月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「山の神」神野大地が日本人1位でMGC出場権獲得!ニャイロがマラソン初挑戦でV/防府読売マラソン

◇第52回防府読売マラソン(12月19日/山口・キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道~キリンレモンスタジアム陸上競技場)

オレゴン世界選手権選考会およびパリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)切符を懸けた第52回防府読売マラソンが行われ、神野大地(セルソース)が日本人トップの2位に入った。2時間9分34秒をマークし、MGC出場権獲得条件である2時間10分以内をクリアして、MGC出場権を獲得した。

1km3分02~03秒のペースメーカーを先頭に進んでいき、19人の集団で中間点を1時間4分46秒で通過。

レースが動いたのは30km過ぎ。ペースメーカーが外れると、神野とドミニク・ニャイロ(NTT西日本)の2人が先頭へ躍り出る。35kmの通過は1時間47分24秒。最後まで一騎打ちが続き、競技場に入ってわずかに前に出たニャイロを最後の直線で神野が猛追したが、同タイム着差ありとなった。

神野は青学大時代に箱根駅伝の5区で活躍し、「山の神」の愛称で人気を博した。卒業後はコニカミノルタに入社し、2017年の福岡国際でマラソンデビュー(2時間12分50秒/13位)。翌年からセルソース所属の「プロランナー」として活動し、19年12月のアジアマラソン選手権では金メダルを獲得していた。今大会が初のサブテン(2時間10分切り)となる。

ニャイロは初マラソン挑戦ながら殊勲のV。3位の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は連覇を果たした2018年以来となる優勝を目指したが、37秒届かなかった。

■防府読売マラソン入賞者
1位 D.ニャイロ(NTT西日本) 2時間9分34秒
2位 神野大地(セルソース) 2時間9分34秒=MGC
3位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2時間10分11秒
4位 飛松佑輔(日置市役所) 2時間10分47秒
5位 鈴木 忠(スズキ) 2時間12分12秒
6位 福田 穣(NN Running Team) 2時間12分26秒
7位 平田幸四郎(SGホールディングス) 2時間12分37秒
8位 大石 巧(スズキ) 2時間13分09秒

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com