月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前田穂南 東京五輪後初レースを自己タイの1時間9分08秒で優勝 男子は小山が日本人トップの3位/仙台国際ハーフ


仙台国際ハーフマラソン2022は5月8日、仙台市陸上競技場南側道路をスタートして、同競技場に戻る日本陸連公認コースで行われた。コロナ禍で2度の中止を挟み、2019年の第29回大会以来、3年ぶりの開催。女子は昨年の東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が自己タイの1時間9分08秒で初優勝した。男子は上位2人が同タイムの接戦となったが、アレクサンダー・ムティソ(NDソフト)が1時間1分08秒で、ロロット・アンドリュー(SUBARU)をわずかに抑えてV。3位には小山直城(Honda)が1時間2分07秒で入った。

東京五輪マラソン(33位)以来、9ヵ月ぶりのレースとなった前田は特別招待選手として出場。10kmを33分15秒で通過した後、ペースを上げて2019年12月の山陽女子ロードでマークした自己ベストに並ぶタイムで駆け抜けた。2位、3位もチームメイトの松下菜摘が1時間11分30秒、大東優奈が1時間11分48秒でそれぞれ入り、3位まで天満屋勢が独占した。

男子は外国人2選手が主導権を握る展開。3位の小山の後は、大石港与(トヨタ自動車)が1時間2分36秒で4位、木村慎(Honda)が1時間2分44秒で5位と続いた。なお、特別招待選手の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は体調不良で、設楽悠太(Honda)はコンディション不良でそれぞれ欠場した。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com