月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

中距離のホープ源裕貴が800mで世界が近づく日本タイ記録!昨年から4秒近く自己記録更新/ホクレン千歳


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021千歳大会(7月17日/北海道千歳市)

ホクレン・ディスタンスチャレンジ最終戦の千歳大会、男子800mで源裕貴(環太平洋大4年)が1分45秒75をマーク。川元奨(スズキ)が2014年に樹立した日本記録に並ぶ日本タイ記録および日本学生タイ記録だった。

「日本記録を破りたかったので悔しい」と、日本新記録樹立を目標に掲げていただけに、レース後には悔しさを口にしていたが、日本選手権は5位に終わっていただけに、川元、金子魅玖人(中大)とフィニッシュラインに雪崩れ込むように競り合いながらも、1着で勝ち切ったことは素直に喜んだ。

「ラスト300mでポケット(※他のランナーに周りを囲まれて前に出られない状態)されたんですけど、日本選手権の時はそれで焦ってしまい力が出せなかったので、同じことを繰り返さないように、ラストで勝てるようにと切り替えた。良いレースの仕方だったなと思います」

日本選手権後は疲労が出たり、練習拠点の岡山が蒸し暑かったりしたこともあって、「うまく練習ができなかった」。今回のレース前も「疲労を感じてたので、うまくいくのかな……」と不安を覚えていたという。だが、レース直前にスパイクを履いて流しを行った際に好感触があり、「これはもしかしたら」と自身に期待感を持ってレースに臨んだ。

ペースメーカーを務めた日本選手権覇者の田母神一喜(阿見AC)も絶妙なペースメイクをした。場内で読み上げられていた100mごとのラップは以下の通り。
100m12秒1
200m25秒8
300m39秒0
400m51秒3
500m1分4秒
600m1分18秒
700m1分32秒
「400mを51~52秒で通過し、600mを70秒台っていうのは自分の中で決めていた。そこから26秒で帰ってくれば、日本記録は出ると思っていました」と、源が思い描いていた通りの展開だった。

今季の源は走る度に自己記録を更新してきた。昨年までの自己ベストは1分49秒64だったが、4月の東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジで1分48秒52をマークすると、5月の静岡国際で1分47秒71、6月の日本グランプリ新潟大会で1分46秒50と、1カ月で約1秒ずつ記録を縮めてきた。そして7月、今回は1分45秒75。本人は悔しがったが、驚異の成長率。これで来年のオレゴン世界選手権の参加標準記録(1分45秒20)も見えてきた。

4月の時点では、源は「先のことを気にしていたら集中できないので、今年は楽しんで走りたい」と話していたが、3カ月後の今、もはや日本の中距離界を牽引する1人に成長。今回ペースメーカーを務めた田母神や、16年以来の1分45秒台(1分45秒83)を出した川元、同レースで日本歴代3位の1分45秒85で走った金子、米国を拠点とするクレイ・アーロン竜波(テキサスA&M大)らライバルも多いが、そのライバルたちと競り合いながら、いよいよこの種目でも世界への扉が開かれそうだ。

文・写真/和田悟志



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com