HOME 国内

2022.10.06

1走・坂井隆一郎、4走・多田修平の大阪が4継予選トップの39秒71/栃木国体
1走・坂井隆一郎、4走・多田修平の大阪が4継予選トップの39秒71/栃木国体

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)1日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、1日目に成年少年男子共通4×100mリレーの予選が行われた。3組に入った大阪が39秒71をマークして全体トップだった。

成年、少年A・Bから1人ずつ入れて編成される4継。豪華メンバーが高校生を牽引した。1走にオレゴン世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、そしてアンカーに東京五輪代表の多田修平(住友電工)。大阪を代表する2人のスプリンターが18年愛媛国体以来に顔をそろえた。

「少し寒かったですが、走り自体は悪くないです」と坂井。さすがの加速を見せたため、200mで21秒09を持つ2走の林申雅(大塚高3)でさえもバトンパスが詰まった。「安全バトン」(坂井)と渡すことに専念したという。

西岡尚輝(東海大仰星高1)からバトンを受けた多田。「みんな速くてリードを作ってくれました」。右ハムストリングスにやや張りがあったようで流したが、それでもダントツのフィニッシュ。「明日は大会記録(39秒13=東京、13年)を狙いたい」と語る。

3年ぶりの国体開催。「リラックスして楽しめる大会」と多田。高校生2人に対して「緊張しているようでしたが、自分から話しかけに行ったり、一緒に食事したり。いいチームになれればいいなと思います」と、積極的にコミュニケーションを図る。坂井も「国体は楽しめるイメージがあって、身体がきつくてもラストだから頑張れます」と言う。そうした雰囲気も国体ならでは。

坂井は100mも予定。全日本実業団対抗は不正スタートで失格だっただけに「元気です!5本あるので頑張ります。明日のリレーはタイムを狙いたい」と意気込む。3年ぶりの国体で、チーム大阪が主役になる。

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)1日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、1日目に成年少年男子共通4×100mリレーの予選が行われた。3組に入った大阪が39秒71をマークして全体トップだった。 成年、少年A・Bから1人ずつ入れて編成される4継。豪華メンバーが高校生を牽引した。1走にオレゴン世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、そしてアンカーに東京五輪代表の多田修平(住友電工)。大阪を代表する2人のスプリンターが18年愛媛国体以来に顔をそろえた。 「少し寒かったですが、走り自体は悪くないです」と坂井。さすがの加速を見せたため、200mで21秒09を持つ2走の林申雅(大塚高3)でさえもバトンパスが詰まった。「安全バトン」(坂井)と渡すことに専念したという。 西岡尚輝(東海大仰星高1)からバトンを受けた多田。「みんな速くてリードを作ってくれました」。右ハムストリングスにやや張りがあったようで流したが、それでもダントツのフィニッシュ。「明日は大会記録(39秒13=東京、13年)を狙いたい」と語る。 3年ぶりの国体開催。「リラックスして楽しめる大会」と多田。高校生2人に対して「緊張しているようでしたが、自分から話しかけに行ったり、一緒に食事したり。いいチームになれればいいなと思います」と、積極的にコミュニケーションを図る。坂井も「国体は楽しめるイメージがあって、身体がきつくてもラストだから頑張れます」と言う。そうした雰囲気も国体ならでは。 坂井は100mも予定。全日本実業団対抗は不正スタートで失格だっただけに「元気です!5本あるので頑張ります。明日のリレーはタイムを狙いたい」と意気込む。3年ぶりの国体で、チーム大阪が主役になる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top