月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本陸連新会長に尾縣貢氏  副会長には瀬古利彦氏と有森裕子氏が就任


日本陸連の会長に就任した尾縣貢氏(左)。右は風間明・新専務事務
日本陸連は6月21日に開かれた理事会で、新会長に前専務理事の尾縣貢氏が就任したことを発表した。

合わせて、副会長に瀬古利彦氏、有森裕子氏、黄倉寿雄氏、専務理事には同陸連前事務局長の風間明氏、新設された常務理事には現強化委員会委員長の麻場一徳氏、高橋尚子氏ら5名が選出された。

新会長の尾縣氏と、新専務理事の風間氏が会見に臨み、尾縣会長は「競技団体のエンジンは何と言ってもアスリートの活躍。ただ、狭義の強化から広義の強化へ。トップアスリートの活躍をエンジンに、競技人口やアスレティックファミリーの増加、ウエルネス人口の増加にもつなげたい。そのために競技会をいかにおもしろくするかが必要」と述べ、さらにはランニングを中心としたウエルネス陸上の発展、指導者の育成、運営基盤の強化、女性理事を40%を目指すなど多様性の推進を目標に掲げた。

風間専務理事も「これまで事務局員として勤めた30年の間と、考え方は同じ。陸上競技は楽しいもの。いろんな人と連携し、その楽しさを共有することで、陸上競技を向上させていきたい」と話した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com