月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳は大逆転でテントグルーがギリシャ初金メダル!キューバ勢が2、3位


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技4日目

陸上競技4日目のモーニングセッション、男子走幅跳決勝は劇的な展開となった。

リードしたのはJ.M.エチェバリア(キューバ)。予選で8m50を跳んで一発で決勝進出し、決勝では1回目に8m09(+0.1)。3回目に8m41(+0.2)を跳んでトップに立った。同じくキューバのM.マッソーが1回目に8m21(+0.4)。上位を占めた。

だが、最終6回目。それまで8m15だったM.テントグルー(ギリシャ)が魅せる。今季は8m60を跳んでリストトップだったテントグルー。大きな助走からジャンプすると、8mラインを大きく上回る。示された記録は8m41(+0.1)。エチェバリアと並び、セカンド記録の差でトップに立った。

エチェバリアは4回目に脚をつったような仕草を見せており、5回目をパスしていた。再逆転を狙った6回目の助走中にやはり脚を痛めて踏み切りまで行けず。マッソーも脚を痛めてパスしたため、テントグルーの金メダルが大逆転で決まった。この種目ではギリシャ勢初の金メダル。エチェバリアが銀、マッソーが銅とキューバがメダル2つを占めた。

日本人37年ぶりに決勝進出を果たした橋岡は6位。最終6回目に8m10(+0.0)をマークした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com