月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100m予選はコールマンが10秒13でトップ! 坂井隆一郎が10秒21 小池裕貴は10秒29 決勝は16時45分/セイコーGGP


◇セイコー・ゴールデングランプリ(5月8日/国立競技場)

世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリ2022が7日、国立競技場で行われ、男子100m予選は19年世界選手権金メダリストのC.コールマン(米国)が1組目に出場し、10秒13(-0.3)でトップ通過を果たした。

1組の2着には10秒21の坂井隆一郎(大阪ガス)が入り、東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)はスタートでやや出遅れ10秒29で3着だった。

2組目はR.ブラウニング(豪州)が10秒29(-0.4)で1着。柳田大輝(東洋大)が10秒32で続き、竹田一平(スズキ)が10秒35で3着だった。

決勝は16時45分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com