月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣、多田、小池、ケンブリッジら全日本実業団対抗のエントリー発表


日本実業団連合は、9月24日から26日まで大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される第69回全日本実業団対抗選手権のエントリーリストを発表した。

男子100mには東京五輪代表の山縣亮太(セイコー)、多田修平(住友電工)、小池祐貴(住友電工)の3選手がエントリー。それに加え、リオ五輪代表のケンブリッジ飛鳥(Nike)や飯塚翔太(ミズノ)らも登録した。小池、飯塚は200mにもエントリーしている。

110mハードルは金井大旺(ミズノ)と高山峻野(ゼンリン)の五輪代表が出場予定。今季で引退を表明して歯科医になるため医学の道へ進む金井にとって、これがラストランとなる可能性が高い。他にも石川周平(富士通)や藤井亮汰(三重県スポーツ協会)、リオ五輪代表の矢澤航(デサント)ら実力者がそろう。

5000m競歩には東京五輪20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)、同銅メダルの山西利和(愛知製鋼)もエントリーしている。跳躍、投てき種目にも五輪代表が出場を予定。

女子100mと200mには東京五輪4×100mリレー代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)がエントリー。1500mで五輪に出場した卜部蘭(積水化学)は800mと1500mの2種目に名前がある。5000mには五輪代表の萩谷楓(エディオン)。マラソンで五輪入賞の一山麻緒(ワコール)は5000mと10000mに登録している。やり投の北口榛花(JAL)もエントリーしているが、五輪で脇腹を痛めた影響で出場するかどうかは状態次第か。

東京五輪代表が多数エントリーしている注目の一戦。国体などが中止となった影響や、秋シーズンの多くの試合が中止・延期となっており、この大会がシーズンラストとなる選手も少なくない。また、現役に一区切りをつける選手もオリンピックイヤーということもあり例年よりも多くなりそうだ。

全日本実業団対抗選手権のエントリーリスト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com