月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花63m93!世界陸上の標準まであと7cm「記録を気にせず」/セイコーGGP


◇セイコーゴールデングランプリ(5月8日/東京・国立競技場)

世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投の北口榛花(JAL)が63m93を投げて優勝した。

61m20で勝った木南記念と同様に、1回目からビッグスローが誕生。力強い振り切りからやりを放ち、63m93をマークした。オレゴン世界選手権の参加標準記録まであと7cm。自己3番目(66m00、64m36)の記録で、今季世界リスト2位にランクイン。笑顔が弾けた。

その後は「もっと前に進もう」とディヴィッド・シェケラックコーチに言われ、助走スピードとやりの勢いは増したが、「力を伝えられなかった」と言う。それでも東京五輪銅メダリストのK.L.バーバー(豪州)や、ジュニア時代のフィンランド遠征でともに練習を積んでいるL.ムゼ(ラトビア)ら世界の強豪とハイレベルな中で勝ちきったのは大きい。

1回目に63m超えで「これなら(世界大会の)予選を突破できる。毎回このくらいか、それ以上を投げられるようにしたいです」と話す。

無観客だった東京五輪とは違い有観客の国立競技場。「手拍子も大きくて楽しかったです。これを機に、やり投を見る人が増えてくれるとうれしいです」。参加標準記録の64m00については「あまり気にせず遠くに飛ばす」のみ。そうすればおのずと突破できると確信している。

「日本選手権までに64mを切れれば。世界選手権に向けて、日本選手権がピークではなくしっかり勝ちきりたいです」

昨年の左脇腹のケガから復活し、進化しようとしている北口。今年は陸上の聖地・米国でその笑い声がこだまする。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com