HOME ニュース、国内

2021.06.21

日本陸連がJMCシリーズ創設を発表「今、最も強いランナー」決定戦
日本陸連がJMCシリーズ創設を発表「今、最も強いランナー」決定戦


日本陸連は6月21日、マラソンの「日本一」を決める場、マラソン活性化への新たな構想として、「ジャパン・マラソンチャンピオンシップ」(JMC)シリーズの新設を発表した。

大会をグレード分けし、一定期間内の獲得ポイントで総合成績を決めて、その最上位を「今、最も強いランナー」として日本選手権者にするというもの。合わせて、シリーズ総合成績を五輪を除く国際大会の日本代表選考に直結させ、日本選手権者の価値を高め、選考基準を明確化するという狙いがある。同時に、日本の公認マラソン大会を体系化し、国内マラソン全体の活性化につなげることも目指すという。

シリーズは2021年11月からスタート。ただし20年12月から21年10月までを0期として、21年11月から22年3月までの第1期と合わせてシリーズ1のチャンピオンが「第105回日本選手権者」となる。

■シリーズ1/チャンピオン=第105回日本選手権者
→第0期(20年12月~21年10月)+第1期(21年11月~22年3月)
■シリーズ2/チャンピオン=第106回日本選手権者
→第1期+第2期(22年4月~23年3月)
■シリーズ3/チャンピオン
→第2期+第3期(23年4月~24年3月)
■シリーズ4/第108回日本選手権
→第3期+第4期(24年4月~25年3月

シリーズ3の日本選手権者については、2023年に導入が検討されているパリ五輪代表選考会(東京五輪選考会だった19年のマラソングランドチャンピオンシップ/MGCと同じ形式を想定)の優勝者となる。

シリーズチャンピオン決定方法は、直前期から当該期に出場したシリーズ加盟大会のうち、一定条件下でパフォーマンスポイント(記録+順位で算出)が高い3大会(シリーズ1については2大会)の合計で争う。
グレードは、準備の関係からまずは世界陸連シルバー・ラベル相当のグレード1(G1)以下3段階(G2、G3)に分け、第3期からは同ゴールド・ラベル相当のグレードSを導入する予定。

また、先述の通り24年のパリ五輪の選考については、MGC形式の導入を検討している。開催時期・場所も未定。23年春までのMGC出場権争いについても、JMC加盟大会で一定条件を満たした競技者など、MGCシリーズと同様のかたちを想定しているという。
今後は国内のハーフマラソンや、トラック&フィールド、競歩への活用も模索していく考えを示した。

日本陸連は6月21日、マラソンの「日本一」を決める場、マラソン活性化への新たな構想として、「ジャパン・マラソンチャンピオンシップ」(JMC)シリーズの新設を発表した。 大会をグレード分けし、一定期間内の獲得ポイントで総合成績を決めて、その最上位を「今、最も強いランナー」として日本選手権者にするというもの。合わせて、シリーズ総合成績を五輪を除く国際大会の日本代表選考に直結させ、日本選手権者の価値を高め、選考基準を明確化するという狙いがある。同時に、日本の公認マラソン大会を体系化し、国内マラソン全体の活性化につなげることも目指すという。 シリーズは2021年11月からスタート。ただし20年12月から21年10月までを0期として、21年11月から22年3月までの第1期と合わせてシリーズ1のチャンピオンが「第105回日本選手権者」となる。 ■シリーズ1/チャンピオン=第105回日本選手権者 →第0期(20年12月~21年10月)+第1期(21年11月~22年3月) ■シリーズ2/チャンピオン=第106回日本選手権者 →第1期+第2期(22年4月~23年3月) ■シリーズ3/チャンピオン →第2期+第3期(23年4月~24年3月) ■シリーズ4/第108回日本選手権 →第3期+第4期(24年4月~25年3月 シリーズ3の日本選手権者については、2023年に導入が検討されているパリ五輪代表選考会(東京五輪選考会だった19年のマラソングランドチャンピオンシップ/MGCと同じ形式を想定)の優勝者となる。 シリーズチャンピオン決定方法は、直前期から当該期に出場したシリーズ加盟大会のうち、一定条件下でパフォーマンスポイント(記録+順位で算出)が高い3大会(シリーズ1については2大会)の合計で争う。 グレードは、準備の関係からまずは世界陸連シルバー・ラベル相当のグレード1(G1)以下3段階(G2、G3)に分け、第3期からは同ゴールド・ラベル相当のグレードSを導入する予定。 また、先述の通り24年のパリ五輪の選考については、MGC形式の導入を検討している。開催時期・場所も未定。23年春までのMGC出場権争いについても、JMC加盟大会で一定条件を満たした競技者など、MGCシリーズと同様のかたちを想定しているという。 今後は国内のハーフマラソンや、トラック&フィールド、競歩への活用も模索していく考えを示した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top