HOME 高校

2021.07.30

栁田大輝10秒31で高校最速! 東京五輪代表合宿で芽生えた通過点の意識/福井IH
栁田大輝10秒31で高校最速! 東京五輪代表合宿で芽生えた通過点の意識/福井IH


◇福井インターハイ(7月28日~8月1日/福井・福井県営陸上競技場)

インターハイ2日目の男子100m。舞台は、桐生祥秀(日本生命)が東洋大4年だった2017年に日本人初の9秒台を生んだことにちなんで「9.98スタジアム」の愛称がつけられた福井県営陸上競技場。先に明かすと、男子100m決勝の風速は、“あの瞬間”と同じ「+1.8m」だった。

注目を集めたのは日本陸連ダイヤモンドアスリートに選出されている栁田大輝(東農大二3群馬)。日本選手権100mでは高校生ながら2年連続7位で、今年の準決勝では高校歴代2位タイとなる10秒22をマークした。その走りが評価され、東京五輪4×100mリレー日本代表の補欠にもなった。参加した五輪前の代表合宿では「練習1本1本の重みを知った」と栁田は言う。別れ際、代表コーチたちに、「優勝してこいよ」「優勝して、また会おう」と口々に激励された。

その言葉に、「気を引き締めることができてよかった」と栁田。大人たちの「優勝してこい」は、厳しくハッパをかけているように見えて実は、「水物のタイムは気にするな。勝負に徹してこいよ」の優しさが隠れているのだろう。

大会2日目、午前中から記録的豪雨と雷の影響で競技開始が1時間遅れた。100mの予選も雨の中。栁田はフィニッシュ寸前で久保井颯(鳴門渦潮3徳島)を抜いて際どく1着(10秒68/-0.8)通過した。

「予選があまりいい感じではなかったのは、レースから遠ざかっていたこともあったのかな……。でもそこである程度レースの感覚を思い出したので、準決勝、決勝へともう一段いい走りにつなげられたと思います」

天気は快晴へと変わり、準決勝10秒62(-0.5)を経て迎えた決勝。6レーンの栁田は前半こそリードを許したものの、中盤以降は力みのない走りで加速して抜けだし、身体を突き出してフィニッシュした。記録は10秒31(+1.8)。自己記録にも、桐生が大分インターハイで残した大会記録(10秒19)にも届かなかったが、2位に0.14秒の差をつけた走りは、やはり群を抜いていた。

「今は本当に、ホッとしています」。走り終えた栁田はふう、と息を吐く。当初はインターハイが最大の目標だったが、日本代表の合宿を経験したことで“次に向かう場所”ができた。高校最速のタイトルを手にした栁田は、学校の仲間たちとのつかの間の日々を終えて再び五輪を控える代表チームに合流。「この後、東京に向かうのですが、安心して帰ることができます」と、ほほ笑んだ。

「家族の元を離れても東農大二高に入ってよかったと思いますし、いつも応援してくれる家族に感謝しています」。そう話した時に声が震え、目が潤む。高校生の領域を高く、高く超えていこうとする者にも、この勝利を届けたい人がいる。それがインターハイだということを改めて感じさせる、2年ぶりの高校最速決定戦だった。

こちらも注目された男子1500mは、7月に佐藤清治(佐久長聖高3長野)が1999年に打ち立てた高校記録3分38秒49を22年ぶりに塗り替える3分37秒18をマークしていた佐藤圭汰(洛南3京都)が3分41秒26で制した。2位以下もハイレベルで、兵藤ジュダ(東海大翔洋3静岡)が高校歴代3位の3分41秒86。続く3位の間瀬田純平(鳥栖工3佐賀)も3分42秒22(高校歴代4位)の好記録だった。

4位、5位の長嶋幸宝(西脇工2兵庫)は3分44秒87、大野聖登(秋田工2秋田)は3分45秒59で、それぞれ高2歴代2、3位の快走だった。

◇2日目の優勝者(一部優勝コメント)
男子100m
栁田大輝(東農大二3群馬) 10秒31(+1.8)
男子1500m
佐藤圭汰(洛南3京都) 3分41秒26
「勝って当たり前というプレッシャーがかかる中で結果を残せたことは収穫です」
男子棒高跳
松井楓雅(南陽工3山口) 5m15
「自己ベストは負けていましたが、自分を信じて気持ちで負けないよう意識して臨みました」
男子走幅跳
北川 凱(東海大翔洋3静岡) 7m67(+0.9)
男子やり投
清川裕哉(小山3静岡) 67m69
「全国優勝しか考えていなかったので、練習をひたすらやるだけでした」
男子八種競技
高橋 諒(桐朋1東京) 5528点
女子100m
永石小雪(佐賀北3佐賀) 11秒65(-0.2)
女子1500m
ジャネット・ニーヴァ(倉敷2岡山) 4分12秒60
「目標は4分08秒だったけれど、今日はとても暑くて難しかった」
女子5000m競歩
柳井綾音(北九州市立3福岡) 22分54秒18
「東京五輪に出場される藤井先輩(菜々子・エディオン)に力を届けたいと思っていたので優勝できてうれしいです」
女子砲丸投
奥山琴未(岡山商大附2岡山) 14m54
「久しぶりに楽しく競技することができました。次は15mを投げられるように頑張ります」

文/奥村 崇

◇福井インターハイ(7月28日~8月1日/福井・福井県営陸上競技場) インターハイ2日目の男子100m。舞台は、桐生祥秀(日本生命)が東洋大4年だった2017年に日本人初の9秒台を生んだことにちなんで「9.98スタジアム」の愛称がつけられた福井県営陸上競技場。先に明かすと、男子100m決勝の風速は、“あの瞬間”と同じ「+1.8m」だった。 注目を集めたのは日本陸連ダイヤモンドアスリートに選出されている栁田大輝(東農大二3群馬)。日本選手権100mでは高校生ながら2年連続7位で、今年の準決勝では高校歴代2位タイとなる10秒22をマークした。その走りが評価され、東京五輪4×100mリレー日本代表の補欠にもなった。参加した五輪前の代表合宿では「練習1本1本の重みを知った」と栁田は言う。別れ際、代表コーチたちに、「優勝してこいよ」「優勝して、また会おう」と口々に激励された。 その言葉に、「気を引き締めることができてよかった」と栁田。大人たちの「優勝してこい」は、厳しくハッパをかけているように見えて実は、「水物のタイムは気にするな。勝負に徹してこいよ」の優しさが隠れているのだろう。 大会2日目、午前中から記録的豪雨と雷の影響で競技開始が1時間遅れた。100mの予選も雨の中。栁田はフィニッシュ寸前で久保井颯(鳴門渦潮3徳島)を抜いて際どく1着(10秒68/-0.8)通過した。 「予選があまりいい感じではなかったのは、レースから遠ざかっていたこともあったのかな……。でもそこである程度レースの感覚を思い出したので、準決勝、決勝へともう一段いい走りにつなげられたと思います」 天気は快晴へと変わり、準決勝10秒62(-0.5)を経て迎えた決勝。6レーンの栁田は前半こそリードを許したものの、中盤以降は力みのない走りで加速して抜けだし、身体を突き出してフィニッシュした。記録は10秒31(+1.8)。自己記録にも、桐生が大分インターハイで残した大会記録(10秒19)にも届かなかったが、2位に0.14秒の差をつけた走りは、やはり群を抜いていた。 「今は本当に、ホッとしています」。走り終えた栁田はふう、と息を吐く。当初はインターハイが最大の目標だったが、日本代表の合宿を経験したことで“次に向かう場所”ができた。高校最速のタイトルを手にした栁田は、学校の仲間たちとのつかの間の日々を終えて再び五輪を控える代表チームに合流。「この後、東京に向かうのですが、安心して帰ることができます」と、ほほ笑んだ。 「家族の元を離れても東農大二高に入ってよかったと思いますし、いつも応援してくれる家族に感謝しています」。そう話した時に声が震え、目が潤む。高校生の領域を高く、高く超えていこうとする者にも、この勝利を届けたい人がいる。それがインターハイだということを改めて感じさせる、2年ぶりの高校最速決定戦だった。 こちらも注目された男子1500mは、7月に佐藤清治(佐久長聖高3長野)が1999年に打ち立てた高校記録3分38秒49を22年ぶりに塗り替える3分37秒18をマークしていた佐藤圭汰(洛南3京都)が3分41秒26で制した。2位以下もハイレベルで、兵藤ジュダ(東海大翔洋3静岡)が高校歴代3位の3分41秒86。続く3位の間瀬田純平(鳥栖工3佐賀)も3分42秒22(高校歴代4位)の好記録だった。 4位、5位の長嶋幸宝(西脇工2兵庫)は3分44秒87、大野聖登(秋田工2秋田)は3分45秒59で、それぞれ高2歴代2、3位の快走だった。 ◇2日目の優勝者(一部優勝コメント) 男子100m 栁田大輝(東農大二3群馬) 10秒31(+1.8) 男子1500m 佐藤圭汰(洛南3京都) 3分41秒26 「勝って当たり前というプレッシャーがかかる中で結果を残せたことは収穫です」 男子棒高跳 松井楓雅(南陽工3山口) 5m15 「自己ベストは負けていましたが、自分を信じて気持ちで負けないよう意識して臨みました」 男子走幅跳 北川 凱(東海大翔洋3静岡) 7m67(+0.9) 男子やり投 清川裕哉(小山3静岡) 67m69 「全国優勝しか考えていなかったので、練習をひたすらやるだけでした」 男子八種競技 高橋 諒(桐朋1東京) 5528点 女子100m 永石小雪(佐賀北3佐賀) 11秒65(-0.2) 女子1500m ジャネット・ニーヴァ(倉敷2岡山) 4分12秒60 「目標は4分08秒だったけれど、今日はとても暑くて難しかった」 女子5000m競歩 柳井綾音(北九州市立3福岡) 22分54秒18 「東京五輪に出場される藤井先輩(菜々子・エディオン)に力を届けたいと思っていたので優勝できてうれしいです」 女子砲丸投 奥山琴未(岡山商大附2岡山) 14m54 「久しぶりに楽しく競技することができました。次は15mを投げられるように頑張ります」 文/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top