月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

林美希が100mHで高2歴代最高の13秒46!七種競技と2種目で全国ランキング1位に/IH愛知県大会

5月上旬から高校生たちによるインターハイ予選がスタートし、全国各地で熱戦が続いている。

愛知県大会は520日から22日まで岡崎龍北スタジアムで開催され、林美希(中京大中京2)が100mハードルで高校歴代6位タイ、高2歴代最高記録、県高校新となる1346+1.5)で七種競技(4978点)との2冠を達成した。

その日「6競技目」での快挙達成だった。100mハードルの予選、準決勝、決勝と七種競技の前半(100mハードル、走高跳、砲丸投、200m)と大会初日に設定されたため、林は一日で7競技をこなさなければいけなかった。そのため、この日の目標は「記録は考えず、1日7本こなし切ること」だった。

そんな中でも林は快走を続けていった。まずは10時から始まった七種競技の100mハードルで自己記録(13秒78)を超える13秒72(+0.8)で幸先の良いスタートを切ると、七種競技の走高跳の合間に出場した12時10分からの100mハードル予選で13秒79(+0.4)。13時50分からの準決勝では追い風参考ながら13秒57(+2.1)まで伸ばした。決勝までの間にも七種競技の砲丸投に出場し、「初めてだった」という1日4本目の100mハードル(15時10分からの決勝)で快記録につなげた。

「疲れがあった中でも練習でやってきたことを出し、タイムも出たのですごくうれしかったです」と笑顔で振り返った林。ただし、「出すつもりで出たタイムではないので、今度はこのタイムを安定して出せるようにステップアップしていきたい」と分析する冷静さも垣間見せる。

中学時代は四種競技で実力を開花させ、3年時の全中では現在も破られていない中学記録(3233点)で日本一にも輝いている。中京大中京に進学後も七種競技で1年生ながらインターハイ4位、2年生になった今年も木南記念(4月30日~5月1日)で5005点と現役高校生ではトップの記録を打ち立てている。

それでも林には100mハードルに対する愛着があり、「七種競技もハードルもどちらもやっていきたい」とスケジュール的に厳しいのは承知のうえで2種目を両立させる覚悟を示す。

今後は6月4日~5日のU20日本選手権混成と翌週のU20日本選手権(100mハードル)に出場し、さらにその翌週に控える東海大会と連戦が待ち構えている。「3週連続にはなりますが、U20日本選手権ではそれぞれの種目に専念できます。まずは自己記録を更新して、東海大会は確実に通過することを意識したい」と意気込みを口にした。

この他にも愛知県大会では好記録が続出し、男子4×400mリレーでは豊川が中京大中京との競り合いを制し、29年ぶり大会新となる3分12秒86で制した。1走を務めた主将の橋本結友(3年)は「このメンバーは仲が良くて、この大会に向けて努力してきた。ここまでのタイムが出るとは思っていなかったのですごくうれしいです」と頬を緩めた。

この種目における全国大会での最高成績は昨年の準決勝進出。「今年は決勝に進出して、優勝を狙っていきたい」と、目標に掲げる日本一に向けて弾みをつけた。

女子短距離では昨年のU18大会100m覇者の藏重みう(中京大中京3)が100m、200m、4×100mリレーの3冠を達成。男子100mを10秒52(+0.9)で制した小島拓真(名古屋大谷3)ら6種目で大会新記録が生まれた。

学校対抗は男女ともに中京大中京が制し、大会最優秀選手には男子の小島と女子の林が選出された。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com