月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子4×100mR代表が連日のタイムアタックで手応え、本番では10年ぶりの日本新に挑戦


小さくても確実な一歩を刻んだ。6月下旬の日本選手権でしのぎを削ったメンバーが、同じ競技場に再び結集。間近に迫った大舞台での飛躍を誓い、魂のバトンをつないだ。

5月の世界リレー大会で4位に入り、東京五輪の出場権を獲得した女子4×100mリレー日本代表が7月16日と17日の2日間、大阪選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)にオープン参加。この競技場で13日から行われていた五輪1次合宿を締めくくるテストレースとして出場した。

初日(7月16日)の予選は世界リレーと同じオーダーを組んだ。1走から順に青山華依(甲南大)、兒玉芽生(福岡大)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)とつなぎ、このオーダーでは初の43秒台(43秒87)をマーク。この記録は日本歴代10位で、実に5年ぶりとなる待ち望んだ43秒台だった。

2走の兒玉は、「これまで44秒を切れそうでなかなか切れていなかったので、43秒台を出せたのは良かったです。でも、バトンパスなど課題も多いので、そこを今後の練習でしっかり修正していきたいですね」と感想を話した。

翌日も決勝レースにオープン参加。前日と同じ9レーンからの出走となった。この日はアンカーを鶴田から石川優(青学大)に変更。5月の世界リレーにも帯同しながら1度もレースに出ていなかった石川が入ったことで、全員学生というオーダーになった。

結果は風の舞う難しいコンディションのなか、混成チームの学生新記録となる44秒28をマーク。瀧谷賢司女子短距離オリンピック強化コーチは、「レース前に、選手の状態、気象コンディションなら44秒3が切れればいいなと思っていましたが、その通りの結果となりました」と振り返った。

前日からタイムは落としたものの、一緒にレースを走った他の高校や大学チームもいずれも0.5秒程度遅く、瀧谷強化コーチも「コンディションを考えれば悪くないです。いずれも持ち味を出した走りをしてくれました。世界リレーを含めプロジェクトに取り組んできて、ようやくリレーに対する考えや知識、バトンパスの感覚、精度も上がってきました。オリンピックを直前に控え、気持ちの面でもその気になってきています」と合格点を与えた。

五輪本番のレースまで3週間を切った。バトンパスに関して、1走の青山は「渡すタイミングが遅くなる点」、他のメンバーは、「走り出しから加速局面の流れをスムーズにすること」と、それぞれが課題に挙げており、改善されればさらにタイム短縮が見込める。

16日のレース後、映像などを分析した結果、43秒30まで短縮可能ということがデータとして出たという。「まだ選手個々のコンディションも整っていないので、23日からの鹿児島合宿(25日まで)、30日からのNTC(ナショナルトレーニングセンター/東京)での合宿を挟み、8月5日の本番に向けて、きっちり仕上げていきたいですね」と瀧谷強化コーチは話している。

その思いは選手たちも同じだ。日本選手権100m・200m2冠の兒玉は、「このメンバーで日本記録(43秒39)を出すことが目標です。世界リレーで感じた世界の強豪との距離を少しでも縮められるよう、代表の自覚と誇りを持って臨みたいです」と力を込める。

日本記録の43秒39は2011年に打ち立てられたもの。大阪でのテストレースでは確かな手応えをつかんだ。10年間止まったままの針を動かすべく、日本女子4継チームは一丸となってオリンピックに挑む。

写真・文/花木 雫



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com