月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

出雲陸上に多田修平、桐生祥秀、兒玉芽生ら東京五輪代表がエントリー

島根陸協は第76回出雲陸上YOSHIOKAスプリントのエントリーリストを発表した。出雲陸上は日本グランプリシリーズの一つ。

男子100mには昨年の日本選手権覇者で、東京五輪代表の多田修平(住友電工)、9秒98を持ち東京五輪4×100mリレー代表の桐生祥秀(日本生命)らがエントリーした。また、同補欠のデーデー・ブルーノ(東海大→未定)、柳田大輝(東農大二高→東洋大)らも登録。資格記録10秒44まで19名がエントリーした。

男子300mには、佐藤拳太郎(富士通)や川端魁人(中京大クラブ)、池田弘佑(あすなろ会)といった東京五輪4×400mリレーのメンバーがそろい、井本佳伸(東海大→東京ガスエコモ)、北川翔(渡辺パイプ)らが名を連ねている。

女子100mには4×100mリレーで東京五輪に出場した兒玉芽生(ミズノ)、青山華依(甲南大)のほか、君嶋愛梨沙(土木管理総合)や、高校ランキングトップの藏重みう(中京大中京高・愛知)らが出場を予定。合計25名のエントリーした。女子300mは小林茉由(J.VIC)や松本奈菜子(東邦銀行)ら15名がエントリー。

男女300mについては3月19日までエントリーが追加募集されている。

日本グランプリシリーズ出雲大会、吉岡隆徳記念76回出雲陸上は、4月23日(土)、24日(日)に島根県浜山公園陸上競技場で開催される。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com