HOME 国内、大学、高校

2022.10.03

日本選手権リレー男女4継・マイルで熱戦&高校新も誕生!国立がバトンでつながった2日間/リレフェス
日本選手権リレー男女4継・マイルで熱戦&高校新も誕生!国立がバトンでつながった2日間/リレフェス

◇みんなでつなごうリレーフェスティバル2022(10月1日~2日/国立競技場)

東京五輪の舞台・国立競技場で、誰でも気軽に参加できるリレーイベントとして開催された「みんなでつなごうリレーフェスティバル2022」。10月1日、2日とも秋晴れの中で日本選手権リレー、公認、非公認を含めて数多くのバトンパスが行われ、国立がバトンでつながる2日間となった。

広告の下にコンテンツが続きます

日本選手権リレーは男女とも熱戦が展開。4×100mリレーは、男子は大東大がチーム記録の39秒05で2018年以来2度目の優勝を果たし、東海大が39秒11で2位、早大が39秒33で3位だった。

女子は予選で学生歴代3位の44秒74をマークした甲南大が、決勝でもその記録をさらに0.02秒短縮する44秒72で初優勝を飾った。2位は45秒15で環太平洋大、3位は45秒27で日体大が続いた。

4×400mリレーの男子は、早大が2大会ぶりに王座を奪還。序盤から積極的に先手を取りに行くレースで抜け出し、3分05秒23で制した。女子は3週間前の日本インカレで2連覇を達成した立命大が3分37秒85で快勝し、2018年以来のリレー日本一をつかんだ。

男女とも2位は法大が入り、3走に400mハードル世界選手権代表の黒川和樹を起用した男子は3分06秒51、アンカーで一気に浮上した女子は学生歴代7位(大学別)の3分38秒43をマークした。3位は男子が近大で3分06秒93、女子は青学大で学生歴代8位(大学別)の3分38秒44だった。女子は4位の日体大(3分38秒54)を挟み、5位の中大が学生歴代9位(大学別)の3分38秒83、6位の福岡大が同10位の3分39秒04と好タイムを出した。

広告の下にコンテンツが続きます

高校生も躍動し、男子4×400mリレーでは5位に入った東福岡高(福岡)が3分07秒81の高校新記録を樹立。2003年のこの大会で成田高(千葉)が作った3分08秒32を19年ぶりに塗り替えた。同4×100mリレーではインターハイで2連覇を飾った洛南高(京都)が、同高が持つ高校記録(39秒57)に迫る好タイムを連発。予選は高校歴代2位の39秒62で1着通過、決勝は同3位となる39秒65で6位入賞を果たした。

女子も、4×400mリレー予選で中京大中京高(愛知)が学校別高校歴代4位の3分40秒49と好走。4×100mリレーでは2年生3人、1年生1人のオーダーで臨んだ常盤木学園高(宮城)が予選でU18日本記録(45秒94)にあと0.03秒の45秒97をマークし、決勝も5位と健闘した。

都道府県対抗で争われたU16の4×100mリレーは、男子は決勝に出場した全チームが42秒を切るハイレベルのなか、先行する千葉をフィニッシュ直前でかわした兵庫が41秒38で優勝した。千葉は0.01秒差で2位となり、3位は41秒55で埼玉だった。女子は北海道が46秒81で快勝し、広島が46秒97で2位、埼玉が46秒99で3位に続いた。

このほか、非公認の部では「誰でもチャレンジリレー」をはじめ部活動対抗、職場の同僚、競技団体対抗、200歳以上、家族対抗、仮装、小学生といったリレーに小さな子供から大人まで幅広い年齢の人たちが参加し、国立競技場を駆け抜けた。

広告の下にコンテンツが続きます

また、競歩の現役・歴代日本代表たちが考案した4×100mのウォーキングリレーや、オレゴン世界選手権で4位に入賞した男子4×400mリレーメンバーの川端魁人(中京大クラブ)らがバトンパスをレクチャーした後に実施した8×100mリレー、男子800m元日本記録保持者・横田真人氏が代表を務める中長距離プロチーム「TWOLAPS」がプロデュースした4×800mリレーなど、トップ選手も参加して大会の盛り上げに一役買った。

■日本選手権リレー優勝一覧
・4×100mR
男子 大東大 39秒05
女子 甲南大 44秒72
・4×400mR
男子 早 大 3分05秒23
女子 立命大 3分37秒85

■女子4×400mR 学生歴代10傑(大学別)
3.34.70 福島大 2007.10.28
(渡辺,丹野,青木,金田一)
3.36.38 日体大 2017.10.29
(小林,広沢,湯淺,北村)
3.36.67 東大阪大 2012.10.28
(上山,名倉,新宮,三木)
3.37.15 早大 2020.10.18
(村上,小山,関本,津川)
3.37.50 立命大 2018.10.28
(林,吉田,木本,塩見)
3.37.80 大阪成蹊大 2019. 9.15
(春木,柳谷,桑原,齋藤)
3.38.43 法大 2022.10.2
(川中,田橋,佐藤,熊谷)
3.38.44 青学大 2022.10.2
(金子,青木,ヒリアー,髙島)
3.38.83 中大 2022.10.2
(高島,佐藤,大島,松岡)
3.39.04 福岡大 2022.10.2
(森山,髙野,村岡,城戸)

◇みんなでつなごうリレーフェスティバル2022(10月1日~2日/国立競技場) 東京五輪の舞台・国立競技場で、誰でも気軽に参加できるリレーイベントとして開催された「みんなでつなごうリレーフェスティバル2022」。10月1日、2日とも秋晴れの中で日本選手権リレー、公認、非公認を含めて数多くのバトンパスが行われ、国立がバトンでつながる2日間となった。 日本選手権リレーは男女とも熱戦が展開。4×100mリレーは、男子は大東大がチーム記録の39秒05で2018年以来2度目の優勝を果たし、東海大が39秒11で2位、早大が39秒33で3位だった。 女子は予選で学生歴代3位の44秒74をマークした甲南大が、決勝でもその記録をさらに0.02秒短縮する44秒72で初優勝を飾った。2位は45秒15で環太平洋大、3位は45秒27で日体大が続いた。 4×400mリレーの男子は、早大が2大会ぶりに王座を奪還。序盤から積極的に先手を取りに行くレースで抜け出し、3分05秒23で制した。女子は3週間前の日本インカレで2連覇を達成した立命大が3分37秒85で快勝し、2018年以来のリレー日本一をつかんだ。 男女とも2位は法大が入り、3走に400mハードル世界選手権代表の黒川和樹を起用した男子は3分06秒51、アンカーで一気に浮上した女子は学生歴代7位(大学別)の3分38秒43をマークした。3位は男子が近大で3分06秒93、女子は青学大で学生歴代8位(大学別)の3分38秒44だった。女子は4位の日体大(3分38秒54)を挟み、5位の中大が学生歴代9位(大学別)の3分38秒83、6位の福岡大が同10位の3分39秒04と好タイムを出した。 高校生も躍動し、男子4×400mリレーでは5位に入った東福岡高(福岡)が3分07秒81の高校新記録を樹立。2003年のこの大会で成田高(千葉)が作った3分08秒32を19年ぶりに塗り替えた。同4×100mリレーではインターハイで2連覇を飾った洛南高(京都)が、同高が持つ高校記録(39秒57)に迫る好タイムを連発。予選は高校歴代2位の39秒62で1着通過、決勝は同3位となる39秒65で6位入賞を果たした。 女子も、4×400mリレー予選で中京大中京高(愛知)が学校別高校歴代4位の3分40秒49と好走。4×100mリレーでは2年生3人、1年生1人のオーダーで臨んだ常盤木学園高(宮城)が予選でU18日本記録(45秒94)にあと0.03秒の45秒97をマークし、決勝も5位と健闘した。 都道府県対抗で争われたU16の4×100mリレーは、男子は決勝に出場した全チームが42秒を切るハイレベルのなか、先行する千葉をフィニッシュ直前でかわした兵庫が41秒38で優勝した。千葉は0.01秒差で2位となり、3位は41秒55で埼玉だった。女子は北海道が46秒81で快勝し、広島が46秒97で2位、埼玉が46秒99で3位に続いた。 このほか、非公認の部では「誰でもチャレンジリレー」をはじめ部活動対抗、職場の同僚、競技団体対抗、200歳以上、家族対抗、仮装、小学生といったリレーに小さな子供から大人まで幅広い年齢の人たちが参加し、国立競技場を駆け抜けた。 また、競歩の現役・歴代日本代表たちが考案した4×100mのウォーキングリレーや、オレゴン世界選手権で4位に入賞した男子4×400mリレーメンバーの川端魁人(中京大クラブ)らがバトンパスをレクチャーした後に実施した8×100mリレー、男子800m元日本記録保持者・横田真人氏が代表を務める中長距離プロチーム「TWOLAPS」がプロデュースした4×800mリレーなど、トップ選手も参加して大会の盛り上げに一役買った。 ■日本選手権リレー優勝一覧 ・4×100mR 男子 大東大 39秒05 女子 甲南大 44秒72 ・4×400mR 男子 早 大 3分05秒23 女子 立命大 3分37秒85 ■女子4×400mR 学生歴代10傑(大学別) 3.34.70 福島大 2007.10.28 (渡辺,丹野,青木,金田一) 3.36.38 日体大 2017.10.29 (小林,広沢,湯淺,北村) 3.36.67 東大阪大 2012.10.28 (上山,名倉,新宮,三木) 3.37.15 早大 2020.10.18 (村上,小山,関本,津川) 3.37.50 立命大 2018.10.28 (林,吉田,木本,塩見) 3.37.80 大阪成蹊大 2019. 9.15 (春木,柳谷,桑原,齋藤) 3.38.43 法大 2022.10.2 (川中,田橋,佐藤,熊谷) 3.38.44 青学大 2022.10.2 (金子,青木,ヒリアー,髙島) 3.38.83 中大 2022.10.2 (高島,佐藤,大島,松岡) 3.39.04 福岡大 2022.10.2 (森山,髙野,村岡,城戸)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top