月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

フィッシャーが男子5000mで室内世界歴代5位の12分53秒73!女子のスタフォードも14分31秒38と好記録

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月12日、ボストン(米国)で開催された室内競技会の男子5000mでG.フィッシャー(米国)が室内世界歴代5位の12分53秒73で優勝し、北米室内記録を塗り替えた。従来の北米室内記録はG.ラップ(米国)の13分01秒26(14年)。フィッシャーは現在22歳で、東京五輪では10000mで5位、5000mでも決勝に進出していた(9位)。

2位は東京五輪5000m銀メダルのM.アーメド(カナダ)で12分56秒87、3位には18年欧州選手権5位のM.スコット(英国)が12分57秒08で続き、それぞれ室内世界歴代7位、8位の好記録だった。いずれも自国のナショナルレコードを更新、スコットは欧州室内記録も打ち立てた。史上初めて3人が13分を切るハイレベルなレースが展開された。

この競技会では女子5000mでも、G.・デビュース・スタフォード(カナダ)が北米室内記録を更新する14分31秒38で優勝した。この記録は室内世界歴代5位にあたる。2位のE.クラニー(米国)は室内世界歴代6位の14分33秒17。こちらもナショナルレコードを樹立した。優勝したスタフォードは東京五輪女子1500m5位の26歳。屋外、室内ともに1500m、1マイル、5000mのカナダ記録保持者である。

同じく12日に、クレムソン(米国)で開催された室内競技会では女子200mでA.スタイナー(米国)が今季世界最高、室内世界歴代5位の22秒37で優勝した。この記録は1996年以降の記録としては世界最高だった。

男子400mではR.ロス(米国)が室内世界歴代7位の44秒83で勝利。男子60mハードルでは、19歳のL.ムスタリ(米国)が7秒55で優勝。シニアの規格で20歳未満の選手が出した記録としては02年の劉翔(中国)に並ぶ歴代最高タイの記録だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com