月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実が五輪前に弾みとなる1500m2度目の日本新!「タイム的にはまだまだ。もっと上にいきたい」/ホクレン千歳


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021千歳大会(7月17日/北海道千歳市)

東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)がホクレン・ディスタンスチャレンジ最終戦の千歳大会で、またしても快挙を成し遂げた。女子1500mに出場した田中は、昨年8月に自身が樹立した日本記録4分05秒27を一気に1秒19も短縮し、4分04秒08の日本新記録を打ち立てた。

東京五輪には1500mと5000mの2種目に出場する田中。今年のホクレン・ディスタンスチャレンジには、第3戦(7月10日)の網走大会で3000m、第4戦(14日)の北見大会で5000m、第5戦(17日)の千歳大会には1500mとこれまで同様に連戦を重ねる田中らしく立て続けに3レースに出場したが、網走大会の3000m(8分40秒84)に続いて、日本新記録を塗り替えた。

「日本記録を狙っていない中で記録を出せたのが、昨年とは違う。そういうところで、地力はついているんだなと実感し、自信になります。逆に、世界に通用するようなラストスパートができたら、4分2秒とか3秒とかを出せると思う。このタイミングで自己記録を出せたのはうれしいんですけど、タイム的にはまだまだ。もっと上にいきたいなと思いました」

そう手応えを口にしつつも、しっかりと次なる課題をも見出すことも忘れていなかった。五輪本番前とはいえ、仮に記録を狙うために、きっちりとレースに合わせていたら、どんなタイムが出たのだろうか……。田中はすでに日本女子中長距離界を牽引する存在だが、まだまだ自身の伸びしろを実感している表れでもあった。

北見大会の5000m後には反省ばかりが口をついて出ていたが、「(北見で)うまく走れなかった分、気持ちをぶつけようと思った」という心境で千歳大会に臨んでいた田中。レースは、澤井柚葉(筑波大)が田中のペースメーカーを務め、1周65秒ペースで引っ張った。700mで澤井が外れてからは、田中の一人旅。単独走になっても、きっちりと約65秒のペースを刻んだ。

1000mを2分43秒、ラスト1周の鐘(1100m)を2分59秒で聞くと、最後の1周も65秒でカバーし、4分04秒08で走りきった。

「オリンピックまであと少しのところで、最終レースでこういう結果が出たのは、良い弾みになったと思います。
ただ、今年度は、気持ちが抜けてしまう部分がある。油断は何を生むか分からないので、今日の手応えを自信にしながらも、地道にやっていきたい」と、日本記録の快挙にも浮かれることなく、自身の手綱をぎゅっと締めていた。

また、有効期間内には間に合わなかったが、東京五輪の参加標準記録(4分04秒20)も、五輪を前にクリアしてみせた。加えて来年のユージン世界選手権の参加標準記録を突破。日本人選手が女子1500mに出場するのは田中と卜部蘭(積水化学)が初めてとなるが、予選を突破できる可能性は十分にあると見ていい。

東京五輪では先に5000m予選が行われるが、5000mで決勝進出が叶えば、8月2日はモーニングセッションで1500m予選、イブニングセッションで5000m決勝に臨むことになる。過密な日程になるが、田中はこれを見越して、連戦や1日数レースをこなすなどし、準備をしてきた。8月2日は、朝も夜も、田中が国立競技場を駆け回っているに違いない。

文・写真/和田悟志



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com