大     10時間46分18秒
7位 山梨学大   10時間46分55秒
8位 専大     10時間46分56秒
9位 東海大    10時間47分03秒
10位 国士大    10時間48分55秒
11位 神奈川大   10時間49分29秒
12位 中央学大   10時間51分25秒
13位 日大     10時間52分02秒
14位 麗澤大    10時間52分40秒
15位 筑波大    10時間53分50秒
16位 日本薬大   10時間55分00秒
17位 東農大    10時間55分01秒
18位 拓大     10時間55分44秒
19位 駿河台大   10時間56分07秒
20位 芝浦工大   10時間59分27秒
21位 上武大    11時間02分29秒
22位 明治学大   11時間02分49秒
23位 育英大    11時間03分36秒
24位 亜細亜大   11時間04分06秒
25位 関東学大   11時間06分30秒
26位 慶大     11時間07分02秒
27位 桜美林大   11時間08分23秒
28位 東経大    11時間08分49秒
29位 平成国際大  11時間12分53秒
30位 流経大    11時間15分58秒
31位 立正大    11時間18分18秒
32位 武蔵野学大  11時間24分54秒
33位 湘南工大   11時間31分47秒
34位 東大院    11時間35分18秒
35位 東大     11時間50分04秒
36位 清和大    11時間58分36秒
37位 東工大    12時間04分04秒
38位 帝京平成大  12時間08分14秒
39位 東理大    12時間35分36秒
40位 高崎経大   12時間38分08秒
41位 成蹊大    12時間41分49秒
   一橋大    記録なし
   埼玉大    記録なし

■箱根駅伝2023出場校
青山学院大学    14年連続27回目
順天堂大学    11年連続63回目
駒澤大学     56年連続56回目
東洋大学      20年連続80回目
東京国際大学    5年連続6回目
中央大学     5年連続95回目
創価大学       3年連続5回目
國學院大学    6年連続15回目
帝京大学      15年連続23回目
法政大学     7年連続82回目
大東文化大学   4年ぶり51回目
明治大学     5年連続64回目
城西大学     2年ぶり17回目
早稲田大学    47年連続92回目
日本体育大学   75年連続75回目
立教大学     55年ぶり28回目
山梨学院大学   3年連続36回目
専修大学     3年連続71回目
東海大学     10年連続50回目
国士舘大学    7年連続51回目

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。 全体トップ通過を果たしたのは大東大で、真名子圭・新監督のもと4年ぶりに本戦復帰を果たした。大きなサプライズは立教大で、6位に入って55年ぶりの出場。上野裕一郎監督が指揮官として箱根路に戻ってくる。 上野監督は「胴上げされる日がくるとは思わなかった。選手たちがつらい練習、日々の生活を大学生らしくやってくれたからこそ本戦出場。全部員のお陰」と涙し、「シード権を取れるように明日からやっていきたい」と感慨に浸った。 明大が2位通過。3位に入った城西大が2年ぶりに本戦復帰、4位に早大、5位に日体大が続く。東海大は9位通過。10位が国士大で次点の神奈川大とは34秒差だった。 ■第99回箱根駅伝 予選会上位成績 1位 大東大    10時間40分39秒 2位 明大     10時間41分41秒 3位 城西大    10時間42分09秒 4位 早大     10時間42分29秒 5位 日体大    10時間43分34秒 6位 立大     10時間46分18秒 7位 山梨学大   10時間46分55秒 8位 専大     10時間46分56秒 9位 東海大    10時間47分03秒 10位 国士大    10時間48分55秒 11位 神奈川大   10時間49分29秒 12位 中央学大   10時間51分25秒 13位 日大     10時間52分02秒 14位 麗澤大    10時間52分40秒 15位 筑波大    10時間53分50秒 16位 日本薬大   10時間55分00秒 17位 東農大    10時間55分01秒 18位 拓大     10時間55分44秒 19位 駿河台大   10時間56分07秒 20位 芝浦工大   10時間59分27秒 21位 上武大    11時間02分29秒 22位 明治学大   11時間02分49秒 23位 育英大    11時間03分36秒 24位 亜細亜大   11時間04分06秒 25位 関東学大   11時間06分30秒 26位 慶大     11時間07分02秒 27位 桜美林大   11時間08分23秒 28位 東経大    11時間08分49秒 29位 平成国際大  11時間12分53秒 30位 流経大    11時間15分58秒 31位 立正大    11時間18分18秒 32位 武蔵野学大  11時間24分54秒 33位 湘南工大   11時間31分47秒 34位 東大院    11時間35分18秒 35位 東大     11時間50分04秒 36位 清和大    11時間58分36秒 37位 東工大    12時間04分04秒 38位 帝京平成大  12時間08分14秒 39位 東理大    12時間35分36秒 40位 高崎経大   12時間38分08秒 41位 成蹊大    12時間41分49秒    一橋大    記録なし    埼玉大    記録なし ■箱根駅伝2023出場校 青山学院大学    14年連続27回目 順天堂大学    11年連続63回目 駒澤大学     56年連続56回目 東洋大学      20年連続80回目 東京国際大学    5年連続6回目 中央大学     5年連続95回目 創価大学       3年連続5回目 國學院大学    6年連続15回目 帝京大学      15年連続23回目 法政大学     7年連続82回目 大東文化大学   4年ぶり51回目 明治大学     5年連続64回目 城西大学     2年ぶり17回目 早稲田大学    47年連続92回目 日本体育大学   75年連続75回目 立教大学     55年ぶり28回目 山梨学院大学   3年連続36回目 専修大学     3年連続71回目 東海大学     10年連続50回目 国士舘大学    7年連続51回目

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top