HOME 国内

2022.10.02

男子100m日本記録保持者・山縣亮太が現在地語る。「新しい走りにアップデートを」
男子100m日本記録保持者・山縣亮太が現在地語る。「新しい走りにアップデートを」

10月2日の「みんなでつなごうリレーフェスティバル」の2日目、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が、8月19日にアドバイザリースタッフ契約を締結したアシックスのサイン会に参加。その後に、自身の現在地と今後への思いを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

「右膝の手術をしてからほぼ1年。だいぶ走れるようになってきました。スピード的にマックスの負荷はまだかけていませんが、ウエイトトレーニングも走りも、強化と言えるレベルの練習ができています」

グラウンドでの練習を「この1~2週間で始めた」という段階だが、晴れやかなその表情に、着実な進歩がうかがえる。

昨年は9秒95の日本記録を樹立したが、3大会連続出場の東京五輪は100mが予選敗退。2走を務めた4×100mリレーは決勝で1走の多田修平(住友電工)からのバトンを受け取り切れず、途中棄権となった。

そして10月、数年の間悩まされてきた右膝の膝蓋腱炎の、根本的な解決を目指して手術を決断。左右差のあった身体をゼロから作り直す時間を取り、「思った以上に時間がかかったけど」ようやく新たな段階へと移る時期に入ったようだ。この1年という時間について、山縣は「必要な1年だったと思います」と語る。

広告の下にコンテンツが続きます

「ケガを直すという意味でも、新しい技術を習得するにしても、年齢もあるので時間がかかる。お陰で走りが大きく変わりました。技術的なところにじっくり向き合って、走りを変える取り組みを時間をかけてできたので、この1年は本当に大きかった。高野大樹コーチ、理学療法士をはじめたくさんの方々の協力を得ながらできたのは、本当に良かったです」

その取り組みの過程で、アシックスとの契約締結という大きなトピックスもあった。「もともと、一番最初に履いたスパイクシューズがアシックスさんのもの」だったそうだが、「今までの自分を超えたい」という思いがあったという。

「自分自身をさらに大きく飛躍させていく意味でも、新しい自分になりたい」

今後の自分の武器がどのシューズになるかは、まだ試行錯誤の段階。ただ、「自分の感覚に合うというのも大事だけど、自分が今、新しい走りを作り上げていくように、時間をかけてでもシューズに対して自分の足、感覚を慣らしていく、というふうに考えています」。

広告の下にコンテンツが続きます

この自身の感覚を、「製品開発にもつなげられれば」と語った山縣。さらに、大きな夢もある。

「競技でがんばるのはもちろんですが、スポーツの価値、スポーツ教育というものを前に進めるために、アシックスさんと一緒にやっていきたい。子供たちに本物のスパイクシューズを履いてもらう機会を作ってもらうのもいいですね。陸上のスパイクはなかなか触れる機会はないと思うので、そういうところから陸上のおもしろさを発信できればと思います。もっと大きな文脈で、『そもそもスポーツは価値があるものなのか』というところで、僕は『心と身体の健康』に良いものを与えると思っているので、そういった大きい意味での活動もしていきたい」

6月で30歳となり、キャリアの集大成の時期は確実に近づいている。だが、目指すところにブレはない。パリ五輪のファイナルに向けて、「やることは変わらない。1年1年、自分の走りをアップデートさせていくだけ」ときっぱり語る。

「(技術は目指しているところの)道半ばまで来ている。まだ完璧ではないけど、確実に前の自分とは走り方が変わってきています。身体の使い方も含めて、今までに僕が意識したことのなかった走りに目を向けていて、確実にできつつある。練習でも手応えを感じています。新しい走りになって、周りの人が見ても『あいつは決勝に残れそうだ』と思ってもらえるぐらいのインパクトのある、スケールの大きな走りができればと思っています」
長年、ライバルとして切磋琢磨してきた桐生祥秀(日本生命)も、今季は日本選手権後に休養。今、トラックから離れている2人が、同じ社のサポートを受けて、再び激突する時に備えて力を蓄えている。

広告の下にコンテンツが続きます

「それぞれ大きな決意が心の中にある。あとはそれをしっかりと爆発させるだけです」

日本スプリント界を支えるエース復活の時は、近い。

10月2日の「みんなでつなごうリレーフェスティバル」の2日目、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が、8月19日にアドバイザリースタッフ契約を締結したアシックスのサイン会に参加。その後に、自身の現在地と今後への思いを語った。 「右膝の手術をしてからほぼ1年。だいぶ走れるようになってきました。スピード的にマックスの負荷はまだかけていませんが、ウエイトトレーニングも走りも、強化と言えるレベルの練習ができています」 グラウンドでの練習を「この1~2週間で始めた」という段階だが、晴れやかなその表情に、着実な進歩がうかがえる。 昨年は9秒95の日本記録を樹立したが、3大会連続出場の東京五輪は100mが予選敗退。2走を務めた4×100mリレーは決勝で1走の多田修平(住友電工)からのバトンを受け取り切れず、途中棄権となった。 そして10月、数年の間悩まされてきた右膝の膝蓋腱炎の、根本的な解決を目指して手術を決断。左右差のあった身体をゼロから作り直す時間を取り、「思った以上に時間がかかったけど」ようやく新たな段階へと移る時期に入ったようだ。この1年という時間について、山縣は「必要な1年だったと思います」と語る。 「ケガを直すという意味でも、新しい技術を習得するにしても、年齢もあるので時間がかかる。お陰で走りが大きく変わりました。技術的なところにじっくり向き合って、走りを変える取り組みを時間をかけてできたので、この1年は本当に大きかった。高野大樹コーチ、理学療法士をはじめたくさんの方々の協力を得ながらできたのは、本当に良かったです」 その取り組みの過程で、アシックスとの契約締結という大きなトピックスもあった。「もともと、一番最初に履いたスパイクシューズがアシックスさんのもの」だったそうだが、「今までの自分を超えたい」という思いがあったという。 「自分自身をさらに大きく飛躍させていく意味でも、新しい自分になりたい」 今後の自分の武器がどのシューズになるかは、まだ試行錯誤の段階。ただ、「自分の感覚に合うというのも大事だけど、自分が今、新しい走りを作り上げていくように、時間をかけてでもシューズに対して自分の足、感覚を慣らしていく、というふうに考えています」。 この自身の感覚を、「製品開発にもつなげられれば」と語った山縣。さらに、大きな夢もある。 「競技でがんばるのはもちろんですが、スポーツの価値、スポーツ教育というものを前に進めるために、アシックスさんと一緒にやっていきたい。子供たちに本物のスパイクシューズを履いてもらう機会を作ってもらうのもいいですね。陸上のスパイクはなかなか触れる機会はないと思うので、そういうところから陸上のおもしろさを発信できればと思います。もっと大きな文脈で、『そもそもスポーツは価値があるものなのか』というところで、僕は『心と身体の健康』に良いものを与えると思っているので、そういった大きい意味での活動もしていきたい」 6月で30歳となり、キャリアの集大成の時期は確実に近づいている。だが、目指すところにブレはない。パリ五輪のファイナルに向けて、「やることは変わらない。1年1年、自分の走りをアップデートさせていくだけ」ときっぱり語る。 「(技術は目指しているところの)道半ばまで来ている。まだ完璧ではないけど、確実に前の自分とは走り方が変わってきています。身体の使い方も含めて、今までに僕が意識したことのなかった走りに目を向けていて、確実にできつつある。練習でも手応えを感じています。新しい走りになって、周りの人が見ても『あいつは決勝に残れそうだ』と思ってもらえるぐらいのインパクトのある、スケールの大きな走りができればと思っています」 長年、ライバルとして切磋琢磨してきた桐生祥秀(日本生命)も、今季は日本選手権後に休養。今、トラックから離れている2人が、同じ社のサポートを受けて、再び激突する時に備えて力を蓄えている。 「それぞれ大きな決意が心の中にある。あとはそれをしっかりと爆発させるだけです」 日本スプリント界を支えるエース復活の時は、近い。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top