HOME 駅伝

2021.12.30

名城大、圧巻の4連覇&4年連続2冠達成 主将・和田「仲間にありがとう」/富士山女子駅伝
名城大、圧巻の4連覇&4年連続2冠達成 主将・和田「仲間にありがとう」/富士山女子駅伝


◇2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝:12月30日/静岡・7区間43.4km)

富士山女子駅伝が12月30日に行われ、名城大が2時間22分24秒で4連覇を達成。前回大会で樹立した2時間21分38秒には届かなかったが、これで4年連続で全日本大学女子駅伝との2冠を達成した。

広告の下にコンテンツが続きます

名城大は1区の谷本七星(1年)が区間賞を獲得。その後も一度もトップを譲ることなくトップを独走する。5区で拓大・不破聖衣来(1年)が圧巻の走りを見せて1分13秒差まで詰め寄られたが、主将の和田有菜(4年)も区間新の快走で応戦した。

最後は10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破しているエースの小林成美(3年)が坂を駆け上がり、4連覇のフィニッシュを飾った。主将の和田は「たくさんの方に支えていただいてみなさんのお陰で日本一のキャプテンになれました。仲間にはありがとうの気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。

米田勝朗監督は「和田、高松を中心にしっかり走ってくれて、8回すべて優勝できた。(監督としての)役割を果たせたと思う」と4年生2人をねぎらった。

■名城大のVメンバー
1区 谷本七星(1年)12分49秒(区間1位)
2区 高松智美ムセンビ(4年)21分32秒(区間6位)
3区 井上葉南(4年)10分20秒(区間1位)
4区 山本有真(3年)14分26秒(区間1位)
5区 和田有菜(4年)33分32秒(区間3位)
6区 増渕祐香(2年)19分50秒(区間2位)
7区 小林成美(3年)29分55秒(区間1位)

広告の下にコンテンツが続きます

■富士山女子駅伝の上位成績
1位 名城大 2時間22分24秒
2位 大東大 2時間25分22秒
3位 日体大 2時間25分59秒
4位 立命大 2時間26分19秒
5位 松山大 2時間26分24秒
6位 拓大 2時間26分33秒
7位 城西大 2時間28分09秒
8位 全日本大学選抜 2時間28分15秒

◇2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝:12月30日/静岡・7区間43.4km) 富士山女子駅伝が12月30日に行われ、名城大が2時間22分24秒で4連覇を達成。前回大会で樹立した2時間21分38秒には届かなかったが、これで4年連続で全日本大学女子駅伝との2冠を達成した。 名城大は1区の谷本七星(1年)が区間賞を獲得。その後も一度もトップを譲ることなくトップを独走する。5区で拓大・不破聖衣来(1年)が圧巻の走りを見せて1分13秒差まで詰め寄られたが、主将の和田有菜(4年)も区間新の快走で応戦した。 最後は10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破しているエースの小林成美(3年)が坂を駆け上がり、4連覇のフィニッシュを飾った。主将の和田は「たくさんの方に支えていただいてみなさんのお陰で日本一のキャプテンになれました。仲間にはありがとうの気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。 米田勝朗監督は「和田、高松を中心にしっかり走ってくれて、8回すべて優勝できた。(監督としての)役割を果たせたと思う」と4年生2人をねぎらった。 ■名城大のVメンバー 1区 谷本七星(1年)12分49秒(区間1位) 2区 高松智美ムセンビ(4年)21分32秒(区間6位) 3区 井上葉南(4年)10分20秒(区間1位) 4区 山本有真(3年)14分26秒(区間1位) 5区 和田有菜(4年)33分32秒(区間3位) 6区 増渕祐香(2年)19分50秒(区間2位) 7区 小林成美(3年)29分55秒(区間1位) ■富士山女子駅伝の上位成績 1位 名城大 2時間22分24秒 2位 大東大 2時間25分22秒 3位 日体大 2時間25分59秒 4位 立命大 2時間26分19秒 5位 松山大 2時間26分24秒 6位 拓大 2時間26分33秒 7位 城西大 2時間28分09秒 8位 全日本大学選抜 2時間28分15秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top