月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

吉川侑美が日本人トップの5位 10kmの部でムカリがU20世界歴代2位/山陽女子ロード

◇第40回山陽女子ロードレース大会(12月19日/岡山市街地周回コース)

揚州2022世界ハーフマラソンの代表選考を懸けた山陽女子ロードレースのハーフマラソンが行われ、吉川侑美(ユニクロ)が1時間10分07秒で日本人トップの5位に入った。

15kmまではゼイトナ・フーサンやデスター・ブルカ(ともにデンソー)らアフリカ勢に食らいついたが、その後ペースアップした先頭集団につけず、徐々に後退。しかし、ペースは落とさずにフィニッシュまで進み、日本人2番手の大森菜月(ダイハツ)に11秒差をつけた。

東京五輪マラソン代表の安藤友香(ワコール)が1時間10分28秒で8位。同3000m障害代表の山中柚乃(愛媛銀行)は1時間12分43秒で23位だった。

優勝は前回も制しているフーサンで1時間9分31秒。チームメイトのブルカが同タイムで2位となり、3位には九電工のキプケモイ・ジョアンが7秒差で入った。

10kmの部では、日本の倉敷高(岡山)出身のアグネス・ムカリ(京セラ)がU20世界歴代2位の31分11秒で優勝。3位のジャネット・ニーヴァ(倉敷高2岡山)も同歴代4位の31分21秒で駆け抜けた。U20世界最高はB.ムラテ(エチオピア)が昨年樹立した30分50秒。

▼ハーフマラソン上位成績
1)Z.フーサン(デンソー)1.09.31
2)D.ブルカ(デンソー)1.09.31
3)K.ジョアン(九電工)1.09.38
4)O.D.ニャボケ(ユー・エス・イー)1.09.47
5)吉川侑美(ユニクロ)1.10.07
6)M.モカヤ(キヤノン)1.10.18
7)大森菜月(ダイハツ)1.10.18
8)安藤友香(ワコール)1.10.28

▼10kmの部上位成績(5位まで)
1)A.ムカリ(京セラ)31.11=大会新
2)K.N.ムッソーニ(ユニバーサルエンターテインメント)31.15=大会新
3)J.ニーヴァ(倉敷高2岡山)31.21=大会新
4)森智香子(積水化学)32.41
5)林田美咲(九電工)32.45

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com