HOME インフォ

2021.11.18

桐生祥秀50m「ガチ勝負」イベントがクリスマスに山梨で開催!サッカー、ラグビーともコラボ
桐生祥秀50m「ガチ勝負」イベントがクリスマスに山梨で開催!サッカー、ラグビーともコラボ


男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が立ち上げたプロジェクト「Sprint 50 Challenge」を、12月25日に山梨で開催することを所属事務所が発表した。

「Sprint 50 Challenge」は、競技や年齢問わず、誰でも一度は走ったことのある50mにチャレンジするという企画で、今年8月に第一弾として福井で開催。桐生が子どもたちと50mで「真剣勝負」して話題となった。今回は「Sprint 50 Sports Festival in Yamanashi」と銘打ち、山梨・フジビレッジ/富士緑の休暇村で開催。小学生と家族150組300名が対象となる。地元のサッカークラブ「FCふじざくら山梨」、そしてラグビーともコラボしてそれぞれの競技を体験する「スポーツチャレンジ」のほか、トークショーを行い、最後は「Sprint 50 Challenge」で50m走を計測。ファイナリストは桐生との「真剣勝負」に挑戦することができる。

また、今回はサステナブル活動として参加者から不要となったシューズを回収。NPO団体を通じてフィリピンなどの子どもたちにシューズを送り、外で駆け回る環境を支援するという。

桐生は「山梨県は、大会や日本代表合宿でも何度も訪れ、 僕にとっての思い出の地です。今回のイベントは陸上競技をやってる方々だけではなく、様々なスポーツの方々とともに、参加した親子で一緒にチャレンジ!するというのが見どころです。この日の思い出や経験したことがずっと記憶に残ってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せる。当日の50mは人工芝で実施。桐生自身も初の人工芝での50mだといい、陸上競技場での50mに迫るタイムを目指して楽しんで頑張ります」と意気込みを語り、「スタートをしっかり決めることが今回のタイムを出すコツだと思います!」とアドバイスを送っている。

申込は12月5日まで、公式HP内特設ページで応募できる。

【関連記事】ドキュメント/今年も福井の夏を彩った“奇跡の夜”ナイター陸上に選手、ファンが笑顔

男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が立ち上げたプロジェクト「Sprint 50 Challenge」を、12月25日に山梨で開催することを所属事務所が発表した。 「Sprint 50 Challenge」は、競技や年齢問わず、誰でも一度は走ったことのある50mにチャレンジするという企画で、今年8月に第一弾として福井で開催。桐生が子どもたちと50mで「真剣勝負」して話題となった。今回は「Sprint 50 Sports Festival in Yamanashi」と銘打ち、山梨・フジビレッジ/富士緑の休暇村で開催。小学生と家族150組300名が対象となる。地元のサッカークラブ「FCふじざくら山梨」、そしてラグビーともコラボしてそれぞれの競技を体験する「スポーツチャレンジ」のほか、トークショーを行い、最後は「Sprint 50 Challenge」で50m走を計測。ファイナリストは桐生との「真剣勝負」に挑戦することができる。 また、今回はサステナブル活動として参加者から不要となったシューズを回収。NPO団体を通じてフィリピンなどの子どもたちにシューズを送り、外で駆け回る環境を支援するという。 桐生は「山梨県は、大会や日本代表合宿でも何度も訪れ、 僕にとっての思い出の地です。今回のイベントは陸上競技をやってる方々だけではなく、様々なスポーツの方々とともに、参加した親子で一緒にチャレンジ!するというのが見どころです。この日の思い出や経験したことがずっと記憶に残ってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せる。当日の50mは人工芝で実施。桐生自身も初の人工芝での50mだといい、陸上競技場での50mに迫るタイムを目指して楽しんで頑張ります」と意気込みを語り、「スタートをしっかり決めることが今回のタイムを出すコツだと思います!」とアドバイスを送っている。 申込は12月5日まで、公式HP内特設ページで応募できる。 【関連記事】ドキュメント/今年も福井の夏を彩った“奇跡の夜”ナイター陸上に選手、ファンが笑顔

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top