HOME 国内、大学

2022.10.02

男子マイルリレーは早大が2大会ぶり王座奪還!女子・立命大が18年以来のV/日本選手権リレー
男子マイルリレーは早大が2大会ぶり王座奪還!女子・立命大が18年以来のV/日本選手権リレー

◇第106回日本選手権リレー(10月1日~2日/国立競技場)

日本選手権リレーの最終種目となった4×400mリレーは、男子は早大が3分05秒23で2大会ぶり、女子は立命大が3分37秒85で2018年以来の優勝を飾った。

男子は早大が混戦を力強く抜け出した。3週間前の日本インカレでは2位。その時のオーダーと同じ1走・眞々田洸大、2走・新上健太、3走・藤好駿太、4走・竹内彰基が、「悔しかった」と口をそろえる日本インカレの雪辱を果たし、「それぞれが磨いてきた力を発揮できました」と竹内は胸を張った。

4×100mとの「リレー2冠」を目標に掲げて臨んだが、4継は3位に。「『僕たちが4継の分も』と思いましたが、大前祐介監督らコーチ陣から『自分の走りに集中しよう』と言われて集中できた」と新上。5月の関東インカレでは序盤から後手を踏む展開になって7位だったチームは、前半から勝負していくように改善。日本インカレを経て、「高い次元でそれをできたことが勝因です」と新上は振り返る。

タイムの面では、目指していた学生記録(3分03秒71)や早大記録(3分04秒34)の更新はできず、「少し悔しさが残った」と眞々田。それでも、藤好が「前半のスピードに不安があったので、予選は出し過ぎないことを意識していたら前半から行けていなかった。決勝は力感は変えずに、前半から行く意識に変えたらうまく走れた」と言うように、個々がそれぞれの課題をしっかりと修正して勝負を制した。

「決勝の前に主将の三浦(励央奈)先輩から『早稲田はチームで勝つ』と言われました。個の力がリレーとして形となり、チームが形作れるからこそ個もある。来年も全員が残るし、他にもメンバーがいるので、いいチームを作っていきたい」と眞々田が言えば、竹内も「2冠は来年に」ときっぱり。

早大スプリント陣がさらなる飛躍への一歩を踏み出した。

女子の立命大は、1走から松尾季奈、工藤芽衣、吉岡里奈、山本亜美と、2連覇を飾った日本インカレと同じオーダー。400mハードルで日本選手権2連覇中のアンカー・山本は、「他のチームは『立命に勝ちたい』と臨んで来るけど、私たちも勝ちたい、負けたくない。だから、せっかくなら楽しもうと臨みました」。

その言葉通りに、4人は力を発揮。松尾が福岡大に先行を許したものの、「自分のレースに集中して」2番手できっちりと渡す。「前を追うほうが得意」という工藤が、一気にトップを奪った。

そして、「このメンバーで走るのは最後。松尾さんにいい思いを」と吉岡がリードを広げ、その位置をしっかり守ってフィニッシュした山本は「うれしいというより安心しました」と重圧をはねのけホッとした笑顔を見せた。

「関西インカレ、日本インカレ、日本選手権優勝の『3大目標』を初めて達成できました」と工藤。2年生として、「日本インカレ4連覇、学生新も出せるように個々の力をつけていきたい」と力強く語る。

ただ1人の4年生・松尾は、「これが立命として走る最後のレース。日本一を目標にやってきて、日本一を取れてうれしい。1年生の時の先輩がこの大会で優勝し、すごい感動をもらった。先輩たちが残してくれた強い立命を引き継いで、これからもいいチームを作ってほしい」と思いを託した。

◇第106回日本選手権リレー(10月1日~2日/国立競技場) 日本選手権リレーの最終種目となった4×400mリレーは、男子は早大が3分05秒23で2大会ぶり、女子は立命大が3分37秒85で2018年以来の優勝を飾った。 男子は早大が混戦を力強く抜け出した。3週間前の日本インカレでは2位。その時のオーダーと同じ1走・眞々田洸大、2走・新上健太、3走・藤好駿太、4走・竹内彰基が、「悔しかった」と口をそろえる日本インカレの雪辱を果たし、「それぞれが磨いてきた力を発揮できました」と竹内は胸を張った。 4×100mとの「リレー2冠」を目標に掲げて臨んだが、4継は3位に。「『僕たちが4継の分も』と思いましたが、大前祐介監督らコーチ陣から『自分の走りに集中しよう』と言われて集中できた」と新上。5月の関東インカレでは序盤から後手を踏む展開になって7位だったチームは、前半から勝負していくように改善。日本インカレを経て、「高い次元でそれをできたことが勝因です」と新上は振り返る。 タイムの面では、目指していた学生記録(3分03秒71)や早大記録(3分04秒34)の更新はできず、「少し悔しさが残った」と眞々田。それでも、藤好が「前半のスピードに不安があったので、予選は出し過ぎないことを意識していたら前半から行けていなかった。決勝は力感は変えずに、前半から行く意識に変えたらうまく走れた」と言うように、個々がそれぞれの課題をしっかりと修正して勝負を制した。 「決勝の前に主将の三浦(励央奈)先輩から『早稲田はチームで勝つ』と言われました。個の力がリレーとして形となり、チームが形作れるからこそ個もある。来年も全員が残るし、他にもメンバーがいるので、いいチームを作っていきたい」と眞々田が言えば、竹内も「2冠は来年に」ときっぱり。 早大スプリント陣がさらなる飛躍への一歩を踏み出した。 女子の立命大は、1走から松尾季奈、工藤芽衣、吉岡里奈、山本亜美と、2連覇を飾った日本インカレと同じオーダー。400mハードルで日本選手権2連覇中のアンカー・山本は、「他のチームは『立命に勝ちたい』と臨んで来るけど、私たちも勝ちたい、負けたくない。だから、せっかくなら楽しもうと臨みました」。 その言葉通りに、4人は力を発揮。松尾が福岡大に先行を許したものの、「自分のレースに集中して」2番手できっちりと渡す。「前を追うほうが得意」という工藤が、一気にトップを奪った。 そして、「このメンバーで走るのは最後。松尾さんにいい思いを」と吉岡がリードを広げ、その位置をしっかり守ってフィニッシュした山本は「うれしいというより安心しました」と重圧をはねのけホッとした笑顔を見せた。 「関西インカレ、日本インカレ、日本選手権優勝の『3大目標』を初めて達成できました」と工藤。2年生として、「日本インカレ4連覇、学生新も出せるように個々の力をつけていきたい」と力強く語る。 ただ1人の4年生・松尾は、「これが立命として走る最後のレース。日本一を目標にやってきて、日本一を取れてうれしい。1年生の時の先輩がこの大会で優勝し、すごい感動をもらった。先輩たちが残してくれた強い立命を引き継いで、これからもいいチームを作ってほしい」と思いを託した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top