月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

拓大・不破聖衣来が爆走!!10人抜きで区間新10.5kmを32分23秒/富士山女子駅伝


◇2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝:12月30日/静岡・7区間43.4km)

富士山女子駅伝のエース区間5区(10.5km)に拓大の不破聖衣来(1年)が登場。10000mで日本歴代2位、学生記録となる30分45秒21を持つ不破は、トップの名城大から2分22秒差の12位でタスキを受けると、ほぼ同時に走り出した大東大のエース・鈴木優花(4年)と並走するかたちに。1km3分を切るペースで突っ込んだ。

3分05秒、3分00秒と刻み、3km付近では鈴木を置き去りに。4kmを12分04秒で通過し、一気に3位争いの立命大と松山大を並ぶ間もなく抜き去った。5kmの通過は15分09秒。その後すぐに2位に上がった。トラックの5000mを学生記録(15分13秒09)も、自身の自己記録(15分20秒68)も大幅に上回るペースだった。

最後はトップの名城大・和田有菜にはわずかに届かなかったが、10人抜きの爆走。10.5kmを32分23秒で区間記録34分17秒を大幅に塗り替えた。なお、5区は不破に続き、大東大・鈴木も33分07秒、名城大・和田も33分32秒と区間新記録だった。

●5区上位成績
拓大・不破聖衣来 32分23秒=区間新
大東大・鈴木優花 33分07秒=区間新
名城大・和田有菜 33分32秒=区間新

◇不破聖衣来の自己ベスト
1500m4分24秒50(18年)
5000m15分20秒68(21年)
10000m30分45秒21(21年)
◇21年駅伝成績
全日本大学女子駅伝 6区区間新28分00秒
東日本女子駅伝 9区区間1位31分29秒
富士山女子駅伝 5区区間新32分33秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com