月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪100m金のジェイコブスが60mで連勝!女子60mはスウォボダが今季世界最高でV/WA室内ツアー

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月11日と12日にかけて、各地でWA(世界陸連)室内ツアーが開催された。

11日にウッチ(ポーランド)で開催されたシルバー競技会の男子60mで、東京五輪男子100m金メダルのM.ジェイコブス(イタリア)が出場し、6秒49で今季2戦2勝。前週も6秒51で勝利を収めている。

女子60mではE.スウォボダ(ポーランド)が今季世界最高、自国室内記録の7秒00で優勝した。男子棒高跳では昨年アジア記録(5m93)を樹立したE.オビエナ(フィリピン)がシーズンベストの5m81で制した。

12日にはメッツ(フランス)でシルバー競技会が行われ、東京五輪400mハードル銅メダルの21歳F.ボル(オランダ)が女子400mで50秒72、200mでは23秒37の自己新でそれぞれ優勝した。ボルはこの大会がシーズン初戦だった。

男子棒高跳では東京五輪銀メダルのC.ニルセン(米国)が5m91mでV。男子60mハードルでは東京五輪110mハードル4位のP.マルティノ-ラガルド(フランス)が7秒51で勝ち、東京五輪男子1500m4位のA.キプサング(ケニア)は3分36秒23で勝利した。18年世界室内1500m優勝のS.テフェラ(エチオピア)は3000mに出場し、7分37秒45で優勝した。

12日に米国・ケンタッキー州ルイビルで開催されたブロンズ競技会ではS.シュトライヒ(米国)が男子1000mを2分16秒16で制し、北米室内記録を樹立した。従来の北米記録は昨年B.ホッペル(米国)が出した2分16秒27。シュトライヒは今季に入って800m(1分46秒07)と1マイル(3分57秒98)で自己ベストを更新しており、好調が続いている。

同大会ではJ.アウォトゥンデ(米国)が21m53で制した男子砲丸投と、V.カニングハム(米国)が1m98で優勝した女子走高跳の2種目で今季世界最高がマークされた。

東京五輪女子100mハードル覇者のJ.カマチョ-クイン(プエルトリコ)200mで22秒54で優勝。プエルトリコ記録を樹立した。今季はここまで全てのレースでナショナルレコードを塗り替えている。

同じく12日にドルトムント(ドイツ)で開催されたブロンズ競技会では男子棒高跳で東京五輪4位のKC.ライトフット(米国)が5m95で優勝した。この高さを1回目に成功した後、北米記録の6m03にバーを上げたがクリアはならなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com