HOME ニュース、海外

2021.08.29

男子棒高跳で世界記録保持者・デュプランティスが貫禄勝ち、オビエナがアジア歴代2位の5m91で2位/DLパリ
男子棒高跳で世界記録保持者・デュプランティスが貫禄勝ち、オビエナがアジア歴代2位の5m91で2位/DLパリ

男子棒高跳のデュプランティス

写真/時事

8月28日、ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会がフランスの同地で開催され、男子棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)が6m01の大会新で優勝した。世界記録(6m18)保持者で東京五輪金メダリストのデュプランティスは5m55、73、81を1回でクリアし、5m91で一度失敗したものの、5m96に高さを上げて成功、6m01は一発でクリアした。世界記録の6m19へ高さを上げたが、成功はならなかった。2日前のDLローザンヌ大会では5m62で4位にとどまったが、そのリベンジを果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

2位はフィリピンの25歳、E.J.オビエナ。5m91で同国のナショナルレコードを更新し、1992年にI.ポタポヴィッチ(カザフスタン)が樹立したアジア記録(5m92)にあと1cmと迫った。オビエナは東京五輪でも決勝に残り、11位の結果を残している。

女子3000mではF.ニョンサバ(ブルンジ)が8分19秒08の大会新、今季世界最高、世界歴代7位の好記録で制覇。ニョンサバは16年リオ五輪800mで銀メダル、東京五輪では10000mで5位入賞とマルチな才能を発揮している。8分19秒52で2位のE.タエ(エチオピア)も同国のナショナルレコードを更新する好走だった。

男子3000m障害ではK.キゲン(ケニア)が8分07秒12の今季世界最高で勝った。女子100mは東京五輪金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が10秒72(+1.3)で優勝。同じく東京五輪金のH.パーチメント(ジャマイカ)が男子110mハードルで13秒03(+ 0.7)のシーズンベストを出して制した。

このほか、女子走高跳は東京五輪で銀メダルを獲得したN.マクダーモット(豪州)が1m98でV。世界選手権3連覇、東京五輪金のM.ラシツケネ(ANA/ロシア)が同記録ながら無効試技数差で2位に敗れた。

広告の下にコンテンツが続きます
写真/時事 8月28日、ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会がフランスの同地で開催され、男子棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)が6m01の大会新で優勝した。世界記録(6m18)保持者で東京五輪金メダリストのデュプランティスは5m55、73、81を1回でクリアし、5m91で一度失敗したものの、5m96に高さを上げて成功、6m01は一発でクリアした。世界記録の6m19へ高さを上げたが、成功はならなかった。2日前のDLローザンヌ大会では5m62で4位にとどまったが、そのリベンジを果たした。 2位はフィリピンの25歳、E.J.オビエナ。5m91で同国のナショナルレコードを更新し、1992年にI.ポタポヴィッチ(カザフスタン)が樹立したアジア記録(5m92)にあと1cmと迫った。オビエナは東京五輪でも決勝に残り、11位の結果を残している。 女子3000mではF.ニョンサバ(ブルンジ)が8分19秒08の大会新、今季世界最高、世界歴代7位の好記録で制覇。ニョンサバは16年リオ五輪800mで銀メダル、東京五輪では10000mで5位入賞とマルチな才能を発揮している。8分19秒52で2位のE.タエ(エチオピア)も同国のナショナルレコードを更新する好走だった。 男子3000m障害ではK.キゲン(ケニア)が8分07秒12の今季世界最高で勝った。女子100mは東京五輪金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が10秒72(+1.3)で優勝。同じく東京五輪金のH.パーチメント(ジャマイカ)が男子110mハードルで13秒03(+ 0.7)のシーズンベストを出して制した。 このほか、女子走高跳は東京五輪で銀メダルを獲得したN.マクダーモット(豪州)が1m98でV。世界選手権3連覇、東京五輪金のM.ラシツケネ(ANA/ロシア)が同記録ながら無効試技数差で2位に敗れた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

NEWS 折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 U20男子8kmに出場する折田壮太(須磨学園高3兵庫)は「 […]

NEWS 田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 今大会は世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top